「『純ちゃんって月っぽいね』と言われました」 阿部純子(中田綾)【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年7月22日 / 16:28

 二人の妹と母を守って奮闘する小橋常子(高畑充希)を描く連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。戦後、女性のための雑誌作りに目覚めた常子は女学校時代の親友・中田綾(阿部純子)と再会する。名家の出で、卒業と同時に結婚した綾だったが、戦争で夫と父、そして家を同時に失ったことで、幼子を抱えながら貧しい生活を送っていた。連続テレビ小説初出演となる阿部が、役に対する思いを語った。

 

中田綾役の阿部純子

中田綾役の阿部純子

-綾から見た常子はどんな人物ですか。

 常子さんは、おてんばでどこかおちゃめなところがある方。そんな常子さんといると、綾さんも、少し前向きになれるんだと思います。戦争未亡人となった綾さんは、「頑張ろう」「頑張らなきゃ」と一時期心の余裕をなくしてしまいますが、常子さんを見ていると「自分ももっと力を抜いていいんだな」と思えてくる。綾さんにとって常子さんはなくてはならない存在だと思います。

-戦後、境遇が変わってしまった綾ですが、お芝居で特に心掛けた部分はありますか。

 綾さんは“品のある女性”だなと思っています。そういう部分が私もとても好きです。なので、生活が貧しくなっても、そういう綾さんの品の良さみたいなものは一貫して持ち合わせていられたら、と思いながら演じています。

-綾のどんなところに共感しますか。

 綾さんは、時代にどんどん振り回されてしまう女性で、時代の移り変わりと共に、表情、目つき、服装、身なりが変わっていく役どころです。それでも、彼女は「(自分の中に)軸を作りたい」、「もっと強くなりたい」と思って奮闘するのですが、そういう部分には共感しますし、私も役と共に成長できたらと思います。

-朝ドラ初出演となりましたが、周囲の反応はいかがでしたか。

 家族、特に祖父母が喜んでくれました。祖父母は、朝、昼、晩の3回、見てくれているようで、この前、実家に帰った時にも「純子が笑顔でテレビに出ているのがすごくうれしいから、毎日の楽しみにしてる」と言ってくれました(笑)。

-出演前の1年間は、ニューヨークに留学していたそうですが、ご自身の中で何か変化はありましたか。

 今まで私は「自分を表現しなくちゃ」「自分を見てほしい」という気持ちが強かったのですが、留学してからは「自分は作品を通して何を伝えられるのか」ということを考えるようになりました。これは、留学中に自分自身が本当にいろんな方に助けられた経験が大きいと思います。また学校の友達には、留学後に「キラキラするようになったね」と言ってもらえました。

-今後はどういう役に挑みたいですか。目標としている女優さんも教えてください。

 私自身は一つ一つ、山を登っていくタイプなので。ただ、できれば、すごくエネルギッシュな女の子を演じてみたいと思います。綾さんがとても落ち着いているので、ギャップを感じさせられるような役柄に出会えたらいいと思います。目標としている方は竹内結子さん、山口智子さん、深津絵里さん。皆さん、女性としてしなやかな強さをお持ちだなと思っていて、憧れます。

-戦中の苦しい時期も平塚らいてうの「青鞜」を心の支えにしていた綾ですが、阿部さんが道標としてきたものはありますか。

 いつも太陽のような存在である「とと姉ちゃん」とは違って、綾さんも私も、いつも太陽ではいられないタイプ。そんな中、「純ちゃんって月っぽいね」って言われたことがありました。その時は「何で月なんだろう?」と思っていたのですが「いろんな人のいいところを反射できるから純ちゃんは月でいいんだよ」と言ってもらって、「そうか、私はこのままでいいんだ」と思えました。その言葉は自分の中で大切にしています。

-今後の綾の見どころは?

 自分の足で踏みしめていく綾の過程を、また綾の表情がどんどん変わっていく様子を見ていただけたらと思います。後に、雑誌作りのお手伝いで、綾がお洋服を試着するシーンがあるのですが、闇市で買った衣類でなんとかやりくりしてきた綾が、初めて心の余裕を持てる場面です。着るものによってこんなにも心が豊かになるんだ、というのを実感できるシーンになっているので、そこでの綾のこぼれるような笑顔にも注目してほしいです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top