【インタビュー】かつては声がコンプレックス GENERATIONS数原龍友、あらため臨んだ声優デビュー

2016年6月6日 / 16:21

○kazuhara_1047_edited  DCドラマ「レジェンド・オブ・トゥモロー〈ファースト・シーズン〉」の日本語吹き替えで声優デビューしたGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル兼パフォーマー数原龍友。念願だったという声優デビューと、子どものころから大好きだったヒーロー作品で低音ボイスを生かしてあえて“悪役”に臨んだ数原の声にまつわるさまざまな思いを聞いた。

 このドラマは、DCヒーローが集結し時空を超えて世界を救うヒーローアクション。数原は第6話に登場する凶悪ヴィラン(悪役)の2代目デスストロークを演じる。2代目デスストロークことグランド・ウィルソンはスレイド・ウィルソン(デスストローク)の息子で、ヒーローチームが不時着した2046年のスター・シティを牛耳っている…。

──予定されていた時間より早くアフレコを終えたとうかがいましたが、初めての経験はいかがでしたか。

 レコーディングとは違う緊張感のある空間でした。予定よりは早く終わったけど、自分の実力ではなく周りの方にアドバイスをもらって助けられたからできたと思います。アドバイスは「もっと遠くの人に伝える気持ちで」と。(演じるキャラクターの)周りにいる何十人、何百人に伝えるようにと言われてイメージしやすかったです。でもまだまだド新人なので声だけで表現するのは難しかった。

──楽しくやれましたか? OKが出た瞬間のお気持ちを聞かせてください。

 楽しかったです。アドバイスをいただいて勉強しながらトライしていった感じで、経験がないので自分では手ごたえが分かりませんでした。どうだろうという気持ちでOKを待っていたので、安心してうれしい気持ちと、今ので良かったのかなという不安もどこかにあったと思います。この気持ちは今しか味わえないかもしれないし、それも踏まえて楽しませてもらいました。

──2代目デスストロークは街を荒廃させた悪党(ヴィラン)としてたくさんの手下を従えていましたが、ボスの気持ち良さみたいなものはありましたか?

 いやいや(笑)。第6話に出てくる敵の中では一番中心格の大役だったので、逆にその“従えている感”が難しかった。威厳のあるリーダーという表現にはすごく苦戦しました。

──普段のEXILE TRIBEの後輩たちへの接し方はまったく違いますか?(笑)

 全然違います。あんなことをやっていたら嫌われますよ。「処刑の時間だ!」なんて絶対に言わないですから(笑)。先輩方もすごく優しく接してくれるので、とくに悪役みたいな人はいないです。みんな正義のヒーロー。

かつては声がコンプレックスだった

かつては声がコンプレックスだった

──DVD&ブルーレイが10月5日に発売されて数原さんの声優ぶりが世に出ますが、これをきっかけにやってみたいものはありますか。

 まだまだ挑戦したいことがたくさんあるんですけど、ひとつひとつ積み重ねていくことが大事だと思うので、まずはしっかりいろいろなことを勉強しながら…。歌もそうですけど。またヒーローものにも挑戦できればと思っています。ヒーロー、悪役問わずやってみたいです。

──以前は声がコンプレックスだったとのことですが、とても意外でした。

 単純に声変わりが来て、めちゃくちゃ低いこの声になってしまったんです。歌っている声と全然違うと自分でも思うのですが、話すとガラガラ声だなと思って、中学生くらいから話すのがすごく嫌で。この仕事を始めてラジオにも出るようになってから「低くていい声だね」と言われるようになりました。ポジティブに変えていった方がいいのかなと思って、ナレーションや声優の仕事もやってみたいとメンバーや事務所の人に伝えていたので、今回のこの仕事につながったのかなと思います。

──超能力やさまざまな特殊能力を駆使して戦うヒーローがたくさんいますが、数原さんの使いたい能力はありますか?

 ビームですね。目からビーム。これはもう昔からのあこがれなんです。ビームを使えたら何をするにしても便利ですよ。缶詰が開けられるし、スナック菓子もきれいに開けられる。野菜もせん切りですよ。一番活用できると思いますね、ビームは。爪を切りたてのときとか、今ビームが使えたら便利だろうなって考えるときがあります。おすすめです(笑)。

──声優デビューを果たしさらなる活躍に期待がかかりますが、さらに数原さん自身を売り込むポイントについてアピールしてください。

 歌声を聞いていただいてから、話している声を聞くとたぶんびっくりすると思うので、逆にそこを生かしたい。普段の声は普段の声でしっかり大切にしたいし、歌声ももちろん大切にしたい。そのギャップですよね。ギャップをどんどん伸ばしていければと思います。…自分でこういうことを言うのは恥ずかしいですけど(笑)。

【プロフィール】数原龍友(かずはら・りゅうと)
1992年12月28日、兵庫県生まれ。GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル兼パフォーマー。身長170cm、血液型はA型。けん玉が得意。

「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」 コンプリート・ボックス(ブルーレイ¥11,300(税別)/DVD9,400円(税別)10月5日発売 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」 コンプリート・ボックス(ブルーレイ 11,300円(税別)/DVD9,400円(税別)10月5日発売 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

朝夏まなと&一路真輝&夢咲ねねが語る、人生を変えるほどの大きな出会い ミュージカル「モダン・ミリー」ではハッピーを届ける【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1920年代のニューヨークを舞台にした、ハッピーオーラ全開のブロードウェイミュージカル「モダン・ミリー」が朝夏まなと主演で再演される。1967年公開のミュージカル映画を原作とした本作は、心に残る数々のソングナンバーと華やかなダンス、そして … 続きを読む

釈由美子「私の原点『ゴジラ×メカゴジラ』からご縁がつながりました」監督のラブコールを受け、日本特撮へのオマージュ満載のアメリカ映画に出演『Iké Boys イケボーイズ』【インタビュー】

映画2024年6月13日

 日本の特撮やアニメが大好きなオクラホマのオタク高校生、ショーン(クイン・ロード)とヴィクラム(ローナック・ガンディー)はある夜、日本のレアなアニメのDVDを見ていたところ、なぜかスーパーパワーを身に付けてしまう。これを機に、彼らは世界の存 … 続きを読む

Willfriends

page top