【インタビュー】かつては声がコンプレックス GENERATIONS数原龍友、あらため臨んだ声優デビュー

2016年6月6日 / 16:21

○kazuhara_1047_edited  DCドラマ「レジェンド・オブ・トゥモロー〈ファースト・シーズン〉」の日本語吹き替えで声優デビューしたGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル兼パフォーマー数原龍友。念願だったという声優デビューと、子どものころから大好きだったヒーロー作品で低音ボイスを生かしてあえて“悪役”に臨んだ数原の声にまつわるさまざまな思いを聞いた。

 このドラマは、DCヒーローが集結し時空を超えて世界を救うヒーローアクション。数原は第6話に登場する凶悪ヴィラン(悪役)の2代目デスストロークを演じる。2代目デスストロークことグランド・ウィルソンはスレイド・ウィルソン(デスストローク)の息子で、ヒーローチームが不時着した2046年のスター・シティを牛耳っている…。

──予定されていた時間より早くアフレコを終えたとうかがいましたが、初めての経験はいかがでしたか。

 レコーディングとは違う緊張感のある空間でした。予定よりは早く終わったけど、自分の実力ではなく周りの方にアドバイスをもらって助けられたからできたと思います。アドバイスは「もっと遠くの人に伝える気持ちで」と。(演じるキャラクターの)周りにいる何十人、何百人に伝えるようにと言われてイメージしやすかったです。でもまだまだド新人なので声だけで表現するのは難しかった。

──楽しくやれましたか? OKが出た瞬間のお気持ちを聞かせてください。

 楽しかったです。アドバイスをいただいて勉強しながらトライしていった感じで、経験がないので自分では手ごたえが分かりませんでした。どうだろうという気持ちでOKを待っていたので、安心してうれしい気持ちと、今ので良かったのかなという不安もどこかにあったと思います。この気持ちは今しか味わえないかもしれないし、それも踏まえて楽しませてもらいました。

──2代目デスストロークは街を荒廃させた悪党(ヴィラン)としてたくさんの手下を従えていましたが、ボスの気持ち良さみたいなものはありましたか?

 いやいや(笑)。第6話に出てくる敵の中では一番中心格の大役だったので、逆にその“従えている感”が難しかった。威厳のあるリーダーという表現にはすごく苦戦しました。

──普段のEXILE TRIBEの後輩たちへの接し方はまったく違いますか?(笑)

 全然違います。あんなことをやっていたら嫌われますよ。「処刑の時間だ!」なんて絶対に言わないですから(笑)。先輩方もすごく優しく接してくれるので、とくに悪役みたいな人はいないです。みんな正義のヒーロー。

かつては声がコンプレックスだった

かつては声がコンプレックスだった

──DVD&ブルーレイが10月5日に発売されて数原さんの声優ぶりが世に出ますが、これをきっかけにやってみたいものはありますか。

 まだまだ挑戦したいことがたくさんあるんですけど、ひとつひとつ積み重ねていくことが大事だと思うので、まずはしっかりいろいろなことを勉強しながら…。歌もそうですけど。またヒーローものにも挑戦できればと思っています。ヒーロー、悪役問わずやってみたいです。

──以前は声がコンプレックスだったとのことですが、とても意外でした。

 単純に声変わりが来て、めちゃくちゃ低いこの声になってしまったんです。歌っている声と全然違うと自分でも思うのですが、話すとガラガラ声だなと思って、中学生くらいから話すのがすごく嫌で。この仕事を始めてラジオにも出るようになってから「低くていい声だね」と言われるようになりました。ポジティブに変えていった方がいいのかなと思って、ナレーションや声優の仕事もやってみたいとメンバーや事務所の人に伝えていたので、今回のこの仕事につながったのかなと思います。

──超能力やさまざまな特殊能力を駆使して戦うヒーローがたくさんいますが、数原さんの使いたい能力はありますか?

 ビームですね。目からビーム。これはもう昔からのあこがれなんです。ビームを使えたら何をするにしても便利ですよ。缶詰が開けられるし、スナック菓子もきれいに開けられる。野菜もせん切りですよ。一番活用できると思いますね、ビームは。爪を切りたてのときとか、今ビームが使えたら便利だろうなって考えるときがあります。おすすめです(笑)。

──声優デビューを果たしさらなる活躍に期待がかかりますが、さらに数原さん自身を売り込むポイントについてアピールしてください。

 歌声を聞いていただいてから、話している声を聞くとたぶんびっくりすると思うので、逆にそこを生かしたい。普段の声は普段の声でしっかり大切にしたいし、歌声ももちろん大切にしたい。そのギャップですよね。ギャップをどんどん伸ばしていければと思います。…自分でこういうことを言うのは恥ずかしいですけど(笑)。

【プロフィール】数原龍友(かずはら・りゅうと)
1992年12月28日、兵庫県生まれ。GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル兼パフォーマー。身長170cm、血液型はA型。けん玉が得意。

「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」 コンプリート・ボックス(ブルーレイ¥11,300(税別)/DVD9,400円(税別)10月5日発売 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」 コンプリート・ボックス(ブルーレイ 11,300円(税別)/DVD9,400円(税別)10月5日発売 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」見事なバランス感覚で描かれた“桜田門外の変”

ドラマ2021年4月14日

 4月11日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」では、タイトル通り、幕末の世を揺るがした大事件「桜田門外の変」が描かれた。  これまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)や、後にその主君となる徳川慶喜(草なぎ剛)を中心に … 続きを読む

タイトルバック制作秘話「渋沢の人生の軌跡を描くため、最先端の映像技術のタブーを破りました」柿本ケンサク(タイトルバック映像)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描くダイナミックな物語の幕開けを毎回、華麗なテーマ曲とともに彩るのが、印象的なタイトルバックだ。水墨画風のタッチ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「高嶺のハナさん」泉里香、ドラマ初主演で挑む二面性のある主人公を「大切に演じていきたいと思います」

ドラマ2021年4月8日

 モデルとして活躍し、女優としても次々と話題作に出演している泉里香がドラマ初主演を果たす、真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」が4月10日からBSテレ東ほかで放送される。本作は、ムラタコウジの同名コミックを連続ドラマ化したラブコメディー。会社では … 続きを読む

【映画コラム】恋愛を描いた対照的な2本の映画『アンモナイトの目覚め』と『パーム・スプリングス』

映画2021年4月8日

 今週は4月9日から公開される対照的な2本の映画を紹介する。  まずは、19世紀イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジスを舞台に、女性同士の恋愛を描いた『アンモナイトの目覚め』から。  古生物学者のメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット … 続きを読む

amazon

page top