松山ケンイチ、北川景子が亡き監督への思いを語る 「一つのラブレターみたいな」

2015年10月29日 / 19:54

舞台あいさつ/ワールド・プレミアに登場した北川景子(左)と松山ケンイチ

 映画『の・ようなもの の ようなもの』10月29日(木)公式上映舞台あいさつ/ワールド・プレミアが29日、東京都内で行われ、出演者の松山ケンイチ、北川景子ほかが登場した。

 この作品は、故・森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の続編で、生真面目な落語家・志ん田(しんでん)が、下町・谷中で悩みながらも生きる姿を描く。

 松山が演じた志ん田は、森田監督作品『僕達 急行 A列車で行こう』で以前、松山が演じた小町役がモチーフになっているというが、これについて松山は「最初に台本を読んだ時は、志ん田としか書いてなかったんですけど、衣装合わせをした時に『小町っぽくないですか?』と聞いたら、『小町だね』って言われて。現場に入ったら、みんな(森田監督作品の)役を引きずってる人ばかりだったので、『の・ようなもの』の続編としてこういうふうにやるのも、一つのオマージュというか、ラブレターみたいな思いがあるんだなって感動しましたね」と話した。

 北川も、同じく森田監督作品『間宮兄弟』で演じた夕美役を引き継いだ役を演じているが、台本を受け取った時の感想を「台本に(『間宮兄弟』の役柄と)全く同じ夕美と書いてあったので、森田組のしゃれなんだなと思って。夕美がずっと生きていて成長したら、こういう感じだったんだろうなと考えながらやろうと思いました」と振り返った。

 また、松山が「今、景子ちゃんと舞台あいさつをしていて思い出すのは、『サウスバウンド』で舞台あいさつをした時に、(森田監督に)『次は景子ちゃんと松山の2人で撮りたい、ラブストーリーを作りたい』と言っていただいていて、それが今回実現できたのかなと思いました」と心境を明かすと、北川も「そうだね」と大きくうなずいていた。 

 映画は、2016年1月16日(土)から、新宿ピカデリーほか全国公開。配給:松竹

(左から)伊藤克信、北川景子、松山ケンイチ、杉山泰一監督

(左から)伊藤克信、北川景子、松山ケンイチ、杉山泰一監督


芸能ニュースNEWS

「アバランチ」“大山”渡部篤郎の悪党ぶりに「しびれる」 「桐島さんはアバランチ側」「あの人が実は生きている」

ドラマ2021年11月30日

 綾野剛が主演するドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、29日に放送された。  本作は、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチの活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エン … 続きを読む

松本潤主演の大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表 織田信長役の岡田准一「怖さもあり楽しさもある」

ドラマ2021年11月29日

 嵐の松本潤が主演する2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表会見が29日、東京都内で行われ、松本のほか、岡田准一、有村架純、ムロツヨシ、阿部寛が出席した。  第62作目の大河ドラマとなる本作は、徳川家康(松本)の生涯を新た … 続きを読む

「真犯人フラグ」“真帆”宮沢りえの密会写真に驚きの声 「“瑞穂”芳根京子と“林”深水元基は結託していた?」

ドラマ2021年11月29日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第7話が、28日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考 … 続きを読む

みちょぱ、一番うれしかったギフトは「バラの花束」 狩野英孝とサンタ姿で発表会に登場

CM2021年11月29日

 「LINEギフト」新キャンペーン&新CM発表会が29日、東京都内で行われ、タレントの狩野英孝と、“みちょぱ”こと池田美優が出席した。  「LINE」を通じて友だちにさまざまなプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフト」の新CM「 … 続きを読む

「二月の勝者」“モラハラ教育父”金子貴俊が再び登場 「あの恐怖父が出た」「島津家の問題はめちゃくちゃヤバい」

ドラマ2021年11月29日

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系)の第7話が、27日に放送された。  本作は、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり)  9 … 続きを読む

amazon

page top