倉科カナ、現代版三島由紀夫舞台出演 「愛人にはならないので、すみません」

2015年9月9日 / 14:25
(左から)一路真輝、平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和

(左から)一路真輝、平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和

 演劇公演「現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』-三島由紀夫作 近代能楽集『卒塔婆小町』『熊野』より-」の制作発表会が9日、東京都内で行われ、作・演出を手掛けるマキノノゾミ、企画・監修を手掛ける野村萬斎と出演者の平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、水田航生、根岸拓哉、一路真輝が出席した。

 世田谷パブリックシアターの芸術監督を務める野村が、古典の知恵と洗練を現代に還元すべく立ち上げた「現代能楽集」のシリーズ第8弾となるこの作品は、マキノが三島の「卒塔婆小町」「熊野」を土台として現代のネットカフェを舞台に一つの物語に融合させて描く現代劇。

 野村は「三島作品をもとに新たな創作をしてくださるマキノさんに非常に期待できますし、キャストもまさしく輝いて生きている方々。三島を超える平成の現代能楽集になればいいと、大船に乗ったつもりでお任せしたい」と期待を寄せた。

 キャスト陣は、それぞれ現代と幻想の中での二役を演じる。平岡は「最初にお話をいただいたときはあまりに想像ができなくて、生意気ながら自分にこれができるのかと迷った記憶があります」と振り返り、「詳しくお話を聞いていくうちに、能をやるわけではないと分かってすごく安心しました。マキノさんの現代に生まれ変わった新しい作品を、ここにいる皆さんと作り上げて届けられたらと思います」と意気込んだ。

 倉科も、野村の言葉を用いて「『大変身、ありえねー!』と確かに思ったのですが、二つの物語が入り乱れてどういう風に表現していくのか、とても楽しみです」と語った。また、マキノから「大会社の社長に愛人として引き取られた家出少女が、ネットやスマホを使わず10年経ったらどうなるかも描きたい」と演じる役柄の構想を明かされ、「もし愛人になるなら?」と質問されたが、「愛人にはならないので、すみません」と即答した。

 舞台は東京・世田谷パブリックシアターにて11月8日~21日に上演。


芸能ニュース

林家正蔵に「監督より怖い」と評された蒼井優

蒼井優「あの人が全部、黒幕なんですけど…」 “悪魔に近い”と評され反論?

イベント2017年4月26日

 映画『家族はつらいよ2』の完成披露試写会が26日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田洋次監督が登壇した。  この作品は、熟年離婚を巡る家族の騒動を描いた山田監督の喜劇映画『家族 … 続きを読む

筋肉をアピールする庄司智春

庄司智春、国境越えた筋肉コミュニケーション 品川祐はアメリカ進出も視野に?

イベント2017年4月26日

 映画『スプリット』来日記念イベントが26日、東京都内で行われ、ジェームズ・マカヴォイ、M.ナイト・シャマラン監督、品川庄司、高橋ひかるが出席した。  品川祐は「シャマラン監督が最初に『シックス・センス』をやったときの衝撃。あのオチで映画界 … 続きを読む

 会見に登場した小峠英二

バイきんぐ小峠、“元カノ”質問に困惑 「お金の貸し借りは?」に「ないです!」

トレンド2017年4月26日

 Amazonオリジナル「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の小峠英二(バイきんぐ)、宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、大島美幸(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ)が登壇した。 続きを読む

イベントに出席したぺこ&りゅうちぇる

りゅうちぇる、神田沙也加を祝福 「えーウケる!」をぺこに怒られすぐさま訂正

イベント2017年4月26日

 「30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展」のオープニングセレモニーが26日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントのぺこ&りゅうちぇる、原作者の原ゆたか氏が出席した。  いたずら王者を目指すキツネの主人公・ゾロリが仲間と共に冒険を繰り広げる … 続きを読む

衣装のサイズがなかなか合わない竹内涼真

「ひよっこ」新キャストに朝ドラ初出演の竹内涼真ら 島崎遥香は“跳ねっ返り娘”役に共感

ドラマ2017年4月26日

 有村架純がヒロインを務めるNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の新キャスト発表スタジオ取材会が26日、東京都内で行われ、有村演じるみね子が東京で出会う新たな出演者として、白石加代子、竹内涼真、シシド・カフカ、浅香航大、岡山天音、三宅裕司、光 … 続きを読む

more
page top