【花燃ゆインタビュー】井上真央「3人の関係にはすごく悩みました」 楫取と迎える“幸せのクライマックス”に葛藤も

2015年11月10日 / 14:58

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公、美和を演じている井上真央。約1年2カ月に及んだ撮影は10月14日にクランクアップとなった。井上が、撮影を終えた現在の心境と、群馬を舞台にした美和と楫取(かとり)素彦(大沢たかお)との新たな挑戦の物語や二人の関係の変化について語る。

 

 

「花燃ゆ」の主人公、美和を演じた井上真央

「花燃ゆ」の主人公、美和を演じた井上真央

 

―撮影を終えた現在の心境を教えてください。

  まずは無事にゴールできたので、応援してくださった方々にありがとうございますという気持ちです。「この一言のせりふをどうするのか」など悩みつつ、最後までみんなで高め合いながら一緒にゴールできたので“悔いなくやり切ったな”という感じがしていて…燃え尽きております(笑)。

―寂しい気持ちはありますか。

  今はクランクアップ直後なので、まだ実感がありません。ただ、撮影中は毎日会社員のように朝早く起きて、NHKに行って…という生活だったので、それが無くなると、今後寂しくなるかもしれませんね。けど、ゴールしたとはいえ、まだ放送は続いていますし、いよいよ明治篇に入って「テンポが良くなった」という声も聞くので、ドラマとしてもう一盛り上がりできたらと思っています。

―群馬にやって来た美和は、製糸工場や養蚕農家の女性たちに、学びの世界を広げようと奮闘します。そうした美和を演じた感想は?

 まさに、この作品のテーマである「受け継いでいく」「つないでいく」という部分ですね。かつての兄(吉田松陰)がそうであったように、美和自身も人を育てることを志にしています。自身は歴史に残るような大きなことはしていないけれど、歴史に残るような人たちに影響を与えた人物…。そういう意味で、私はこれまで「美和はヒーローではない」と言ってきましたが、実は立派なヒーローなんじゃないかと思っています(笑)。

―夫の久坂玄瑞(東出昌大)を亡くすなどつらい思いをしてきた美和ですが、ようやく楫取との幸せな展開が訪れそうです。楫取の妻である姉の寿を演じた優香さん、楫取役の大沢たかおさんと何か話し合ったことはありますか。

  3人の関係については、正直ものすごく悩んだし、とっても難しかったです。美和と楫取の関係を、愛や恋といったものだけではなく、本当に自然な流れでそうなっていった…とするためにはどうしたらいいのか、すごく考えました。それこそ、このせりふ一つで「愛だの恋だのになってしまうのではないか」「とても幼く映ってしまうのでないか」と悩んだりしました。

―病床に伏す寿との会話のシーンが印象的ですね。

  あの場面はすごく難しかったです。二人のやり取りが女同士のバチバチッとしたものにはしたくなかったので、私と優香さんもすごく慎重になりました。台本を読み過ぎてせりふが夢に出てくるぐらい(笑)。撮影を終えた今、これで良かったのかなという思いは残っていますが、姉妹としてお互いがお互いを思いやる気持ちを、うやむやにせず、きちんと描けたと思っています。とは言え、皆さんの反応を見るのはドキドキします。

―萩の乱で身内を亡くした美和が、馬車で群馬に戻ったところで、楫取に悲しみをさらけ出すシーンがありました。あの場面はどうでしたか。

  最初はすごく抵抗がありました。そこで二人が抱き合わなくてもいいように「先に馬車の中で一人で泣いてしまうのはどうですか」と監督に提案したり(笑)。ギリギリまで、楫取さんの前で泣くというのは、涙、つまり女の武器を使った感じになるような気がしていて…。でも、杉家最大の不幸でどん底に落ち込んで帰ってきた美和が、やはり「この人の前では素直になれる」というのを表せる場面でもありました。これまで幾多の悲しみを共有しているからこそ分かり合える、そういう感情が伝わればと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」竹野内豊「ゆり子さんには、女優さんに感じる壁が全くない」石田ゆり子「竹野内くんはミントガムみたいな人」15年ぶりの共演を語る

ドラマ2021年5月15日

 東野圭吾原作の「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」(全6話)が、5月15日からWOWOWで放送・配信される。男手一つで育ててきた娘を少年たちに惨殺され、復讐(ふくしゅう)の道に走る主人公・長峰重樹を竹野内豊が演じ、長峰の正体を知りつつ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」松本まりか 「殴りたい衝動に襲われた」体当たりで挑んだDVシーンを語る

ドラマ2021年5月14日

 松本まりかが連続ドラマに初主演する「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」が5月14日から放送される。本作は、ドラマ・舞台・小説の三つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。昭和60年の東京を舞台に、放火殺人を犯 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top