【花燃ゆインタビュー】大沢たかお「時代を超えていく感じがすごく面白い」 群馬県令として産業振興に力を発揮した小田村伊之助役

2015年9月27日 / 10:00

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、明治時代に群馬県令(知事)として近代産業の振興に努めた小田村伊之助(後の楫取(かとり)素彦)を演じている大沢たかお。主人公の美和(井上真央)の姉、寿(優香)の夫となるが、寿を病気で亡くし、美和と再婚した。大沢が小田村の家族への優しい心遣いと、死んでいった志士たちへの思いを語る。

 

小田村伊之助(後の楫取素彦)役の大沢たかお

小田村伊之助(後の楫取素彦)役の大沢たかお

-寿と小田村はどんな夫婦だったのでしょうか。

 史実でもとても仲が良い夫婦のようでした。少ないシーンの中でも寿のことをすごく意識しました。激動の時代でなかなか会えない分、心でつながっていた関係だと思います。

-印象に残るシーンはありますか。

 撮影が始まってからちょうど1年ぐらいたちますが、最近の撮影では長州藩のナンバーツーまで行った割には、泥んこになりながら頬かむりまでして農作業をやっています(笑)。でも、当時の人々は自分自身の中に大きな改革を強いられたわけですから、小田村の姿は象徴的ですよね。時代を超えていく感じがすごく面白いです。

-小田村という人物について感じるところは?

  小田村は「日本はもっといい国にならなければいけない」と思った一人の人間、ワン・オブ・ゼムでいいと思っています。人間は全ての人に華がある。そこを丁寧に演じて後半の「花燃ゆ」を作っていきたいと思っています。最初に登場したころの小田村の熱い感じや、未来に対する強い信念や、ぶれない感じは最後の最後まで通してあげたいと思います。

-小田村は亡くなっていった人たちへの思いを全部背負っているところがありますか。

 美和もそうですが、心の深いところでそういう気持ちはあります。何人もの人が志半ばで倒れたのを見ているわけですから、背負わざるを得ない。彼らの生きざまが心に刻み込まれて、使命を感じて行動しているのだと思います。

-幕末の印象は?

  みんなが世の中を何とかしようとする状況は、争いや無残な死も生み出しますが、誰も世の中を悪くしようとは思っていませんし、幕末はエネルギーに満ちあふれた時代だとあらためて思います。今の時代はそのエネルギーがどこに行ったのかなと思います。

-楫取素彦と名を変え、群馬県令に就任しますね。

 彼の中にどこまで未来の青写真があったのかは分かりませんが、楫取は「子どもが学ぶことが一番大事だ」という考えを群馬でも実践します。それは全国に広がり、後に日本全体が高い学力を得ることにもつながりました。産業の振興には苦労しますが、美和や寿と力を合わせて新しい時代にぶつかっていく様子は今後の見どころになると思います。

-やがて美和と再婚しますが、美和にとっては初恋の人ですね。

 でも意外と美和は(禁門の変で自害した前夫の)久坂玄瑞(東出昌大)のことを引きずっていますよ(笑)。(小田村としては)「もういいんじゃないの」という思いもあるんですけど。

-“座長”としての井上真央さんはいかがですか。

 彼女の真面目さとひたむきさにみんなが付いていっているんだと思います。いつも安定して撮影現場にいようとする姿がいいですね。だからすごく現場が落ち着いている。彼女がそんな空気を作っていると感じています。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top