東出昌大、根津甚八からの手紙に涙の決意表明 「これからも心血を注いで映画を撮り続ける」

2015年9月26日 / 15:39

根津甚八からの手紙を代読する東出昌大(左)と桐谷健太

 映画『GONIN サーガ』の初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、安藤政信、福島リラ、竹中直人、石井隆監督が登壇した。

 本作は、1995年に公開されたバイオレンスアクションの続編。前作の登場人物の子どもたちに焦点を当て、新たな物語を描く。

 前作で命を落とした大越組の若頭の息子・勇人を演じた東出は、憧れの石井監督の作品に主演できたことについて「周りの役者からもうらやましがられるし、僕自身にしてもとても栄誉なこと。本当にありがたい」と語った。

 また、本作を携えてバンクーバー国際映画祭に参加することも決定し「これから本作が、老若男女、日本、海外を問わず、公の目に触れるということについては、まさに万感の思いがします」と喜びを語った。

 また、イベント会場に前作と同じ氷頭役で出演している根津甚八から直筆の手紙が到着。根津は2010年に俳優引退宣言をしたが、本作で一度だけの復帰を果たした。根津は「演じることは自分にとって生きることそのものでした。それができなくなり、引退は諦めでもありました。諦めていた自分に、再び演じることの楽しさを味あわせてくれた監督に心からお礼申し上げます」と手紙に記した。

 続けて「またたすきを受け取ったと言ってくれた東出くん。その言葉で、演じたいのに演じることができない無念を断ち切ることができました。東出くんだけでなく、若い俳優たちの姿を見て、自分の思いを次の世代が背負ってくれる、自分はできる精いっぱいをしたんだという気持ちで俳優人生を締めくくることができました」と思いがつづられていた。

 代読した東出は目に涙を浮かべながら「僕は根津甚八さんという役者さんが大好きだし、映画の中の根津さんは考えられないぐらい魅力的。これからも僕らは心血を注いで映画を撮り続ける。役者として頑張るので、皆さまにも邦画を見続けてもらいたい。本当に根津さん、ありがとうございました」と決意を語った。


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top