シリーズ【「ザ!鉄腕!DASH!!」スタッフに聞きました】  城島人形じゃなくて自分がやりたい「ご当地PR課」

2015年10月4日 / 04:01

 今年、番組スタートから20周年を迎える日本テレビ系の人気バラエティー「ザ!鉄腕!DASH!!」。畑や海岸を切り開いたり、無人島を丸ごと開拓したり、物作りに一から挑戦したりと、TOKIOが体を張ってありとあらゆる企画に挑むこの番組の裏話を、陰で支えるスタッフの方々に聞きました。今回は「DASHご当地PR課」の裏話です。

 

File5 渡辺将司 ディレクター
(「DASHご当地PR課」の演出を担当。番組歴はおよそ10年。いわゆる“新ネタ”“チャレンジネタ”と言われる企画を担当することが多く、これまでに携わった主な企画は「スーパーボールをスーパーキャッチできるか!?」(2009年)、「ペットボトルロケットの力で氷の湖どこまで行けるか!?」(13年)など)

 

―「DASHご当地PR課」が生まれたきっかけを教えてください。

 以前から僕はチャレンジ企画を担当することが多かったんですけど、TOKIOやスタッフの力だけでできることは意外と限られていまして。毎回、最後には必ず専門家の方や地元の方々のご協力が必要になっていたんです。ある時そのことに気付いて「だったら町の人たちと一緒に、町の名物を使って何かやろう」と。そしてそれが地元のPRにもなっていけばいいなと考えたのがきっかけです。

―松岡さんいわく、「このコーナーはとても渡辺らしい」とのこと。

 あはははっ! 確かにそうかもしれません。どうなるか分からないのが好きなんですよ。TOKIOも僕らが思っているのとは全然違う方向でやろうとすることがあるし、それが成功するにしろ失敗するにしろ…まぁもちろん成功する方がいいんですけど(笑)。

―最も忘れられない「PR課」での企画は何ですか?

 雪玉(「新潟県魚沼市 雪の町で雪玉転がして巨大雪だるまつくれるか!?」15年)かなぁ。巨大雪だるまを作る企画は「PR課」になる前にも2回ほど行っていて、とても思い出深いです。ただもうひたすら、朝から晩まで雪玉を転がしているだけなんです(笑)。初めてのときは思いつきだけで、実際にどうなるかは全く分からない状態でロケを始めましたからね。いざやってみたら全然転がんないし、転がったとしてもすぐに割れちゃうし。とにかく寒くて大変な中で、メンバーとスキー場の方々と手探りのロケを行って、できることを一つ一つ増やしていったという感じでした。でもそうやってひたすら転がし続けるだけなのに、不思議とみんな徐々にテンションが上がっていくんですよ。

―出来上がったときは感動のシーンになっていますね。

 そうなんですよ、すごい感動するんです! 僕たぶん、過去3回ともロケ中に泣きそうになってますから(笑)。もう何回も諦めようと思ったところでメンバーから「みんなでゴールさせようよ」という言葉をもらって、大きすぎてなかなか動かない雪玉をなんとか押して、最後にゴールしたときには、自然とスキー場にいる人たちから拍手が上がって…。なんか感動するんですよね。まぁ「やっと終わった~」っていうのもあるんでしょうけど、どうなるのか分からない中、みんなで必死になって作業をする、という企画が、僕は撮っていて楽しいです。

―メンバーの特徴は?

 長瀬さんは意外と慎重ですね。現場の流れとして、よく「もうやっちゃおう!」という空気になるんですけど、そのタイミングで「いや、ここで失敗したらもう終わりだから、もう1回だけ調整しよう」「これもやった方がいいんじゃない?」と提案するタイプ。で、逆に「とりあえずやってみよう!」となるのは松岡さん(笑)。やってから考えようぜ、というタイプの人です。(山口)達也さんもどちらかと言うと夢中になって本番でむちゃする方ですね。そしてリーダー(城島)、この企画ではどちらかと言うと本人よりも“城島人形”(企画をテストするときで使われる人形。城島に似せたビジュアルがネットで話題になることも)の方が多く登場するんですけど、あの方は毎回本気で「人形じゃなくて自分がやりたい」って言うんですよ。

―危険な企画ばかりじゃないですか!?

 そうなんです! 和紙のパラシュートで飛ぶ実験をするとき(「福井県 越前和紙」15年)も自分でやりたいって言い出しましたからね。「なにがアカンの?」って言うから「いや、アカンに決まってるでしょ!」と(笑)。仮にマットを敷いたとしても上手にそこに着地できるか分からないし、それに和紙のパラシュートが開かなかったらもうケガとかのレベルじゃ済まないですよって、そこまで話してやっと「そうやなぁ」って渋々納得するっていう(笑)。とてもプロ意識が強い人だなぁと思いますね。

―最後に渡辺さんがこれまでの中で一番忘れられないメンバーとのエピソードは?

 エピソードというほどではありませんが、僕が担当する企画は大抵、体力的にも時間的にも厳しいものが多いんです。なので、ある時から、僕が現場にいると松岡さんは「わぁ、今日のロケ大変なやつだよ」って言ってくるようになりましたね(笑)。でもメンバーもスタッフも、みんな毎回よく付き合ってくれます。これからもずっと、いろんなチャレンジ企画を続けていきたいです。

 

 雑誌「月刊TVfan」ではTOKIOメンバーが出演番組のエピソードを語る「TOKIOのお仕事」を連載中。9月24日から全国順次発売の11月号では「DASHご当地PR課」の模様などを松岡さん、長瀬さんが語っています。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top