【インタビュー】タカアンドトシ「よみがえりマイスター」の再レギュラー化に期待 涙見せないトシ「心ではガンガン泣いている」

2015年8月11日 / 18:14

 NHKの「よみがえりマイスター」で司会を務めるお笑いコンビのタカアンドトシがこのほどインタビューに応じ、番組の見どころや展望を語った。番組は、日本が誇る修理・復元・再生の達人たち“よみがえりマイスター”が、依頼人の思いに応えて壊れてしまった思い出の品のよみがえりに奮闘する復活ドキュメントバラエティー。2014年にBSプレミアムでレギュラー放送され、その後も総合で定期的に放送が続いている。

 

タカアンドトシ

タカアンドトシ

―今回の番組の見どころを教えてください。

トシ 番組は非常に好評で、見た方にもすごく面白いと満足していただけています。だから続いているのかなという感じ。収録も毎回面白く、今回は70年前の手紙のよみがえりも出てきたりとバラエティーに富んだ面白い回になったのではないかと思います。

タカ 70年前の父の思いを知りたいと依頼してきたのが80歳を超える方たちで、全然読めなかった手紙がよみがえって、「こんなことが書いてあったんだ、良かった」と涙を浮かべて言ってくれたり。今回は川越シェフや壇蜜さんなど、“芸能人もの”が多かったのも見どころです。

―お二人のよみがえらせたいものはありますか。

 トシ よく聞かれるのですが、ないんですよね、僕ら。

タカ 番組で言ったのですが、僕はおばあちゃん子で、でも僕が上京した途端に入院して亡くなってしまって。おばあちゃんをいつかよみがえらせたい。

トシ それはそれでよみがえってきたら引くだろう(笑)。

 ―NHKに出演することで意識することはありますか。

トシ 民放の局に出してもらう時とそんなに変わらないです。

タカ 土田晃之さんは、前回よりあまりボケなかった。オンエアを見て、前回あまり拾われなかったなというのを受けて修正してきた感じがありました。前回より真面目に答えるコメントで終わる時が多かった(笑)。

タカアンドトシ

タカアンドトシ

―トシさんは“感動もの”でも涙を見せないことで有名ですが。

トシ スタジオで見て涙することもありますし、みんな直ってほしいという気持ちで見てくれます。依頼人の方も来て、直った時の感動は結構ありますね。僕は気持ちでは泣いていますけど。司会が泣くとぐちゃぐちゃになってしまって迷惑なので、ぐっとこらえて。私は皆さんの涙を促す立場です。心ではガンガン泣いています。

―今後泣くことはある?

トシ そういう場面も来るんじゃないですかね。今回泣いていないとは言っていないですから。今回ついに、ということもあるかもしれませんよ。いよいよトシが涙をポロリかとか。

タカ いや、僕の涙にそんな引きはないですよ(笑)。僕は自分が絡んでいることに弱いですね。自分の心が揺さぶられた時やばかにされた時に泣いてしまうことが多い。すごく感動しますが、男のくせにあんまり泣くのもどうかなって。子どもができたので、子どもに泣いているのを見られてばかにされるのも怖いから。今のうちから気を付けておかないと。今回もこらえるのがたいへんな回でした。

トシ 子どもってまだ2歳だろ?(笑)

―今後の展望をお聞かせください。

タカ 総合でのレギュラー放送はまだない。今年に入ってから2回目の前回の放送で数字が良かったらレギュラーと言われていて、数字が良かったのですがはんこが押されず。今回も数字が良かったらレギュラーと言われているので期待しています。レギュラーになってほしいです。

トシ いい番組だと思うので、ぜひレギュラーに。VTRを撮るのも時間が掛かっているし、依頼品を直すマイスターは本当に時間を掛けて何日も奮闘していますしね。相当苦労されているようで、僕らから見ると完璧に直っていると思っても、職人さんなので出来栄えに百点を付けるマイスターの方はいない。毎回見応えのあるものになっていると思います。

 

「よみがえりマイスター」

「よみがえりマイスター」


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

ドラマ2021年1月13日

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたド … 続きを読む

page top