【インタビュー】タカアンドトシ「よみがえりマイスター」の再レギュラー化に期待 涙見せないトシ「心ではガンガン泣いている」

2015年8月11日 / 18:14

 NHKの「よみがえりマイスター」で司会を務めるお笑いコンビのタカアンドトシがこのほどインタビューに応じ、番組の見どころや展望を語った。番組は、日本が誇る修理・復元・再生の達人たち“よみがえりマイスター”が、依頼人の思いに応えて壊れてしまった思い出の品のよみがえりに奮闘する復活ドキュメントバラエティー。2014年にBSプレミアムでレギュラー放送され、その後も総合で定期的に放送が続いている。

 

タカアンドトシ

タカアンドトシ

―今回の番組の見どころを教えてください。

トシ 番組は非常に好評で、見た方にもすごく面白いと満足していただけています。だから続いているのかなという感じ。収録も毎回面白く、今回は70年前の手紙のよみがえりも出てきたりとバラエティーに富んだ面白い回になったのではないかと思います。

タカ 70年前の父の思いを知りたいと依頼してきたのが80歳を超える方たちで、全然読めなかった手紙がよみがえって、「こんなことが書いてあったんだ、良かった」と涙を浮かべて言ってくれたり。今回は川越シェフや壇蜜さんなど、“芸能人もの”が多かったのも見どころです。

―お二人のよみがえらせたいものはありますか。

 トシ よく聞かれるのですが、ないんですよね、僕ら。

タカ 番組で言ったのですが、僕はおばあちゃん子で、でも僕が上京した途端に入院して亡くなってしまって。おばあちゃんをいつかよみがえらせたい。

トシ それはそれでよみがえってきたら引くだろう(笑)。

 ―NHKに出演することで意識することはありますか。

トシ 民放の局に出してもらう時とそんなに変わらないです。

タカ 土田晃之さんは、前回よりあまりボケなかった。オンエアを見て、前回あまり拾われなかったなというのを受けて修正してきた感じがありました。前回より真面目に答えるコメントで終わる時が多かった(笑)。

タカアンドトシ

タカアンドトシ

―トシさんは“感動もの”でも涙を見せないことで有名ですが。

トシ スタジオで見て涙することもありますし、みんな直ってほしいという気持ちで見てくれます。依頼人の方も来て、直った時の感動は結構ありますね。僕は気持ちでは泣いていますけど。司会が泣くとぐちゃぐちゃになってしまって迷惑なので、ぐっとこらえて。私は皆さんの涙を促す立場です。心ではガンガン泣いています。

―今後泣くことはある?

トシ そういう場面も来るんじゃないですかね。今回泣いていないとは言っていないですから。今回ついに、ということもあるかもしれませんよ。いよいよトシが涙をポロリかとか。

タカ いや、僕の涙にそんな引きはないですよ(笑)。僕は自分が絡んでいることに弱いですね。自分の心が揺さぶられた時やばかにされた時に泣いてしまうことが多い。すごく感動しますが、男のくせにあんまり泣くのもどうかなって。子どもができたので、子どもに泣いているのを見られてばかにされるのも怖いから。今のうちから気を付けておかないと。今回もこらえるのがたいへんな回でした。

トシ 子どもってまだ2歳だろ?(笑)

―今後の展望をお聞かせください。

タカ 総合でのレギュラー放送はまだない。今年に入ってから2回目の前回の放送で数字が良かったらレギュラーと言われていて、数字が良かったのですがはんこが押されず。今回も数字が良かったらレギュラーと言われているので期待しています。レギュラーになってほしいです。

トシ いい番組だと思うので、ぜひレギュラーに。VTRを撮るのも時間が掛かっているし、依頼品を直すマイスターは本当に時間を掛けて何日も奮闘していますしね。相当苦労されているようで、僕らから見ると完璧に直っていると思っても、職人さんなので出来栄えに百点を付けるマイスターの方はいない。毎回見応えのあるものになっていると思います。

 

「よみがえりマイスター」

「よみがえりマイスター」


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

映画2020年8月1日

 注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさよう … 続きを読む

page top