【インタビュー】松本享恭 「ウルトラマンX」で映像デビュー 「何にでも染まれる役者に」

2015年7月14日 / 15:23

 テレビ東京系で放送中の「新ウルトラマン列伝」で14日からスタートする新シリーズ「ウルトラマンX」に、特殊防衛チーム「Xio(ジオ)」の隊員・貴島ハヤト役で出演する松本享恭。戦闘機タイプの特殊メカ・スカイマスケッティを抜群の操縦テクニックで操るハヤト隊員を演じた松本が、映像作品初出演への意気込みや、今後の展望などを語った。

 

「ウルトラマンX」で貴島ハヤト隊員を演じる松本享恭

「ウルトラマンX」で貴島ハヤト隊員を演じる松本享恭

―「ウルトラマンX」のお披露目となった制作発表会を振り返って、一般のファンの前に初登場した感想をお願いします。

 初めてハヤトとして人前に出たので、出る前はとても緊張していました。今までは自分の中でハヤトという人物を作り込んでいたのですが、人前に出たらスイッチが入った感じがしました。

―「2014年トップコート20thスターオーディション」のファイナリストに残り、本作で映像デビューとなりましたね。

 僕は福岡出身で、福岡にいた時はモデルをやっていました。経験は少ないのですが、アクションでの体の使い方や、カメラを気にしての見せ方が特に難しいです。自分ではリハーサルも全力でやっているつもりでも、監督からは『足りない』と言われたり…。でもいつもリハより本番の方が自分の中でも納得のいく演技ができます。

―演じる貴島ハヤトの人物像をどう捉えていますか。

 ハヤトはクールでエリート。ライバルのワタルはとても熱い男で、ハヤトはワタルを意識しているし、負けないというプライドがあります。戦闘機の操縦では自分が一番だという思いがある一方、ワタルの狙撃の腕は認めています。

―演じるハヤトとご自身の似ているところや違うところはありますか。

 自分自身がパワーやガッツで、という人間ではないので、そこは似ていると思います。自分も負けたくないとは思うけど、負けん気や気持ちを思い切り出す方ではないし…。結構似ているかもしれません(笑)。

―「ウルトラマン」の思い出があれば教えてください。

 リアルタイムで見たのは「ウルトラマンティガ」ですが、母とビデオを借りに行って「ウルトラマンタロウ」や「ウルトラセブン」など昔の作品も見ました。母に聞いたら、子どものころから戦隊ものよりもウルトラマンが大好きだったそうで、出演が決まって本当にうれしかったです。

―実際にご自身が「ウルトラマン」の世界に入って喜びもひとしおといったところでしょうか。

  本当にずっと憧れていましたし、地球を守るという役を自分がやると分かってうれしかったです。見えない敵を想像して戦う演技をするのは最初は難しいと思いましたが、ずっと台本を読んで慣れたら大丈夫でした。

―趣味がドライブということですが、実は空よりも陸で運転したかったのでは。

 一応車にも乗るので陸でも運転するのですが、空の方がいいですよ。男としては戦闘機に憧れもあります。出来上がった映像を初めて見て、すごかったです。飛んでいましたね(笑)。しっかり想像しているつもりですけど、やっぱり出来上がったものを見たらびっくりしました。

―役者を目指すきっかけは。

 以前からこういう世界に憧れて福岡でモデルを始めて、お仕事をしながら映画ばかり見ていました。いろいろなものを見ましたが、中でも山田孝之さんと玉山鉄二さんの映画『手紙』に心を動かされて役者になりたいと思いました。それまでの漠然とした考えではなく、具体的に夢として役者を目指したいと思い始めました。

―特技がバスケットボールや空手と体育会系なイメージですがアクションにも自信がありますか。

 テレビなどで見るアクションはそれほど難しそうには感じなかったのですが、自分でやってみたらとても難しかった。体を動かすのは好きですし、鍛えるのも好きなのでこれを機にアクションをしっかり習いたいです。

―最後に、今後の目標をお願いします。

  この作品を多くの人に見ていただいて、作品も僕のことも知っていただきたいです。大好きな映画にも出たいので、これから経験を積んで、脇を固められるような演技力を付けたいと思っています。具体的にお名前を挙げると新井浩文さんのような演技ができたらと思いますし、細かい演技も大きい演技もできるようになりたい。何にでも染まれるような役者になりたいです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

page top