【インタビュー】松本享恭 「ウルトラマンX」で映像デビュー 「何にでも染まれる役者に」

2015年7月14日 / 15:23

 テレビ東京系で放送中の「新ウルトラマン列伝」で14日からスタートする新シリーズ「ウルトラマンX」に、特殊防衛チーム「Xio(ジオ)」の隊員・貴島ハヤト役で出演する松本享恭。戦闘機タイプの特殊メカ・スカイマスケッティを抜群の操縦テクニックで操るハヤト隊員を演じた松本が、映像作品初出演への意気込みや、今後の展望などを語った。

 

「ウルトラマンX」で貴島ハヤト隊員を演じる松本享恭

「ウルトラマンX」で貴島ハヤト隊員を演じる松本享恭

―「ウルトラマンX」のお披露目となった制作発表会を振り返って、一般のファンの前に初登場した感想をお願いします。

 初めてハヤトとして人前に出たので、出る前はとても緊張していました。今までは自分の中でハヤトという人物を作り込んでいたのですが、人前に出たらスイッチが入った感じがしました。

―「2014年トップコート20thスターオーディション」のファイナリストに残り、本作で映像デビューとなりましたね。

 僕は福岡出身で、福岡にいた時はモデルをやっていました。経験は少ないのですが、アクションでの体の使い方や、カメラを気にしての見せ方が特に難しいです。自分ではリハーサルも全力でやっているつもりでも、監督からは『足りない』と言われたり…。でもいつもリハより本番の方が自分の中でも納得のいく演技ができます。

―演じる貴島ハヤトの人物像をどう捉えていますか。

 ハヤトはクールでエリート。ライバルのワタルはとても熱い男で、ハヤトはワタルを意識しているし、負けないというプライドがあります。戦闘機の操縦では自分が一番だという思いがある一方、ワタルの狙撃の腕は認めています。

―演じるハヤトとご自身の似ているところや違うところはありますか。

 自分自身がパワーやガッツで、という人間ではないので、そこは似ていると思います。自分も負けたくないとは思うけど、負けん気や気持ちを思い切り出す方ではないし…。結構似ているかもしれません(笑)。

―「ウルトラマン」の思い出があれば教えてください。

 リアルタイムで見たのは「ウルトラマンティガ」ですが、母とビデオを借りに行って「ウルトラマンタロウ」や「ウルトラセブン」など昔の作品も見ました。母に聞いたら、子どものころから戦隊ものよりもウルトラマンが大好きだったそうで、出演が決まって本当にうれしかったです。

―実際にご自身が「ウルトラマン」の世界に入って喜びもひとしおといったところでしょうか。

  本当にずっと憧れていましたし、地球を守るという役を自分がやると分かってうれしかったです。見えない敵を想像して戦う演技をするのは最初は難しいと思いましたが、ずっと台本を読んで慣れたら大丈夫でした。

―趣味がドライブということですが、実は空よりも陸で運転したかったのでは。

 一応車にも乗るので陸でも運転するのですが、空の方がいいですよ。男としては戦闘機に憧れもあります。出来上がった映像を初めて見て、すごかったです。飛んでいましたね(笑)。しっかり想像しているつもりですけど、やっぱり出来上がったものを見たらびっくりしました。

―役者を目指すきっかけは。

 以前からこういう世界に憧れて福岡でモデルを始めて、お仕事をしながら映画ばかり見ていました。いろいろなものを見ましたが、中でも山田孝之さんと玉山鉄二さんの映画『手紙』に心を動かされて役者になりたいと思いました。それまでの漠然とした考えではなく、具体的に夢として役者を目指したいと思い始めました。

―特技がバスケットボールや空手と体育会系なイメージですがアクションにも自信がありますか。

 テレビなどで見るアクションはそれほど難しそうには感じなかったのですが、自分でやってみたらとても難しかった。体を動かすのは好きですし、鍛えるのも好きなのでこれを機にアクションをしっかり習いたいです。

―最後に、今後の目標をお願いします。

  この作品を多くの人に見ていただいて、作品も僕のことも知っていただきたいです。大好きな映画にも出たいので、これから経験を積んで、脇を固められるような演技力を付けたいと思っています。具体的にお名前を挙げると新井浩文さんのような演技ができたらと思いますし、細かい演技も大きい演技もできるようになりたい。何にでも染まれるような役者になりたいです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top