【まれインタビュー】山崎賢人「クッキーみたいなシュークリームが好き」 希の同級生で輪島塗の職人を目指す紺谷圭太役

2015年6月22日 / 14:34

 NHKの連続テレビ小説「まれ」で、主人公の希(土屋太鳳)の同級生、紺谷圭太を演じている山崎賢人。輪島塗に魅せられ、職人の道を目指して厳しい修業を続けている。パティシエになるために頑張る希とは、互いの夢を認め合う間柄でもある。ナイーブな演技に定評のある山崎が、圭太の揺れる思いを語る。

 

紺谷圭太役の山﨑賢人

紺谷圭太役の山﨑賢人

-圭太の恋愛感はどういうものだと思いますか。

  付き合っていた一子(清水富美加)に対する思いも希への気持ちも、どちらも好きという真っすぐな思いからだと思います。希には自分と似ている部分があって純粋に応援したいと思う気持ちがあるから、一子と交際しているのに希に「頑張れ」と電報を送ったりするんです。

-希との掛け合いは演じていていかがですか。

  言いたいことや伝えたいことを素直に話しているうちに、圭太も希も不器用だから言い合いになってしまう。圭太は子どもっぽくて言い返したりもしますしね。

-実際の学生生活で同級生との間で似たようなことはありましたか。

 性別を超えてというのはなかったですね。

-圭太の魅力はどこにあると思いますか。

  漆塗りへのひたすら真っすぐな思いと、好きなことで一人前になりたいという熱さです。

-圭太は希のどんな部分に引かれたのだと思いますか。

  自分よりも人のことを大切に思う希の人柄かな。圭太が破門された時も、希が励ましてくれなかったら、もう一度戻るという覚悟は決められなかったはずです。ずっと心の支えになっていたと思います。それと一子に「詰まんない」って言われてネガティブになっていた圭太に、希は「圭太のいいところは詰まんないところ。“漆ばか”なところが魅力」って言ってくれたし(笑)。

-山崎さんご自身は希のような子をどう思いますか。

 すごく好きです(笑)。

-圭太を演じたことで俳優としての新たな夢はできましたか。

  地道にこつこつと一つ一つの作品を真剣に全力でやることで、将来いい役者になることにつなげたいと思います。それと同級生役の6人の役者はみんな意識が高くて、毎日刺激を受けています。ベテランの方の演技も含めて、自分の中で糧になっています。

-共演者から感じることは?

  太鳳ちゃんは体の動きがすごくきれいなんです。体の動かし方は自然なのに大きく動いていて魅力的だと思います。大泉(洋)さんが出ると、そのシーンが間違いなく面白くなるし…、本当にいっぱいあります。

-漆塗り職人の仕事からは何か刺激を受けましたか。

  あまり言葉は発しないけど、心の中には漆に対する思いがあるところ。謙虚な感じがかっこいいと思います。

-実際にご自身で塗ったものはありますか。

  お盆を中塗りまでやらせてもらいましたが、まだざらざらで(笑)。何か一つは完全に仕上げたいですね。

-ところで、山崎さんが好きなスイーツは何ですか。

 割とカリカリ目のクッキーみたいな感じのシュークリームです(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top