岡田准一、今一番好きな“偉人”は黒田官兵衛 大河ドラマ予習で「資料を死ぬほど読んでます」

2013年8月30日 / 14:57

 NHK・BSプレミアムの新番組「ザ・プロファイラー」の取材会が9日、東京都内で行われ、V6の岡田准一が出席した。

 岡田が初めて司会に挑戦した番組の2ndシーズンが10月に再開。今回のテーマは「どんな人生でも、つまらない人生なんてない」という岡田の言葉からヒントを得た“感動人生のプロファイル”。始皇帝、ダイアナ妃、土方歳三、チェ・ゲバラ、伊達政宗、アル・カポネといった人物を取り上げ、岡田とゲストが偉人たちの激動の生涯から“人生のヒント”を導き出していく。

 2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」の主役を務める岡田。1年を通して多忙を極める大河ドラマに加えて、半年間続く番組のオファーを受けたことについて「番組制作の皆さんの熱意を頂いたのが大きい。自分も歴史好きですし、この番組をやることが自分の糧、経験になる。いろんな人の歴史を知るという心掛けが、大河にもつながると思います」と説明した。

 ほかにも「この番組以外で司会をやることってないと思うんですよね。縁あって今後成長してお話を頂いたらあるかもしれませんが」といい「司会をやる人になりたいと思ったことが一度もない中、この番組では司会として歴史の面白さを伝える担い手になってほしいと言われたので」と語った。

 前回は「司会として、なるべくゲストの方の意見を聞き出そうという意識が高かった」と振り返り、今回は「探り手としていろいろ聞き出すだけでなく、人生が見えてくるお話もできればと思っています。自分の意見も言っていくことを意識しています」と意気込みを語った。また「ゲストの方の深い言葉を聞けてうれしいなと思いますし、それが司会をやっていてうれしいことです」と充実感ものぞかせた。

 「子どものころ、中学校の社会の先生になりたかったぐらい歴史好き」という岡田。「どういう大人になるのかすごく考えていた時期があって、もともと(歴史上の人物では)男の人にしか興味がなかった。偉人の言葉や人生を調べたり、最初は仮説が面白くて。なんてロマンがあるんだと思って好きになったのが始まり」と明かした。

 演じてみたい偉人は「やっぱりかっこいい人だよなと感じる人はいつか演じてみたい。日本で一、二に人気のある土方歳三さんなどはかっこいいし、いつか演じてみたい」と語り、笑顔を浮かべた。会ってみたい人物にも土方を挙げ、「背格好が僕とまったく一緒ぐらいらしいんです。実際にいたらどういう人だったのか、その奥にあるものを読み取ることも歴史の面白さの一つだと思う。自分と同じぐらいってことも含めて、会ってみたいです」と語った。

 また、好きな偉人は「今、やたら詳しいのは黒田官兵衛」と笑わせ「全国から資料や本が出たら送ってもらったり、大河ってすごいですよね」と反響の大きさに驚きも。「死ぬほど読んでいます。だから今好きなのは黒田官兵衛」と語った。「物語としては軍師、ナンバー2として個性が強い役柄で描かれることが多く、史実では結構素晴らしいちゃんとした人。両方兼ね備えている人として面白いし魅力的」と分析した。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎」脚本・岡田惠和「この父母の間で生きてきたから、あの寅さんになるんだなと思いました」

ドラマ2019年10月18日

 映画『男はつらいよ』シリーズの主人公といえば、誰もが知っている車寅次郎。その生みの親である山田洋次監督が小説で描いた寅さんの少年時代をドラマ化した「少年寅次郎」が10月19日(土)からNHK総合で放送開始となる。寅次郎出生の秘密から、戦争 … 続きを読む

【2.5次元】舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち、陸奥守吉行役・蒼木 陣インタビュー 「人生を懸けて挑みたい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かなキャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成するシミュレーションゲームを原案とした舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)の最新作が11月22日からTOKYO DOME CITY … 続きを読む

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top