岡田准一主演NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」 新たに18人の出演者発表

2013年8月7日 / 18:11

新たに発表された大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演するキャスト陣

 V6の岡田准一が黒田官兵衛役で主演する2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の出演者発表会見が7日、東京都内で行われた。

 ドラマは、智力をもって戦い、生涯五十幾度の合戦で一度も負けなかったと伝えられる官兵衛の生涯と乱世の終息を描く。

 今回は“黒田家家臣団”の濱田岳、速水もこみち、高橋一生、塚本高史、永井大、塩見三省、官兵衛の祖父を演じる竜雷太、“官兵衛を取り巻く女たち”の内田有紀、桐谷美玲、南沢奈央、吉本実憂、高岡早紀、“官兵衛と闘う男たち”の田中哲司、吹越満、田中圭、春風亭小朝の出演が新たに発表され、それぞれが会見に出席した。

 黒田家に引き取られ官兵衛を父と慕う後藤又兵衛役の塚本は「7年ぶりぐらい、それも大河ドラマで久しぶりの共演ということでとても楽しみにしています」と岡田との再会を喜びつつ「岡田さんを父のように慕う…。どれだけ老けメークをするのか分かりませんが、やり過ぎても岡田准一ではなくなってしまうし。とにかく違和感なくやっていきたい」と首を傾げて笑わせた。

 織田信長の正室・お濃役で大河ドラマに初出演する内田は「岡田さんとは初めてお仕事をさせていただきますが、どうしてか応援したくなるたたずまいをされている。信長の妻として応援していきたいと思います」と語った。またドラマデビューとなる栄姫役の吉本は「ドラマデビューが大河ドラマで光栄に思っています。大切な機会を無駄にしないよう、全力で頑張ります」と笑顔を見せた。

 幽閉された官兵衛の生きる希望となるだしを演じる桐谷は「官兵衛が弱っていくところを、生きる希望として、全身全霊を懸けてサポートしていきたい」と語った。また岡田の印象を「今日初めてお会いしました。テレビや映画で見させていただいていて、強い男性というイメージがあります」と語り、それを聞いた岡田は「昨日ちょうどテレビで(桐谷が)広島に行っているのを見て、今日帰ってきたんだ、大変だなという印象です。すみません」と話し、苦笑した。

 16人のキャスト陣に囲まれた岡田は「大好きな俳優、女優さんと1年を通してお仕事をさせてもらうのが楽しみです。真っすぐな人間関係がドラマの肝になっていくと思う。官兵衛が、というより官兵衛の周りを取り巻く人たちとの関係性を大事にしていきたい。1年は長いですが、皆さん仲良くしてください」と語った。

 岡田は「大事にしたいのは家臣団との関係性の強さや結束。1年を通して濃密な時間を過ごしたい」とやる気十分。「史実でも結構絆があって、ドラマではさらにそれ以上の絆が必要。幽閉された官兵衛を、家臣団が助けにくるというストーリーが個人的に楽しみです」と期待を寄せた。

 また、会見中しきりに首を傾げる塚本との役柄での関係性について「僕は15歳から五十何歳までを演じていくので見え方が難しいかとは思いますが、絆で乗り越えていきたい」と苦笑交じりで語り「真っすぐで力強い台本が出来上がってきていて、現場に入るのが楽しみです。これまで共演した方も多いので、仲の良さを現場でも生かしてやっていけたら」と話した。

 この日、官兵衛の嫡男・長政役の松坂桃李は肺炎のため、官兵衛と対立する義兄・櫛橋左京進役の金子ノブアキは仕事の都合でそれぞれ会見を欠席。岡田は松坂とはまだ会ったことがないといい、休養中の松坂に向けて「自分の子どもの役に決まってからものすごく大好きになって、すごく気にしています。すごく心配です。早く元気になってもらって現場でお会いしたい」と語った。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「ドキュメンタル」霜降り明星・せいやがシーズン7に初参戦! 「死ぬほど笑いをいただいた松本人志さんは、一番笑かさなあかん存在」

テレビ2019年5月23日

 Amazon Prime Videoで全話配信中の松本人志の人気バラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」がシーズン7に突入した。同番組は、松本から「招待状」を受け取った10人の芸人たちが、 … 続きを読む

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top