岡田准一主演大河、新たに18人の出演者発表 息子役の松坂桃李に「早く元気になって」

2013年8月7日 / 17:54

 新たに発表された大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演するキャスト陣

 V6の岡田准一が黒田官兵衛役で主演する2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の出演者発表会見が7日、東京都内で行われた。

 ドラマは、智力をもって戦い、生涯五十幾度の合戦で一度も負けなかったと伝えられる官兵衛の生涯と乱世の終息を描く。

 16人のキャスト陣に囲まれた岡田は「大好きな俳優、女優さんと1年を通してお仕事をさせてもらうのが楽しみです。真っすぐな人間関係がドラマの肝になっていくと思う。官兵衛が、というより官兵衛の周りを取り巻く人たちとの関係性を大事にしていきたい。1年は長いですが、皆さん仲良くしてください」と語った。

 岡田は「大事にしたいのは家臣団との関係性の強さや結束。1年を通して濃密な時間を過ごしたい」とやる気十分。「史実でも結構絆があって、ドラマではさらにそれ以上の絆が必要。幽閉された官兵衛を、家臣団が助けにくるというストーリーが個人的に楽しみです」と期待を寄せた。

 黒田家に引き取られ官兵衛を父と慕う後藤又兵衛役の塚本高史は「7年ぶりぐらい、それも大河ドラマで久しぶりの共演ということでとても楽しみにしています」と岡田との再会を喜びつつ「岡田さんを父のように慕う…。どれだけ老けメークをするのか分かりませんが、やり過ぎても岡田准一ではなくなってしまうし。とにかく違和感なくやっていきたい」と首を傾げて笑わせた。

 それに対して岡田は「僕は15歳から五十何歳までを演じていくので見え方が難しいかとは思いますが、絆で乗り越えていきたい」と苦笑交じりで語り「真っすぐで力強い台本が出来上がってきていて、現場に入るのが楽しみです。これまで共演した方も多いので、仲の良さを現場でも生かしてやっていけたら」と話した。

 この日、官兵衛の嫡男・長政役の松坂桃李は肺炎のため、官兵衛と対立する義兄・櫛橋左京進役の金子ノブアキは仕事の都合でそれぞれ会見を欠席。岡田は松坂とはまだ会ったことがないといい、休養中の松坂に向けて「自分の子どもの役に決まってからものすごく大好きになって、すごく気にしています。すごく心配です。早く元気になってもらって現場でお会いしたい」と語った。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top