高木雄也&知念侑李が交換日記を披露 「これは恋でしょうか? 」

2013年6月8日 / 21:45

 「J’J Hey!Say!JUMP 高木雄也&知念侑李 ふたりっきり フランス縦断各駅停車の旅」DVD&Blu-ray発売記念イベントが8日、東京都内で行われ、Hey!Say!JUMPの高木雄也と知念侑李が出席した。

 今回の旅の目的は「列車でフランスを横断すること」。スタート地点のパリから、モン・サン・ミシェルに向かい、地中海沿いのリゾート地ニースを目指した。約2000キロの行程を、各駅停車を乗り継ぎながら進んでいく2人の姿を映し出す。これまでプライベートでは、あまり一緒に行動することがなかった2人だが、この旅を通じて急速に距離が縮まったという。

 知念は旅を振り返って「その日、泊まるところも決まらず、困ったこともあった。そんなとき、僕は人見知りでなかなか(現地の人と)しゃべれなかったけど、雄也が話し掛けに行ってくれて頼りになった」と高木に感謝した。

 一方、高木は「知念は、自分の興味があることについてはよくしゃべることが分かった。例えば、高い所に行くと目がキラキラしてよくしゃべる」と旅を通じて発見した知念の意外な一面を明かした。

 この日は、応募総数8500通の中から抽選で選ばれた350人のファンが訪れた。会場では、巨大なサイコロを使って、各駅停車の旅をイメージした“すごろくトークショー”が行われ、2人は床に描かれた線路をイメージした升目を、出されたお題に挑戦しながら進んだ。

 お題の中には「フランスの旅を通じて2人の“食レポ”がどのくらい上達したのかを検証する」というものも。2人はバゲットサンドの食レポに緊張の面持ちで挑んだ。高木が「おいしそう。匂いもエクセレント! ハムとチーズが口の中で結ばれました」とバッチリ決めると会場から拍手が起こった。

 続けて挑戦した知念が「いいね~君、すてきだね~。美し過ぎて食べるのがもったいないよ」とバゲットを擬人化すると会場は大受け。バゲットを口に入れた後は「中身もすてきだね!」と見事な食レポを披露し、成長ぶりを見せつけた。

 また「彼女を感動させる一言」というお題に「焦ると何も出てこないんだよね~」と考え込んだ知念だが、悩んだ末、手を前に差し出すポーズ付きで「君に会うために生まれてきた」とアピール。続いてチャレンジした高木が「おまえからもらいたいものがあるんだけど…。愛が欲しい…」とコメントすると、会場は一気に黄色い歓声に包まれた。

 ほかにも「ダンスを披露する」「得意な曲をアカペラで歌う」「事務所の先輩の物まね」などのお題に果敢にチャレンジした高木。旅の映像では、膝を折り曲げて「凱旋門!」と一発ギャグを披露しているが、この日も「フランスにちなんだ一発ギャグ」を求められ「一応アイドルだからね。芸人じゃないよ」と苦笑しながら、腕をまくって筋肉を見せて「フランスパン!」と一言。爆笑の会場に「みんなツイッターに書くなよ」と照れまくったが、すかさず知念が「拡散希望です」とコメントし、さらに会場の笑いを誘った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top