【映画コラム】ジョンソンの存在を際立たせるためのアイデアの集積が見事な『スカイスクレイパー』

映画2018年9月22日

 “ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン主演のアクション大作『スカイスクレイパー』が公開された。  主人公は元FBI人質救出部隊のリーダー、ウィル(ジョンソン)。ある事件の爆発事故で片足が義足となった彼は、今は香港にある世界最高峰のビル「 … 続きを読む

【映画コラム】“忘れていた大切なものを取り戻すこと”を描いた『プーと大人になった僕』

映画2018年9月15日

 イギリスを舞台にした童話を実写映画化した『パディントン』『ピーターラビット』に続いて、今度は公開中の『プーと大人になった僕』で、“くまのプーさん”が登場した。  A・A・ミルンの『プー横丁にたった家』は、寄宿学校に行くことになった主人公の … 続きを読む

【芸能コラム】幕末の動乱を盛り上げる徳川慶喜=松田翔太の巧みな演技 「西郷どん」

ドラマ2018年9月15日

 物語を盛り上げるには、魅力的な敵役(悪役とは限らない)の存在が欠かせない。今さら言うまでもないセオリーだが、NHKの大河ドラマを見ていると、改めてその重要性に気付かされる。近年も「真田丸」(16)の徳川家康(内野聖陽)や、「おんな城主 直 … 続きを読む

【映画コラム】本当の意味での奇跡は人との出会いにある『泣き虫しょったんの奇跡』

映画2018年9月8日

 実在の棋士・瀬川晶司五段の自伝的同名小説を映画化した『泣き虫しょったんの奇跡』が公開された。  本作は、小学生時代から将棋に熱中し、長じてプロ棋士の登竜門である奨励会に入会するも、「26歳までに四段に昇格できなければ退会」という規定をクリ … 続きを読む

【映画コラム】当時の興奮がよみがえる『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

映画2018年9月1日

 錦織圭、大坂なおみが活躍するテニスの全米オープンもたけなわの時、1980年のウィンブルドン選手権決勝、ビヨン・ボルグ対ジョン・マッケンローの死闘をクライマックスに、2人のそれまでの道のりや葛藤を描いた『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 … 続きを読む

【映画コラム】良くも悪くも“劇映画”になっている『検察側の罪人』

映画2018年8月25日

 共にジャニーズ事務所に所属する木村拓哉と二宮和也が新旧の検事役で初共演した『検察側の罪人』が公開された。  本作は、雫井脩介の原作を、監督・脚本、原田眞人で映画化。検事の仕事を具体的に見せながら、法の矛盾、時効、罪と罰、善と悪、司法と検察 … 続きを読む

【芸能コラム】必見!「西郷どん」第32回「薩長同盟」は、俳優陣の熱演が胸打つ屈指の名編

ドラマ2018年8月25日

 いよいよ明日、8月26日に放送が迫った「西郷どん」第32回「薩長同盟」。その名の通り、敵対していた薩摩と長州が手を結び、倒幕に向けて薩長同盟が成立するという、物語上の大きなターニングポイントとなる。  そのマスコミ向け試写会が22日に行わ … 続きを読む

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

【映画コラム】男たちが間抜けに見えるところが肝心な『オーシャンズ8』

映画2018年8月11日

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズの活躍を描いたシリーズをリブートした『オーシャンズ8』が公開された。  今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック … 続きを読む

【芸能コラム】続々と作品が映像化!この夏、こうの史代に注目! 「この世界の片隅に」「夕凪の街 桜の国2018」

ドラマ2018年8月6日

 2016年11月の劇場公開直後から幅広い支持を得て、いまだにロングラン上映が続くアニメーション映画『この世界の片隅に』。この夏も各地の劇場ではリバイバル上映が行なわれており、大きなスクリーンで鑑賞するまたとない機会となっている。  さらに … 続きを読む

【映画コラム】何があっても、イーサンはイーサンだ!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

映画2018年8月4日

 トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第6作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が公開された。   アメリカの秘密機関IMFのエージェント、イーサン・ハント(クルーズ)は、盗まれた三つのプルトニウムの回収に失敗。裏組織 … 続きを読む

【芸能コラム】テレビ東京「ドラマBiz」はエンターテインメントの可能性を広げるか? 「ラストチャンス 再生請負人」

ドラマ2018年7月28日

 テレビ東京系で放送中の「ラストチャンス 再生請負人」が面白い。元銀行員の作家、江上剛の同名小説を原作に、元銀行員の主人公がビジネスの現場で奮闘する姿を描いたドラマだ。  大手都市銀行の銀行員として順調な人生を歩んできた樫村徹夫は、突然の財 … 続きを読む

【映画コラム】ヒーローもつらいよ『インクレディブル・ファミリー』

映画2018年7月28日

 『Mr.インクレディブル』(04)の14年ぶりの続編『インクレディブル・ファミリー』が8月1日から公開される。  監督・脚本は前作同様ブラッド・バードが担当。目まぐるしく展開するアクションシーンが見ものだ。  とはいえ、今回のテーマは、ズ … 続きを読む

【映画コラム】家族の絆について改めて考えてみたくなる『未来のミライ』

映画2018年7月21日

 細田守監督のアニメーション映画最新作『未来のミライ』が公開された。  4歳の男の子くんちゃん(声=上白石萌歌)に妹ができる。ところが、両親(星野源、麻生久美子)の愛情を妹に奪われたと感じたくんちゃんは、ミライと名付けられた妹の存在を素直に … 続きを読む

【芸能コラム】いよいよ幕末の動乱へ!豪華キャスト総出演の第26回から探る“革命編”の見どころ 「西郷どん」

ドラマ2018年7月17日

 二度の島流しを経験した西郷吉之助(鈴木亮平)が薩摩に呼び戻され、通称“革命編”と呼ばれる新章に突入した大河ドラマ「西郷どん」。次回「禁門の変」の予告には、軍装をした吉之助や、これまでなかった大規模な合戦シーンが登場。美しい風景の中で苦境に … 続きを読む

【映画コラム】オリジナルへの回帰的な側面もある『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

映画2018年7月14日

 前作『ジュラシック・ワールド』(15)から3年後を舞台した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開された。  恐竜たちが放置されたままのイスラ・ヌブラル島の火山が噴火の兆候を示し始める。恐竜たちを見捨てるのか、保護するのかの議論が行われ … 続きを読む

【映画コラム】ワールドカップの余勢を駆って『アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!』

映画2018年7月7日

 2018 サッカーワールドカップもいよいよ大詰めを迎えた。そんな中、原始人のサッカー対決を描いたアニメーション映画『アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!』が公開された。  本作は『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズなどを … 続きを読む

【芸能コラム】井浦新 エンタメから硬派な作品まで、幅広い活躍で見る者を魅了 「アンナチュラル」から『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』へ

映画2018年7月7日

 モデル出身の端正な顔立ちと183センチの長身から漂う繊細さ。加えて、どことなく愁いを帯びた表情から醸し出される孤高の存在感。俳優・井浦新の特徴を一言で表すとこんなところになるだろうか。  その持ち味を生かして、数多くの作品で活躍中の井浦。 … 続きを読む

【映画コラム】あくまでスピンオフとして楽しむべきなのか…『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

映画2018年6月30日

 愛機ミレニアム・ファルコン号で銀河を疾走する伝説のヒーロー、ハン・ソロ。『スター・ウォーズ』シリーズ屈指の人気を誇る彼は、いかにしてグッド・バッド・ガイ(=愛すべき悪党)となったのか。ルークとレイアに出会う以前の、若きソロ(オールデン・エ … 続きを読む

【芸能コラム】安藤サクラ 玄人好みの演技派から世界が認める国民的女優へ 『万引き家族』

映画2018年6月25日

 「これから撮る映画の中であの泣き方をしたら、彼女のまねをしたと思ってください」  これは、今年のカンヌ国際映画祭で審査員長を務めた女優のケイト・ブランシェットが語った言葉だ。ここで言う「彼女」とは、最高賞パルム・ドールを受賞した『万引き家 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top