【軍師官兵衛インタビュー】二階堂ふみ 「いままでのイメージを崩し、新しくて面白い茶々にしたい」 秀吉の愛を受け入れ、世継ぎを産む茶々(淀)役

2014年9月26日 / 18:44

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、豊臣秀吉(竹中直人)に愛された茶々を演じている二階堂ふみ。秀吉によって、父の浅井長政、母の市と義父の柴田勝家が自害に追い込まれた過去から秀吉の求愛を拒んでいたが、一転して受け入れるや“第二の正室”と呼ばれるほどの地位に上り詰め、世継ぎを産むことで権勢を振るうようになる。

 出演作品が海外からも注目されるなど今最も話題を集める若手女優の一人となった二階堂が、戦国の世に運命を翻弄(ほんろう)された茶々の激烈な生きざまを語った。

 

茶々(淀)役の二階堂ふみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-茶々をどう演じていこうと思っていますか。

 いままでのイメージに固定されずに崩していきたいです。茶々は時代を乱した女性と見られがちですが、彼女がいかに魅力的であるかという点が見る方への説得力につながると思うので、茶々のいろんな面に秀吉が魅了されていくという形が一番いいと思います。新しくて面白い茶々にしたいです。少女から女性になり、秀吉に気に入られ、子どもを産んで母になる。いろんな顔が表現できるキャラクターだと思います。

 -竹中さんはどのようにして茶々を迎え入れてくれましたか。

  二人の濃密なシーンを撮影した後、モニター画面を見て「ああ、淀だねえ」とおっしゃったんです。大先輩で年も離れていますが、それは感じさせず、包み込んでくださる方です。

-親の敵である秀吉の愛を受け入れるまでに、茶々の心にどんな動きがあったと思いますか。

  茶々は“生きる”という選択をして秀吉の愛を受け入れたのだと思いますが、女性としての強い気持ちも持った上で豊臣家に入ったのだと思います。ただ親の敵に嫁ぐなんて現代の自分には理解し難いので、毎回現場では、視聴者がスッと入っていけるような説得力のある心情を保てるかどうかを自分の課題にしています。茶々は二度の落城を経験して自分は一度死んだという思いがあり、生きる選択をしたことで自分を殺したのだと思います。

-淀殿となった茶々と、秀吉の正室であるおね(黒木瞳)との関係についてはどう思いますか。

  おねが淀殿に抱いた気持ちは嫉妬だと思います。側室制度があった時代の女性であっても、嫌だったのでしょう。政治的背景からではなくシンプルに考えて良いと思います。おねは秀吉に愛されたかったのではないでしょうか。

-淀殿の生涯をどう思いますか。

  自分の愛に忠実で真っすぐに生きた彼女には女性として共感できるところもあります。ドラマをご覧になる女性の方も共感できるところがあるのではないでしょうか。私はなるべく平和に過ごしたいので、こういう生涯を送りたいとは思いませんが…(笑)。

-2年ぶりの大河ドラマはいかがですか。

  前は結構ガチガチでしたけど、今回はすんなり空気に慣れて、自分の心地良い空間を見つけられました。茶々はとてもやりたかったキャラクターだったので、自分から出させてくださいとお願いをしたんです。

-なぜ茶々を演じたかったのですか。

  父に「歴史上の人物で誰を演じてほしい?」と聞いたら「茶々だ」と。どんな女性かと聞くと「悪女だ」と(笑)。お父さん孝行をしたかったことと、彼女の真っすぐさに引かれたので、ぜひ演じたかった。男性を支えつつも真っすぐに生きた茶々はすごくすてきです。

-演じてみて茶々のイメージが変わった点はありますか。

  こんなにも遊びがいのあるキャラクターなのかと思いました。いろんな面を出しても許されるキャラクターです。美しく、品良くというだけでなく、「嫌だ」「好き」「嫌い」みたいな現代の女性の感じに近いところが、自分では想像していなかった面です。

-岡田准一さんの官兵衛はいかがですか。

 カリスマ性があり、スタッフやキャストの方々についていきたいと思わせる人です。

-「軍師官兵衛」の視聴者に、こういう面白い点に気付いてほしいという面はありますか?

  男の時代に女性が陰で力強く生きていたさまであったり、忠誠心であったり、真っすぐな気持ちであったり、真っすぐな気持ちというのは日本人の魅力の一つ。そういう点を注目して見ていただけたらうれしい。年齢を問わずいろんな方に見ていただき、いろんなことを感じてもらいたいですね。

-秀吉の死後は大変なことになりますね。

  茶々は「母は弱い男ばかりを選んで最後は死んだ。だから私は強い男を選んだ」と思っている。でもその強い男が亡くなった時は、茶々という人間が本当に一人になった瞬間です。そこで彼女が何を選択するのか、その後どのように生きていくのか…。今はそれらをどう演じようかと考えているところです。面白い茶々像というのを残りの撮影で作っていければいいなと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『アラジン』中村倫也「大人になったから納得するようなせりふも数々ある」 木下晴香「年齢を重ねることで魅力を感じるところが変わっていく」

映画2019年6月17日

 ディズニーアニメーション映画の不朽の名作『アラジン』が実写となって公開され、大きな盛り上がりを見せている。本作のプレミアム吹き替え版でアラジン役を演じた中村倫也とジャスミン役の木下晴香に吹き替えでの苦労や“運命の出会い”について聞いた。 … 続きを読む

【インタビュー】『ある町の高い煙突』渡辺大「異なる立場の人々の共生を描くことは、とてもすてきな試みだと思いました」

映画2019年6月17日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が6月22日から公開される。本作で、鉱山の庶務係で地元住民との補償交渉にあたる加屋淳平役を … 続きを読む

【映画コラム】女性の主張や生き方の変化を象徴する実写映画化『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

page top