【『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』インタビュー】佐藤健 「日本映画の歴史を変える作品になった」

2014年7月31日 / 12:00

 激動の幕末を刀一本で生き抜き“人斬り抜刀斎(ばっとうさい)”と呼ばれた伝説の男・緋村剣心を描き、大ヒットを記録した『るろうに剣心』。シリーズ完結作となる『京都大火編』と『伝説の最期編』が2部作連続で8月1日と9月13日から公開される。

 本作で主役の緋村剣心を演じた佐藤健がインタビューに応じ、作品に対する熱い思いや見どころを語った

 

伝説の男・緋村剣心を演じた佐藤健

―続編製作の決定を聞いたときの感想は。

  また見たいと思ってくださる方がいるというのは、ありがたいしうれしかったです。でも、その分越えなければならないハードルも高くなると思いました。

―クランクインの前後で心境に変化はありましたか。

  クランクインの前は不安な要素もありましたが、クランクインしてからは「こうやりたい」と思うことを(大友啓史)監督と話し合い、台本に付け足していくという作業もさせていただきました。半年間の過酷な撮影を経てクランクアップした時は「いけた」という手応えがありました。

―剣心を演じる上で気を付けたことはありますか。

  剣心は仙人とか達人のような感じで人間っぽくないんです。だから無駄な動きをしないようにしました。それと原作のファンの方にも納得していただけるような作品にしたかったので、常に「ちゃんと原作の魂をくんでできているか」ということを意識しながら演じていきました。

―作品の中でお気に入りのキャラクターは。

  やっぱり剣心です。“最強”なところはもちろん、剣心は敵味方にかかわらず出会った人に対して正しい言葉を掛ける人だと思うので、人生の師匠みたいに思っているところがあります。でも、実は過去にすごいトラウマ(心的外傷)があって、心に大きな傷を負っているんです。そんな人間的なところも好きです。

―剣心と自分が似ていると思うところはありますか。

  剣心が話すことに共感できるので、思想は似ているのかなって思います。プライベートでも「こういうときに剣心だったらどうするんだろう」と思ったりもします。本当は「自分も全部剣心みたいにできたらいいのに」と思うけど、なかなかできないです(笑)。

―剣心のまねをしたいと思う一番の部分は。

  何をされても怒らないところ。剣心の全ての行動理念は「人のため」なんです。

―剣心は佐藤さんご自身にとってはどんな役になりましたか。

  いろいろな先輩の俳優さんから「俳優はヒット作と代表作の二つがなければ駄目だ」というお話をしていただいたので、自分にとっての代表作と呼べる作品ができた気がしてすごくうれしいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「蜘蛛女のキス」安蘭けい「芸能生活30周年も通過点。これからまだまだ進んでいきたい」

舞台・ミュージカル2021年10月13日

 マヌエル・プイグの小説をミュージカル化した「蜘蛛女のキス」が、石丸幹二主演で11月26日から上演される。本作は、ラテンアメリカの刑務所の獄房を舞台に、映画を愛する同性愛者のモリーナと、社会主義運動の政治犯バレンティンが次第に心を重ねていく … 続きを読む

amazon

page top