新生EXILE、第四章の幕開けを飾る新曲への意気込みを語る! 囲み取材詳報

2014年6月26日 / 20:12

 新メンバー5人が加入し、総勢19人となったEXILE。10日に都内で行われた合同会見では初めて19人でのパフォーマンスが披露された。“新生EXILE”としては初のシングル「NEW HORIZON」も7月23日にリリースされる。HIRO、MAKIDAI、AKIRA、TAKAHIRO、KENCHI、SHOKICHI、NAOKI、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、山本世界、佐藤大樹が現在の心境を語った。

新メンバー5人が加入し、総勢19人となったEXILE

 

―新生EXILE、第四章への意気込み、率直な思いを聞かせてください。

HIRO 昨年、パフォーマーを引退して見る景色が変わった。客観的にもよりワクワク感が増してパワーアップしているのを感じています。

MAKIDAI 5人が加わってパフォーマンスはもちろん活動の可能性も広がりました。今まで以上に輝きたい。

AKIRA よりチーム力を高めるため、自分自身に何ができるかを考えて全力を尽くしたいです。

TAKAHIRO 自分もオーディションで加入した経験があるので、それを生かしてこの変化をチャンスに変えて精進していきたいです。

KENCHI 自分より下の世代が入ってきて、めちゃめちゃ刺激をもらっている。

SHOKICHI 僕は第三章から加入して、その大きな理由がEXILEをつないでいくこと。今、その使命が果たせる大事な時が来たと思っています。

NAOKI 新メンバーを受け入れる立場で、EXILEの未来に何が必要かを考えてきた。自覚と責任感を新たに持って、気合全開で頑張りたいです。

―新メンバーの5人も意気込みをお願いします。

岩田 EXILEの勢いを加速するため、変化ではなく進化だったと言われるように精いっぱいやりたいです。より濃くて貴重な時間の中で、みんなと夢を追えることがうれしい。

白濱 なぜ自分が選ばれたのか、どうすればEXILEにとってプラスになるかを考えながら、目の前のことに全力で取り組みたい。

関口 EXILEの思い、期待に応えられるよう、応援してくれるファンの方々にも認めてもらえるように一生懸命頑張ります。

山本 これまでのEXILEへの思いをかみしめながら、日々過ごしています。21年間ダンスだけをやってきてよかった。人生をEXILEに捧げられるようにもっと頑張ります。

佐藤 EXILEの名に恥じないような活動をしたいです。自分がEXILEを見て思ったように、夢を持ってくれる人が1人でも多くいたらいいなと思う。

―新曲「NEW HORIZON」はどんな曲ですか? 

HIRO “新しい風を吹かせる”というテーマの、まさに新生EXILEにぴったりな楽曲。MVも強いEXILEの始まりを意識して表現しています。

TAKAHIRO EXILEにとって特別な楽曲になるはず。地平線を思わせるような神秘的な雰囲気がありながら力強いビートも効いていて、自分たちの夢や希望が詰まった新曲に仕上がったと思います。

―パフォーマンスの見どころを教えてください。

MAKIDAI MVにはHIROさんも出演していて19人が出ます。HIROさんからの既存のメンバーに継承されて新メンバーが誕生していくストーリーを壮大に表現しました。

NAOKI 18人のパフォーマンスがこんなにパワーがあるのかと驚くほどでした。EXILE史上最速というぐらい曲のテンポが速くて踊りも難しかったけれど、EXILEらしいニュアンスや空気感を出すため、リハーサルの時間を増やしたことで、熱いパフォーマンスになっていると思います。

―今後の展望と、ファンへのメッセージを一言。

HIRO 来年へ向けてつなげていくことも決まっているので、今年は新メンバーを中心に、自己紹介的な活動になるのでは。9月からツアーも始まるので、力を合わせて最高のパフォーマンスを見せていきたいです。1人でも多くの皆さんが笑顔になってもらえるように頑張るので、楽しみにしていてください。

 

“新生EXILE”としては初のシングル「NEW HORIZON」は7月23日リリース


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top