【軍師官兵衛インタビュー】金子ノブアキ「岡田さんに殺陣の指導をしてもらいました」 官兵衛の義理の兄弟、櫛橋左京進役を熱演

2014年3月27日 / 20:08

櫛橋左京進役の金子ノブアキ

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」に櫛橋左京進(くしはし・さきょうのしん)役で出演している俳優の金子ノブアキが、自身のクランクアップを前にインタビューに応じた。

  金子が演じる左京進は播磨国志方城主・櫛橋左京亮(益岡徹)の嫡男。青年期は近習として小寺政職(片岡鶴太郎)に仕え、黒田官兵衛(岡田准一)をよそ者と侮り嫌う。やがて、妹の光(中谷美紀)が官兵衛と結婚し、義理の兄弟となるが関係は改善せず、家督を継いでからも官兵衛と対立。さらにもう一人の妹・力(酒井若菜)が嫁いだ上月城を攻め落とした官兵衛に深い遺恨を抱くようになる。

―今回は官兵衛と反目し合う役どころですが、金子さんから見た左京進はどのような印象ですか?

  左京進は実在の人物ですが、詳しい史料は残っていないので、演じる中で左京進の本質をどこに見いだしたらいいのか悩みました。でも、光との別れのシーンで、「戦が無い世が来ると思いますか」と問い掛ける光に対して「分からない」と答えるところに、左京進の性格がよく表れていると感じました。左京進はごく普通の人で、あまり野心は持たず、家族が幸せに暮らせていけたらそれでいいと考えるような人だったのではないかと感じました。でも世の中の流れには逆らえず、領主としてのプライドもあり、やがて覚悟を決めていきます。見る方には嫌な人物に見えるかもしれませんが、官兵衛に焼きもちを焼いたり、感情をあらわにするのも、左京進が正直で愚直な性格だからだと思います。

―役作りをする上で心掛けたことをお聞かせください。

  まず、技術的な部分では乗馬の訓練をしました。これは自分の財産になったと思います。キャラクターに関しては、見ている方に「なんだこいつ」と思われる方がいいと感じたので、思いっ切り振り切って演じようと思いました。そして、左京進がいなくなったときに一抹の寂しさを感じてもらえたら、この役を全うしたことになると思いました。

 ―左京進の官兵衛に対する気持ちは単なる嫉妬心だけではなかったのでしょうか?

  左京進にとっては、自分の身の周りの世界が全てだったわけですから、才覚あふれる人物が外様として後から入ってきたことは脅威だったと思います。バレリーナを例に取れば、街のバレエ教室では自分がプリマバレリーナだったのに、とてもうまい転校生にその座を奪われてしまうみたいな(笑)。だから悔しくて腹いせに意地悪をする、そういう子どもじみた感じですかね。でも官兵衛をうらやましく思う一方で、左京進は自分の限界も分かっていたと思います。だから開き直って官兵衛とは違う方向に行ったのではないでしょうか。「俺は絶対にやれるんだ」と本気で思っていたら、また違っていたと思います。

―どこかで官兵衛と分かり合いたいという気持ちもあったかもしれないということですか?

 そうですね。自分が毛利側に付くという流れになっていく中で、官兵衛に「おまえの話はもう聞きたくない。帰れ」と言うシーンがあります。でも、それは「おまえが嫌いだ」というよりも、本音は「分かっている。でも聞きたくない」「俺はこのまま行くしかないから行かせてくれ」ということなんだと思います。そのシーンは、僕と岡田くんが目線のやり取りだけで「最後まで同じ方向に進むことはできなかったな」と言い合っているようで切なかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top