柳葉敏郎、理想のリーダー像を語る 「僕にとっても永遠のテーマです」

2014年3月14日 / 17:33

(左から)高梨臨、柳葉敏郎、中村蒼

 BSテレビ局・Dlife初のオリジナル日本ドラマ「東京ガードセンター」に出演する俳優の柳葉敏郎、中村蒼、高梨臨がインタビューに応じた。

 ドラマは、昼夜を問わずに寄せられる警備システムからの非常通報に対応する「ガードセンター」を舞台に、深刻な事件からイタズラまで、一つ一つに迅速かつ的確な判断を下して対処する“監視員”たちの活躍を描く。

―この作品はDlife初の日本の連続ドラマということで、柳葉さんにとっても新たな挑戦になると思いますが、オファーを聞いたときの率直な感想は。

柳葉 僕の人生のテーマとして、「何事にも挑戦」という気持ちを持って仕事でもプライベートでもやっているつもりなので、物事に挑戦するということに関して、また一つステージを与えてもらったのかなと思います。作品を作るに当たって思いを一つにして取り組むということは、自分のやりがいとして大きなものになるので最高です。

―ガードセンターが舞台という珍しいドラマですが、このテーマについてどう思いますか。

柳葉 皆さんもそれほど見たことがないテーマだと思うので、そこに対する楽しみは持っています。見ていただく方にも新鮮な思いで見てもらいたいと思うし、そのためには僕たちも新鮮な気持ちで演じなきゃいけないなと思うので、その使命を果たすことが僕のチャレンジなのかなと思います。

―皆さん、どんなふうに演じていきたいと考えていますか。

柳葉 僕が演じる戸倉真実という男はセンター長なので、まずは部下たちに信頼されなければ話にならないと思います。戸倉は何を思って何を感じてそこに至るのかということを何らかの形で提供しながら、この仕事はきっとチームワークですから、その仕事をしっかりまとめるところにいないといけないので、周りをしっかり見て判断する人間になれるように役作りをしていきたいです。

中村 僕が演じる佐々岡守という人物は、現場に入って間もないという設定なのでマニュアルっぽくないというか。周りの人の小さなしぐさにも気付いているはずなので、助けを求めてくる人ときちんと向き合って、真っすぐに演じられたらいいなと思います。

高梨 私の役はキャラクター的にはしっかり者のあねご肌かなと思いますが、完璧な人間ではないですし、現場に入ってから皆さんとお芝居をしながらキャラクターを作り上げていきたいなと思います。

―センター長という新たなリーダー像を演じる柳葉さんですが、柳葉さんが考える理想のリーダー像とはどんな方ですか。

柳葉 僕が思っている理想のリーダー像は、何事にも動じないというか、とにかくでかい人。最近、自分の失敗をきちんと次の世代に伝えられる人は、もしかしたらすごいリーダーなんじゃないかなって思ったんです。僕の場合は家族の大黒柱としてですが、これはもう僕にとっても永遠のテーマです。

―最後に視聴者に向けてメッセージをどうぞ。

柳葉 あまり見たことのない世界が描かれているので、それをまず楽しみにしてほしいということと、それから、あとは若い2人に任せます(笑)。

中村 僕ですか(笑)。僕もこの作品を通してこういう人たちがいることを知ったので、皆さんもそこを感じてくれたらうれしいですし、一話重ねるごとに登場人物がどんな人物なのか分かるので、共に感情移入して楽しんでいただければいいなと思います。あとは高梨さんに任せます(笑)。

高梨 「東京ガードセンター」って聞いただけでは、何だか分からないと思うんですけど、まずは見てみてほしいなって思います。私も初めは何も分からなかったけど、台本を読んだらすごい人間ドラマがあって、ストーリーとしても面白かったので、ぜひ見ていただければと思います。

―見事なパス回しでしたね。

 柳葉 うん、よし。彼らが動いて何ぼなんでね(笑)。

「東京ガードセンター」

ドラマ情報
「東京ガードセンター」はDlifeで毎週木曜日午後11時からスタート(各話30分・全12話)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編 ついに完結へ 阿久津仁愛インタビュー 自信あふれるテニミュ愛「本当にこれが青春」

舞台・ミュージカル2019年11月15日

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編が、12月19日~24日の東京公演を皮切りにスタートする。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本作では、2勝2敗と混戦を極め … 続きを読む

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

page top