堂本光一「今の自分の全てをささげている舞台」 「SHOCK」上演1400回達成!

2016年3月15日 / 15:09

 堂本光一主演のミュージカル「Endless SHOCK」が14日、東京都内の帝国劇場で上演され、夜の部で「SHOCK」シリーズの上演1400回を達成。終演後、堂本は、観客のほか、サプライズで駆けつけた俳優の市村正親から祝福を受けた。

 本編終了後に行われたセレモニーで堂本は「何も(心の)用意をしていなかった」と目を丸くさせながら、ライバル役の屋良朝幸、オーナー役の前田美波里ら出演者と共に観客の歓声に応えた。舞台上には、2月公演に出演したジャニーズJr.のユニット「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大と越岡裕貴の姿もあった。

 前田は花束と共に「(舞台のテーマでもある)『ショー・マスト・ゴー・オン』の精神を貫き、数々の困難を乗り切って今日を迎えられています。共演者は皆、あなたのことを誇りに思っています」とコメントし、堂本の頬にキスをして祝福した。

 「ミス・サイゴン」など、数々の帝国劇場の舞台に出演している市村は「1400回おめでとう!」とハグでたたえ、「ぜひ何か一緒にやらせて。(自分も)出たい」と共演を熱望。堂本は謙遜しながらも「ありがとうございます! 本当に実現させたいです」と笑顔で応えた。

 その後、舞台上で行われた囲み取材で、堂本は市村の登場に「びっくりした。別の作品で共演できたらすてきじゃないですか? 僕も期待して待っています」と語り、31日まで行われる本公演については「今のところ大きなアクシデントはない。すごく大事なシーンでくしゃみをしたくなったりとかいろいろあるけど、毎日そういうこととの勝負です」とちゃめっ気たっぷりにコメント。

 また「どんなことがあっても、カンパニーの全員がこのステージを支えてくれる形ができている。本当に心強いです」と舞台を支える全ての人たちに感謝の言葉をささげた。

 「『SHOCK』は今の自分の全てをささげている舞台」と言い切り、「皆さんからは『次は1500回』などと言っていただけますが僕自身は次があると思ってやっていなくて。今日という日が全てという思いでやらせていただいている。なによりも僕はカンパニーの皆さんのことが大好き。観客の皆さん、カンパニーのみんながいてステージに立てる。その気持ちを乗せて、これからもステージに立たせていただけたらという気持ちでいっぱいです」と熱く語る堂本に、観客、そして共演者からも温かい拍手が送られた。


芸能ニュース

藤森慎吾(左)と宮川大輔

藤森慎吾、アフレコは「圧倒的に僕の方がうまい」 宮川大輔は藤田ニコル母と“同い年”に衝撃

イベント2016年8月24日

 映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影〈シャドウズ〉』公開直前イベントが24日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた宮川大輔、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、スペシャルゲストとして藤田ニコル、田中若葉、鶴嶋乃愛、東海林クレ … 続きを読む

ポッキーの新TVCMに出演する三代目J Soul Brothersの3人

三代目JSBがCM撮影で高校を電撃訪問! 生徒たちと“新シェアハピダンス”をセッション

CM2016年8月24日

 人気ダンス&ボーカルグループ・三代目J Soul Brothersの小林直己、岩田剛典、登坂広臣の3人によるプロジェクト「THE Sharehappi」が出演する、江崎グリコのポッキーの新TVCMが9月1日から全国でオンエアされる。  「 … 続きを読む

 舞台「さがり」の制作発表会見に登場した(前列左から)椿鬼奴、小川菜摘、黒沢かずこ(後列左から)金成公信(ギンナナ)、平田裕一郎、兼崎健太郎

椿鬼奴「44歳は夏を乗り切るのも大変…」 木村拓哉と中居正広の体調を気遣う

トレンド2016年8月24日

 舞台「さがり」の制作発表会見が24日、東京都内で行われ、出演者の小川菜摘、椿鬼奴、黒沢かずこ(森三中)ほかが登場した。 続きを読む

 イベントに登場した山本耕史

山本耕史、「序盤からしつこいけど…」 家族アピールの質問にタジタジ

トレンド2016年8月24日

 「新型セレナ公道デビュー ♯BIG♯EASY♯FUN体験イベント」が24日、神奈川県横浜市で行われ、ゲストとして俳優の山本耕史とタレントのパパイヤ鈴木が登場した。 続きを読む

料亭のおかみを演じる観月ありさ

観月ありさ、おかみ役に意気込み 「しっとり感を出していけたら」

ドラマ2016年8月23日

 プレミアムドラマ「隠れ菊」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の観月ありさ、緒川たまき、前川泰之が出席した。  ドラマの主人公は、浜名湖畔の料亭「花ずみ」を引き継いだ上島通子(観月)。夫(前川)からの突然の離婚通告、料亭の倒産に多額 … 続きを読む

more
page top