【インタビュー】「はぶらし/女友だち」 内田有紀「女性とのお芝居は相手の人生が透けて見えるのが楽しい」池脇千鶴「単なる悪人にならないよう役作りに気を付けた」

2016年1月1日 / 06:07

 NHK-BSのプレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」で、37歳独身の売れっ子脚本家・鈴音を演じる内田有紀と、鈴音の同級生でシングルマザーの水絵を演じる池脇千鶴。本作は20年ぶりに再会した同級生によって“今の幸せ”が侵食されていく恐怖を描く。二人がドラマの魅力と女友達の難しさについて語る。

池脇千鶴(左)と内田有紀

池脇千鶴(左)と内田有紀

 

-撮影の様子はいかがでしたか。

内田 スケジュールがタイトだったので、3日間空いただけでも、(池脇と)随分会っていない感じがしました。それぐらい濃密な撮影だったから、会えないと寂しくなりました。

池脇 内田さんとは何年も前に舞台でご一緒したのですが、絡みはなかったので、ちゃんとお芝居するのはほとんど初めて。私たちはもちろん、スタッフもヘトヘトになる過酷な撮影でしたが、内田さんがずっとリーダーシップを取りながら、「息、抜いていこうね」と言っていただいたので助かりました。

-演じていてつらかったことは?

内田 撮影が終わって気付いたのは“ストレスを感じていたんだな”ということ。基本的に鈴音の役は、自分から行動するというより、水絵の行動を受け入れてリアクションするという、受け身のお芝居が続いていたので…。受け身の生活をしている人って、こんなにもストレスがたまるんだと驚きました。

脇 私が演技で気を付けていたことは、お芝居をあまりにもやり過ぎないこと。水絵を単なる悪人にしないこと。“しめしめ”とか、“ほくそ笑む”とか、“今、罠をかけたぞ”といった分かりやすいお芝居にはしたくなかった。あくまでも自然に、こういう人って本当にいるよね…という感じにしたかった。そんな中、監督からちょっとやり過ぎた演技を要求されることもあって、私は結構葛藤はありました(笑)。

内田 私と池脇さんがこのドラマをやるに当たって目指したのは、演技の上で決してうそをつかないことでした。物語を面白くするために、お芝居で小さなうそを積み重ねるのはしたくないね。こういう人が本当にそこにいるんだと、皆さんに感じていただけるお芝居をしていこうと話しました。

-後半では、金子ノブアキさん演じる灘をめぐっての三角関係も見られますが、二人にとって彼の存在とはどういうものだったのでしょう。

内田 灘さんは、鈴音にとっては“癒やしの人”ですね。鈴音は(尾美としのり演じるドラマプロデューサーの)柳井さんと不倫関係にあって、自分の身の丈に合わない恋愛を続けていた。脚本の仕事がうまくいっているのも柳井さんのおかげであったり、恋愛と仕事が一緒に進行するような状況に実は疲れていたと思うんです。だから水絵が言った「合わないよ、柳井さんとは…」という言葉は的を射ているんです。これは鈴音に憧れを持っている水絵ならではの直観だと思います。

池脇 そうなんです。今回、お芝居をするに当たって、水絵のいろんな部分を把握するために、最初に“水絵という人は…”と思い付いたことを紙に書き出しました。第一に、息子の耕太が何よりも大事。でも、鈴音のこともすごく大事。水絵が灘さんのことを好きになるのは、鈴音に憧れすぎているが故の行動なんです。水絵は確かに灘さんに引かれている。でも、本当は「鈴音には、柳井さんより灘さんの方が合っているよ」と伝えたい。それが、また水絵の場合は過激な行動に出て、とんでもない結果になるのですが(笑)。

-実際に書きだした水絵のキャラクターとは?

池脇 「おどおどしているようで堂々としている」、「すごく図々しくて厚かましい」、「お願いごとをする時は、すごく恐縮して見せるのに、“ここに住んでます”と言わんばかりの存在感」といった感じでしょうか。

-内田さんは、来年、民放のドラマ(フジテレビの「ナオミとカナコ」)でも“女性同士”の物語に出演されますが、女同士がテーマの作品をどう捉えていますか。

内田 女同士でがっつりとお芝居するのは好きですね。女優さんと向き合ってお芝居すると、相手がどういう生き方をしてきたのかが透けて見えてくるので、それを感じるのがとても楽しい。“あ~、この人はこういう感じで生きてきたんだな”と…。プライベートなおしゃべりをすれば、もちろんお互いを知ることはできるのですが、お芝居を通して相手が見えてくる感じがゾクゾクして好きです(笑)。今回は、とにかく池脇さんとお芝居できることがとても楽しかったです。

-逆にご自身も相手の女優さんから見られている?

内田 きっと見えていると思いますよ(笑)。だから今の自分が持っている“すべてを見せる”覚悟でいつも演じています。

-本作は“女友達との距離感”がテーマでもあります。お二人は誰かと仲良くなりたいなと思った時、どのように距離感を縮めていきますか。

内田 私、距離感の縮め方が分からないんですよ(笑)。たぶん、池脇さんも同じだと…。

池脇 そうそう、分からないんですよ(笑)。月に何回連絡を取れば友達なのかとか…。自然でいいのに急に緊張しちゃう。好きで仲良くなりたい、でも仲良くする方法が分からない、という感じです(笑)。

内田 だから、昔から仲が良い子とはずっと仲良がいいというのが、私たちの共通点なんです。

ドラマはBSプレミアムで1月5日、午後11時15分から毎週火曜日に放送。


特集・インタビュー

(C)2015 「二重生活」フィルムパートナーズ

【映画コラム】新感覚の心理サスペンス『二重生活』

映画2016年6月25日

 小池真理子の同名小説を映画化した異色サスペンス『二重生活』が公開された。ドラマ「開拓者たち」(12)や「ラジオ」(13)などで知られる岸善幸が原作を大胆に脚色し、自身の映画監督デビュー作とした。  大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、担当教 … 続きを読む

小山田茂誠を演じている高木渉

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第6回 高木渉&新納慎也 大河ドラマ初出演で存在感を発揮 「真田丸」

ドラマ2016年6月21日

 豊臣の大軍に包囲された北条氏政(高嶋政伸)に降伏を薦めるため、小田原城に潜入した真田信繁(堺雅人)。降伏反対派の兵士たちの襲撃を受けた窮地を救ったのは、あの男だった…。  「真田丸」第23回「攻略」のラストに登場した信繁の義兄・小山田茂誠 … 続きを読む

北条氏政役の高嶋政伸

「実は汁かけ飯の話は僕と父の間にもあるんです」高嶋政伸(北条氏政) 【真田丸 インタビュー】

ドラマ2016年6月19日

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、名門北条家の4代目として戦国の世に確かな存在感を残した北条氏政を演じている高嶋政伸。あくが強く振り幅の広い役柄を表現する苦悩を語る。   -氏政の人物像は?  脚本の三谷幸喜さんから『クォ・ヴァデ … 続きを読む

(C) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

【映画コラム】好きか嫌いか自分の目で確かめるべし『10クローバーフィールド・レーン』

映画2016年6月18日

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)などのヒットメーカー、J・J・エイブラムスが製作を担当した異色スリラー『10クローバーフィールド・レーン』が公開された。監督は本作が長編デビューとなったダン・トラクテンバーグ。  車の追突事故で … 続きを読む

(C)2015 「二重生活」フィルムパートナーズ

【インタビュー】『二重生活』門脇麦 「他人を見ているつもりでも、結局そこに自分自身が見えてくる」

映画2016年6月17日

 大学院の哲学科に通う女性が、研究のために見ず知らずの他人を尾行し始めたところ、相手の秘密を知ってしまい、やがて尾行にのめり込んでゆく…。ソフィ・カルの『本当の話』の“哲学的尾行”をモチーフにした直木賞作家・小池真理子の小説を、「開拓者たち … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top