勝新太郎」に関連する件の記事

「西郷が次の時代に向かっていく根源的なエネルギーを受け渡したいと思いながら演じていました」渡辺謙(島津斉彬)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年4月22日

 薩摩藩主として幕政改革を目指した島津斉彬が、志半ばにして非業の死を遂げた。敬愛する主君を失った吉之助(鈴木亮平)の生涯は今後、大きな波乱を迎えることとなる。第1回からその圧倒的な存在感で作品を支えてきた斉彬役の渡辺謙が、撮影の舞台裏、「俳優としての基礎・・・続きを読む

「強いだけではない、信玄の人間味を出せれば…」松平健(武田信玄)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年7月21日

 物語の序盤から幾度となくその存在がほのめかされてきた“甲斐の虎”武田信玄が、満を持して第28回(7月16日放送)から登場。勢力拡大を狙って、窮地に陥った今川に襲いかかろうとしている。平和な国造りを目指す直虎(柴咲コウ)の運命を大きく左右することになるこの戦国大・・・続きを読む

【芸能コラム】綾瀬はるかに転機をもたらすハードなアクション 「精霊の守り人 悲しき破壊神」

ほぼ週刊芸能コラム2017年2月3日

 綾瀬はるかにとって、アクションは転機をもたらす存在である。  そう言うと、首をかしげる人が多いかもしれない。現在公開中の『本能寺ホテル』などコメディーで活躍する一方、カンヌ国際映画祭に出品された『海街diary』(15)では、四姉妹の長女役を好演。今や日本の・・・続きを読む

市川海老蔵、新作歌舞伎で目力を封印! 5歳の娘の“大人”対応に感心

TOPICS2016年11月28日

 「六本木歌舞伎 第二弾」の制作発表会が28日、東京都内で行われ、出演者の市川海老蔵、寺島しのぶ、演出の三池崇史監督が出席した。 本作は、盲目の侠客が驚異的な抜刀術で悪人を成敗する時代劇「座頭市」を、リリー・フランキーが新解釈で脚色し、三池監督が色づけし・・・続きを読む

【インタビュー『アングリーバード』】“日本一の怒りんぼう”坂上忍がアニメのアフレコに初挑戦 「ゆがみを持った人にお薦めしたい」

インタビュー2016年9月26日

 飛べない鳥たちが平和に暮らす島バードアイランドを舞台にしたアニメーション映画『アングリーバード』が10月1日から公開される。“日本一の怒りんぼう”として、太い眉毛がトレードマークで怒りん坊のレッドの日本語吹き替えに起用された坂上忍がインタビューに応じ、ア・・・続きを読む

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第12回 小日向文世 大河ドラマで演じてきた“最期の時” 「真田丸」

コラム2016年8月2日

 本格的な登場となった第14回「大坂」以来、天下人としての底知れない恐ろしさを見せつけてきた豊臣秀吉。ここにきて急激に衰え、同じことを繰り返す、居並ぶ大名たちの前で失禁するなど、すさまじい姿を披露している。 そんな秀吉に遂に最期の時が訪れる。秀吉役が好評の・・・続きを読む

【インタビュー】「トットてれび」中村獅童 「ニュースもプロレスもドリフターズも全部テレビで覚えた」 昭和の象徴・渥美清を演じる思いを語る 

インタビュー2016年6月10日

 女優の満島ひかりが黒柳徹子役を好演中のNHKドラマ「トットてれび」で、黒柳の盟友の一人だった渥美清を演じている歌舞伎俳優の中村獅童。実は渥美とは縁があるという獅童は「渥美さんをやらせていただくのは怖いし、語り尽くせない僕の思いもある」と秘めた思いと葛藤・・・続きを読む

岡田准一、司会者としての成長を実感 「知りたい有名人は勝新太郎さん」

TOPICS2014年9月26日

 NHK・BSプレミアムの歴史番組「ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~ season3」の取材会が26日、東京都内で行われ、司会を務める岡田准一が出席した。  番組は、歴史好きの岡田が古今東西の有名人物が織り成す“感動の生涯”をナビゲート。season・・・続きを読む

本郷功次郎さんをしのぶ会 デヴィ夫人「りりしい日本男児を感じさせた」

ニュース2013年4月12日

 今年2月14日に心不全のため74歳で亡くなった俳優の本郷功次郎さんをしのぶ会が12日、神奈川県横浜市で行われ、故人と親交のあった横光克彦氏、藤巻潤、デヴィ夫人、高木ブーら約190人が出席した。 祭壇の中心には10年ほど前に撮影されたりりしい表情の写真が・・・続きを読む

  • 1

page top