アンソニー・ホプキンス」に関連する件の記事

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

ほぼ週刊映画コラム2021年5月12日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられる。だが、アン・・・続きを読む

【芸能コラム】第93回アカデミー賞最大のサプライズ! 主演男優賞決定の理由を考察

コラム2021年5月3日

 4月25日(日本時間26日)に開催された第93回アカデミー賞授賞式。コロナ禍による異例づくめのセレモニー中、最大のサプライズとなったのが主演男優賞だった。5人の候補者の中で最有力と見られたのは、『マ・レイニーのブラックボトム』(Netflix配信中)のチャドウィック・・・続きを読む

【映画コラム】Netflixオリジナル作品からアカデミー賞を振り返る

ほぼ週刊映画コラム2021年4月29日

 4月25日(日本時間26日)に行われた第93回アカデミー賞は、車上生活を送る高齢女性労働者を描いた『ノマドランド』が作品、監督(クロエ・ジャロ)、主演女優(フランシス・マクドーマンド)の各賞を受賞したが、動画配信サービスNetflixオリジナルの16作品が、38部門の最・・・続きを読む

「第93回アカデミー賞」授賞式 『ノマドランド』が、作品、監督、主演女優賞を受賞

TOPICS2021年4月26日

 「第93回アカデミー賞」の授賞式が、現地時間25日(日本時間26日)に、米ロサンゼルスで行われ、『ノマドランド』が、作品、監督、主演女優賞を受賞した。  同作は、車上生活を余儀なくされた60代の女性が、季節労働の現場を渡り歩くさまを、現代の“ノマド(遊牧・・・続きを読む

【芸能コラム】コロナ禍で開催される異例づくめの第93回アカデミー賞。主要6部門の行方は!?

コラム2021年4月22日

 コロナ禍の影響で映画の公開延期や映画館の休館が相次ぎ、映画界も大きく様変わりした2020年。ハリウッドの祭典、第93回アカデミー賞も従来から2カ月ほどずれ込み、4月26日(日本時間)に開催されることとなった。また、今回に限り「劇場公開作品のみ」という前提条件を・・・続きを読む

【映画コラム】広がり続けるマーベルシリーズ『マイティ・ソー バトルロイヤル』

ほぼ週刊映画コラム2017年11月4日

 「アベンジャーズ」の一員でもあるマイティ・ソーが主人公を務めるシリーズ第3作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が公開された。  父オーディン(アンソニー・ホプキンス)を失ったソー(クリス・ヘムズワース)の前に、アスガルドの乗っ取りをたくらむ死の女神・・・続きを読む

藤岡弘、日本刀で前代未聞の鏡割り 「割れて良かった」と安堵の表情

TOPICS2016年10月3日

 海外ドラマ「ウエストワールド」のジャパンプレミア試写会が3日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務める俳優の藤岡弘、が登壇した。 本作は、J・J・エイブラムス制作総指揮、アンソニー・ホプキンスら豪華キャストが話題のSFミステリー。西部劇の世界を再現したテーマ・・・続きを読む

イ・ビョンホン「倍返し!」と絶賛 『RED リターンズ』ジャパンプレミア

TOPICS2013年11月25日

 映画『RED リターンズ』の来日ジャパンプレミアが24日、東京都内で行われ、英国人女優のヘレン・ミレンと韓国人俳優のイ・ビョンホンが登場した。  同作は、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレンらがCIAを引退した一流スパイチームを演じた・・・続きを読む

【映画コラム】 夫婦の視点から映画製作の舞台裏を描いた『ヒッチコック』

ほぼ週刊映画コラム2013年3月30日

 『レベッカ』『裏窓』『めまい』『北北西に進路を取れ』『鳥』など数多くの名作を残し、“サスペンスの神”と呼ばれた映画監督アルフレド・ヒチコック。彼の晩年の傑作である『サイコ』の製作の舞台裏を描いた『ヒッチコック』が4月5日から公開される。  本作は、ヒチ・・・続きを読む

  • 1

amazon

アクセスランキング RANKING

page top