浅野忠信、記者が選んだ主演男優賞に涙  「情熱を傾けられるのが役者しかなかった」

2015年2月12日 / 19:19

 主演男優賞を受賞した浅野忠信

 在京スポーツ7紙の映画担当記者が選ぶ「第57回 ブルーリボン賞」授賞式が12日、東京都内で行われ、受賞者の浅野忠信、安藤サクラ、池松壮亮、小林聡美、小芝風花ほかが出席した。

 震災で家族を失った少女と、引き取った遠縁の男の近親相姦(そうかん)を描いた問題作『私の男』で主演男優賞を受賞した浅野は、「ありがとうございます。記者の方が実際に目で見て判断してくださった賞と聞いて、最初に知らせを聞いた時は本当にうれしかったです」と感謝のスピーチ。

 続けて「ずっと一生懸命やってきて…なんですかね。自分で情熱を傾けられるものが…役者しかなかったので…」と声を震わせた浅野は、涙をこらえながらしばらく間を置き、「こういう賞を貰えたのが本当にうれしいです」と声を絞り出し、会場からは温かい拍手を浴びた。

 また“禁断の愛”を描いた本作にちなみ「浅野さんにとっての愛とは?」と司会の貫地谷しほりから聞かれた浅野は「そうですね。そういうことを考えられたら離婚もしなかったと思います」と自虐コメント。同賞受賞により、来年の司会が決定したが、意気込みを問われると「みかんの袋でもかぶって出てこようと思います」と先日話題となった自身の投稿写真を引き合いに、会場を笑わせた。

 一方、『紙の月』『ぼくたちの家族』『海を感じる時』の3作品で助演男優賞を受賞した池松は「皆さん1作品(での選出)なのに、僕だけ“合わせ技”みたいですみません」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。大胆なラブシーンにも果敢に挑戦し、司会の高良健吾から「ちまたでは、目を閉じてても前張りは着けられると聞いたんですが本当ですか?」と突っ込まれると「あ、今日も着けてます」と冗談を交え、笑いを誘った。

なお、安藤が『0.5ミリ』と『百円の恋』で主演女優賞、小林が『紙の月』で助演女優賞、小芝が『魔女の宅急便』で新人賞をそれぞれ受賞。作品賞は、本木克英監督の『超高速!参勤交代』、監督賞は『そこのみにて光輝く』の呉美保監督、外国作品賞は『ジャージー・ボーイズ』が受賞した。

 


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top