浅野忠信、記者が選んだ主演男優賞に涙  「情熱を傾けられるのが役者しかなかった」

2015年2月12日 / 19:19

 主演男優賞を受賞した浅野忠信

 在京スポーツ7紙の映画担当記者が選ぶ「第57回 ブルーリボン賞」授賞式が12日、東京都内で行われ、受賞者の浅野忠信、安藤サクラ、池松壮亮、小林聡美、小芝風花ほかが出席した。

 震災で家族を失った少女と、引き取った遠縁の男の近親相姦(そうかん)を描いた問題作『私の男』で主演男優賞を受賞した浅野は、「ありがとうございます。記者の方が実際に目で見て判断してくださった賞と聞いて、最初に知らせを聞いた時は本当にうれしかったです」と感謝のスピーチ。

 続けて「ずっと一生懸命やってきて…なんですかね。自分で情熱を傾けられるものが…役者しかなかったので…」と声を震わせた浅野は、涙をこらえながらしばらく間を置き、「こういう賞を貰えたのが本当にうれしいです」と声を絞り出し、会場からは温かい拍手を浴びた。

 また“禁断の愛”を描いた本作にちなみ「浅野さんにとっての愛とは?」と司会の貫地谷しほりから聞かれた浅野は「そうですね。そういうことを考えられたら離婚もしなかったと思います」と自虐コメント。同賞受賞により、来年の司会が決定したが、意気込みを問われると「みかんの袋でもかぶって出てこようと思います」と先日話題となった自身の投稿写真を引き合いに、会場を笑わせた。

 一方、『紙の月』『ぼくたちの家族』『海を感じる時』の3作品で助演男優賞を受賞した池松は「皆さん1作品(での選出)なのに、僕だけ“合わせ技”みたいですみません」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。大胆なラブシーンにも果敢に挑戦し、司会の高良健吾から「ちまたでは、目を閉じてても前張りは着けられると聞いたんですが本当ですか?」と突っ込まれると「あ、今日も着けてます」と冗談を交え、笑いを誘った。

なお、安藤が『0.5ミリ』と『百円の恋』で主演女優賞、小林が『紙の月』で助演女優賞、小芝が『魔女の宅急便』で新人賞をそれぞれ受賞。作品賞は、本木克英監督の『超高速!参勤交代』、監督賞は『そこのみにて光輝く』の呉美保監督、外国作品賞は『ジャージー・ボーイズ』が受賞した。

 


芸能ニュースNEWS

「女の戦争」暴漢に立ち向かう古川雄大に「さすが王子」 犯人予想も加速「麗奈が怪しくなってきたけど…」

ドラマ2021年7月25日

 古川雄大が主演するドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」(テレビ東京系)の第4話が、24日に放送された。  本作は、御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川)を巡って繰り広げられた女性たちのバトルと、その末にたどり着いたバチェラーの死を描いた愛 … 続きを読む

比嘉愛未が渡邊圭祐を育てる「推しの王子様」 「リアルケント様が成長していく姿が楽しみ」

ドラマ2021年7月23日

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第2話が、22日に放送された。  本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛けるベンチャー企業の社長・日高泉美(比嘉)が、フリーターの五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるた … 続きを読む

「ハコヅメ」戸田恵梨香&永野芽郁らの“道着姿”に反響 「りりしい姿での弱々しい訓練に笑った」

ドラマ2021年7月22日

 戸田恵梨香と永野芽郁がW主演するドラマ「ハコヅメ~たたかう! 交番女子~」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。  本作は、ワケあり元エース刑事の藤聖子(戸田)と、天然新人の警察官・川合麻依(永野)の交番勤務コンビが、事件や雑務 … 続きを読む

「ただリコ」“萌”萩原みのりの演技が「すご過ぎる」 「狂気の沙汰に引き込まれた…怖過ぎる」

ドラマ2021年7月22日

 Kis―My―Ft2の北山宏光が主演するドラマ「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)の第3話が、21日に放送された。  本作は、夫の不倫をきっかけに、夫婦に巻き起こる戦慄(せんりつ)の展開を描いた不倫サスペンス。(※以下、ネタバレあり) … 続きを読む

町田啓太、自身の絵力は「ちょっと分からない…」 葛飾北斎の作品は「描かれている人物が魅力的」

イベント2021年7月22日

 生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」オフィシャルアンバサダー記者取材会が21日、オンラインで行われ、俳優の町田啓太が登場した。  本展は、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の代表作である『北斎漫画』『富嶽百景』『冨嶽三十六景』の全ペー … 続きを読む

amazon

page top