妻夫木聡主演の映画『ジャッジ!』 永井聡監督が撮影秘話を明かす

2014年7月8日 / 17:29

(C)2014「ジャッジ!」製作委員会

 世界一のテレビCMを決める国際広告祭を舞台に、広告業界の裏側を描くコメディー映画『ジャッジ!』。7月9日(水)のブルーレイ&DVDリリースに先駆けて都内で特別上映会が催され、永井聡監督がゲスト登壇した。

 DVD用の音声解説を収録したばかりだという永井監督は、「今日は音声解説に収録できなかった撮影秘話もお伝えできれば!」と意気込みながら質疑応答を開始。来場者の中には映像業界を目指す若者もおり、「CMの世界で活躍なさっている監督が、映画を撮ろうと思われたきっかけは?」など、質問の内容は永井監督のキャリアにまで及んだ。

 

──この作品はフィクションとノンフィクションが入り混じっているそうですが、作品を見た広告業界の方々の反応は?

 コミカルに描いたのがよかったのか、広告業界の人たちは概ね喜んでくれました。「もっと際どい暴露ものかと思った!」との声もありましたね(笑)。今までにも広告業界の人間が登場するTVドラマは幾つかありましたが、あまりリアルな描かれ方じゃない。なので、業界をリアルに描いた点も、喜んでいただけました。「あの役のモデルはあの人でしょ?」とか、「あの役のモデルは俺だろ?」といった声も幾つかありましたね。実際、豊川悦司さんが演じたディレクターのような人もいます(笑)。

 

──監督自身、CMを作る中でむちゃぶりをされた経験はありますか?

 撮影が終わって編集も済んだ後、出演したタレントさんの洋服の色を変えるようにクライアントさんから言われたり。そういったことは結構ありますね。でも、優秀だからこそむちゃぶりをされるんだなと、そこは前向きに捉えています。

(C)2014「ジャッジ!」製作委員会

 

──冒頭に登場するきつねうどんのCMは、監督が作られたそうですね。

 キツネの着ぐるみがわりとリアルで、「怖い!」という声も上がりました(笑)。妻夫木(聡)くんも実際に中に入って踊ってくれたんですが、「すごく臭かった!」と言っていましたね。もちろん、スタントの方が入って踊っているシーンもあり、踊りにキレがないのが妻夫木くん、キレがあるのがスタントさん(笑)。そこはDVDで確認していただければと思います。

 

──CMの世界で活躍なさっている監督が、なぜ映画を撮ろうと思われたのですか?

 武蔵野美術大学で映像を専攻していたころから、映画を撮るのが夢だったんです。授業で学生映画のようなものを撮ることもあったんですが、それがすごく楽しくて。そんな中、中島哲也さんや石井克人さんら、CMの世界から映画の世界へ羽ばたいていかれた方々に憧れる気持ちもありました。CM作りも大好きで今後も続けていくつもりですが、映画監督でありたいなという気持ちは持ち続けていこうと思っています。

 

 質疑応答の後には、主演の妻夫木聡が劇中で実際に着用し、質疑応答の話題にも上った“キツネの着ぐるみ”が来場者をお見送り。永井監督、キツネの着ぐるみとのスリーショットを楽しむ来場者の姿も多く見られた。

キツネの着ぐるみと共に来場者をお見送りした永井監督

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月18日

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介「現場でみんなと話し合いながら作った映画。自分としても満足いく出来になりました」

映画2020年1月18日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。大学生の遼一は突然、恋人の杏子(蓮佛美沙子)が自分との記憶を全て失うという事 … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介「山田くんとの共演では、絶妙なバディ感を目指しました」

映画2020年1月17日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。本作では、「人の記憶を消すことができる」とうわさされる都市伝説“記憶屋”の存 … 続きを読む

「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月17日

 いよいよ1月19日から放送開始となる大河ドラマ「麒麟がくる」。大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が舞台となる本作では、「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を中心に、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)といった武将たち … 続きを読む

【映画コラム】事実を基にした物語『リチャード・ジュエル』と『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

映画2020年1月16日

 今回は、1月17日から公開される、事実を基にした映画を2本紹介しよう。どちらも、ドキュメンタリーとは違う、劇映画ならではの工夫や面白さが感じられる。まずはクリント・イーストウッド通算40作目の監督作品『リチャード・ジュエル』から。  19 … 続きを読む

page top