妻夫木聡主演の映画『ジャッジ!』 永井聡監督が撮影秘話を明かす

2014年7月8日 / 17:29

(C)2014「ジャッジ!」製作委員会

 世界一のテレビCMを決める国際広告祭を舞台に、広告業界の裏側を描くコメディー映画『ジャッジ!』。7月9日(水)のブルーレイ&DVDリリースに先駆けて都内で特別上映会が催され、永井聡監督がゲスト登壇した。

 DVD用の音声解説を収録したばかりだという永井監督は、「今日は音声解説に収録できなかった撮影秘話もお伝えできれば!」と意気込みながら質疑応答を開始。来場者の中には映像業界を目指す若者もおり、「CMの世界で活躍なさっている監督が、映画を撮ろうと思われたきっかけは?」など、質問の内容は永井監督のキャリアにまで及んだ。

 

──この作品はフィクションとノンフィクションが入り混じっているそうですが、作品を見た広告業界の方々の反応は?

 コミカルに描いたのがよかったのか、広告業界の人たちは概ね喜んでくれました。「もっと際どい暴露ものかと思った!」との声もありましたね(笑)。今までにも広告業界の人間が登場するTVドラマは幾つかありましたが、あまりリアルな描かれ方じゃない。なので、業界をリアルに描いた点も、喜んでいただけました。「あの役のモデルはあの人でしょ?」とか、「あの役のモデルは俺だろ?」といった声も幾つかありましたね。実際、豊川悦司さんが演じたディレクターのような人もいます(笑)。

 

──監督自身、CMを作る中でむちゃぶりをされた経験はありますか?

 撮影が終わって編集も済んだ後、出演したタレントさんの洋服の色を変えるようにクライアントさんから言われたり。そういったことは結構ありますね。でも、優秀だからこそむちゃぶりをされるんだなと、そこは前向きに捉えています。

(C)2014「ジャッジ!」製作委員会

 

──冒頭に登場するきつねうどんのCMは、監督が作られたそうですね。

 キツネの着ぐるみがわりとリアルで、「怖い!」という声も上がりました(笑)。妻夫木(聡)くんも実際に中に入って踊ってくれたんですが、「すごく臭かった!」と言っていましたね。もちろん、スタントの方が入って踊っているシーンもあり、踊りにキレがないのが妻夫木くん、キレがあるのがスタントさん(笑)。そこはDVDで確認していただければと思います。

 

──CMの世界で活躍なさっている監督が、なぜ映画を撮ろうと思われたのですか?

 武蔵野美術大学で映像を専攻していたころから、映画を撮るのが夢だったんです。授業で学生映画のようなものを撮ることもあったんですが、それがすごく楽しくて。そんな中、中島哲也さんや石井克人さんら、CMの世界から映画の世界へ羽ばたいていかれた方々に憧れる気持ちもありました。CM作りも大好きで今後も続けていくつもりですが、映画監督でありたいなという気持ちは持ち続けていこうと思っています。

 

 質疑応答の後には、主演の妻夫木聡が劇中で実際に着用し、質疑応答の話題にも上った“キツネの着ぐるみ”が来場者をお見送り。永井監督、キツネの着ぐるみとのスリーショットを楽しむ来場者の姿も多く見られた。

キツネの着ぐるみと共に来場者をお見送りした永井監督

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top