西田敏行「ロケのときしか釣りはしない」 『あさ・ひる・ばん』舞台あいさつ

2013年11月29日 / 14:58

 (左から)斉藤慶子、西田敏行、桐谷美玲、國村隼、板尾創路、山寺宏一、やまさき十三監督

 映画『あさ・ひる・ばん』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の國村隼、板尾創路、山寺宏一、桐谷美玲、西田敏行、斉藤慶子、やまさき十三監督が登壇した。

 本作は、漫画『釣りバカ日誌』の原作者として知られるやまさき氏が、72歳で初監督を務めた人情コメディー。浅本(國村)、日留川(板尾)、板東(山寺)の元高校球児トリオ“あさひるばん“が30年ぶりに故郷・宮崎に戻って巻き起こす騒動を描く。

 主人公を演じた國村は「初日からこんなにたくさんのお客さんに来ていただいて感謝の気持ちでいっぱい」と感無量の様子。人情コメディーは日本映画独特のジャンルといい「自分が小学生のころ、登校途中に看板で見ていたような、そんな映画をほうふつとさせる作品に、今回作る側として参加できて本当にうれしい」と喜んだ。

 一方、劇中で國村との“釣り対決のシーン”がある西田は「國村さんはもともと釣りが趣味で難しいテクニックもお持ちで」と称賛し「私は『釣りバカ日誌』でも、ほとんどロケのときにしか釣りをしたことがない男でしたので…。本当にすみません」と語った。

 西田は「魚は食べるのは好きなんですが。細かいテグスを結んだりするのがどうも苦手でね」と苦笑交じりに明かしつつ「亡くなったスーさん役の三國(連太郎)さんなんかは『釣りなんかやらなくても魚は食べられるよ』みたいなことを、ロケしながら平気で言ってましたから」と語り、観客を笑わせた。


芸能ニュースNEWS

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

amazon

page top