西田敏行「ロケのときしか釣りはしない」 『あさ・ひる・ばん』舞台あいさつ

2013年11月29日 / 14:58

 (左から)斉藤慶子、西田敏行、桐谷美玲、國村隼、板尾創路、山寺宏一、やまさき十三監督

 映画『あさ・ひる・ばん』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の國村隼、板尾創路、山寺宏一、桐谷美玲、西田敏行、斉藤慶子、やまさき十三監督が登壇した。

 本作は、漫画『釣りバカ日誌』の原作者として知られるやまさき氏が、72歳で初監督を務めた人情コメディー。浅本(國村)、日留川(板尾)、板東(山寺)の元高校球児トリオ“あさひるばん“が30年ぶりに故郷・宮崎に戻って巻き起こす騒動を描く。

 主人公を演じた國村は「初日からこんなにたくさんのお客さんに来ていただいて感謝の気持ちでいっぱい」と感無量の様子。人情コメディーは日本映画独特のジャンルといい「自分が小学生のころ、登校途中に看板で見ていたような、そんな映画をほうふつとさせる作品に、今回作る側として参加できて本当にうれしい」と喜んだ。

 一方、劇中で國村との“釣り対決のシーン”がある西田は「國村さんはもともと釣りが趣味で難しいテクニックもお持ちで」と称賛し「私は『釣りバカ日誌』でも、ほとんどロケのときにしか釣りをしたことがない男でしたので…。本当にすみません」と語った。

 西田は「魚は食べるのは好きなんですが。細かいテグスを結んだりするのがどうも苦手でね」と苦笑交じりに明かしつつ「亡くなったスーさん役の三國(連太郎)さんなんかは『釣りなんかやらなくても魚は食べられるよ』みたいなことを、ロケしながら平気で言ってましたから」と語り、観客を笑わせた。


芸能ニュースNEWS

松井珠理奈、格闘技イベントのサポーター就任 「“ONE”の素晴らしさを伝えていけたら」

トレンド2019年9月17日

 「ONEチャンピオンシップ プレス発表会」が17日、東京都内で行われ、大会に出場する選手のほか、大会サポーターでSKE48の松井珠理奈、スポーツキャスターの荻原次晴氏、八木沼純子氏、俳優の照英、ダンテ・カーヴァーらが出席した。 続きを読む

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に杉咲花が再登場 「大好きな現場にまだまだいられる!」

ドラマ2019年9月17日

 現在放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。9月15日放送の第35回「民族の祭典」で、物語前半の第一部にシマ役で出演していた杉咲花が増野りく役で再登場した。  杉咲は当初、第1回からシマ役で出演。日本初のオリンピッ … 続きを読む

「記憶にございません!」大ヒット当確 中井貴一“首相”も満面の笑み

映画2019年9月14日

 映画『記憶にございません!』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、三谷幸喜監督と出演者の中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市ほかが登壇した。  配給の東宝によれば、本作は全国352スクリーンで封切られ、この … 続きを読む

ブラッド・ピット「次は仕事抜きで日本に来たい」 ファンの大歓声に迎えられ「ありがとう」と笑顔

映画2019年9月13日

 映画『アド・アストラ』ジャパンプレミアが13日、東京都内で行われ、主演のブラッド・ピットが登壇した。  本作は、宇宙飛行士のロイ(ピット)が、太陽系の彼方で消息を絶った父(トミー・リー・ジョーンズ)と、彼が残したある謎の答えを探すために宇 … 続きを読む

兒玉遥、HKT卒業後初仕事 「恩返しできるように頑張る」

舞台・ミュージカル2019年9月13日

 舞台「私に会いに来て」囲み取材が13日、東京都内で行われ、出演者の藤田玲、中村優一、兒玉遥、西葉瑞希、グァンス(SUPERNOVA)、栗原英雄が登壇した。  本作は、次々と起こる猟奇殺人事件の捜査を担当するため、ソウルから派遣されたキム刑 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top