日本アカデミー賞『ある男』が作品賞など最多8冠 主演の妻夫木聡「本当にうれしいです」と感涙

2023年3月11日 / 06:57

『ある男』が最優秀作品賞を受賞【写真提供:東京写真記者協会】

 「第46回日本アカデミー賞授賞式」が10日、東京都内で行われ、映画『ある男』が最優秀作品賞、最優秀監督賞(石川慶)、最優秀主演男優賞(妻夫木聡)、最優秀助演男優賞(窪田正孝)、最優秀助演女優賞(安藤サクラ)、最優秀脚本賞など、最多8部門で受賞した。

 本作は、芥川賞作家・平野啓一郎氏の同名小説を『愚行録』『蜜蜂と遠雷』の石川監督が映画化。亡き夫(窪田)の名が別人のものだったと知った妻(安藤)が、知り合いの弁護士(妻夫木)に身辺調査を依頼。次第に夫の壮絶な過去が明らかになっていく。

 3度目となる石川監督作品での主演で、最優秀主演男優賞に輝いた妻夫木は、名前を呼ばれて壇上に上がると、「いや、どうしよう。何も考えていなかった。まさか頂けるとは…」と驚きの表情を浮かべた。

 ブロンズ像を握りしめながら、「10年ぐらい前、『悪人』という作品で最優秀主演男優賞を頂いたのですが、そのときは舞台があって、現場にいられず中継でした。今回は実際に現場で頂けてうれしいです」と語った。

 撮影中は、以前、山田洋次監督から言われた「妻夫木くん、(現場に)あるということが大事なんだよ」という言葉を思い返していたという。

 「その言葉を頼りにずっとこの役を演じさせてもらいました。とにかくこの場にあるということ、存在することを大事にこの役を務めさせてもらいました」と振り返った。

 「とにかく僕は日本映画が大好きです。これからも日本映画を盛り上げていけるよう、皆さんと一緒にまた仕事ができたらうれしいです」と笑顔でスピーチした。

 そして、授賞式のラストでは、同作が最優秀監督賞と最優秀作品賞にも輝いた。石川監督は「今日たまたまこの賞を頂けましたが、これって多分バトンなんだなと感じております。先輩方が作った日本映画という大きな大河があって、それを僕らが紡いでいくのだと、受け止めています」とコメント。

 「難しい題材にこうしてチャレンジさせてくださった松竹の方々、原作を預けてくださった平野さんにお礼を申し上げたいと思います」と語った。

 出演者たちも再び壇上に上がり、喜びを分かち合った。この快挙に妻夫木は「本当にうれしいです。ごめんなさい。やばい…」と涙目に。

 「監督の(長編映画)デビュー作だった作品(『愚行録』)から一緒で。だから何というか、僕は彼の才能を一番間近で見てきたという自負があるので、こうして認めてくださったことが本当にうれしいです」と語った。

第46回日本アカデミー賞の受賞結果は以下の通り。

最優秀作品賞:『ある男』
最優秀監督賞:石川慶『ある男』
最優秀主演男優賞:妻夫木聡『ある男』
最優秀主演女優賞:岸井ゆきの『ケイコ 目を澄ませて』
最優秀助演男優賞:窪田正孝『ある男』
最優秀助演女優賞:安藤サクラ『ある男』
最優秀脚本賞:向井康介『ある男』
最優秀外国作品賞:『トップガン マーヴェリック』

新人俳優賞:小野花梨(『ハケンアニメ!』)/菊池日菜子(『月の満ち欠け』)/福本莉子(『今夜、世界からこの恋が消えても』)/生見愛瑠(『モエカレはオレンジ色』)/有岡大貴(『シン・ウルトラマン』)/番家一路(『サバカン SABAKAN』)/松村北斗(『ホリック xxxHOLiC』)/目黒蓮(『月の満ち欠け』)


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top