尾上菊之助「カムカムエヴリバディ」で桃山剣之介役 初代モモケンと2代目とでは「刀の構え方が違います」

2022年2月28日 / 08:16

桃山剣之介役の尾上菊之助 (C)NHK

 川栄李奈が3代目ヒロインのひなたを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。時代劇の大スター「モモケン」こと桃山剣之介を親子2代にわたって演じる尾上菊之助から、インタビューコメントが届いた。

 初代剣之介は映画で活躍し、息子の2代目はテレビ時代劇で活躍している、という役どころ。

 菊之助は「“朝ドラ”は必ずと言っていいほど見ていました。毎朝、心温まるストーリーに感動を頂いているので、このお話が決まったときは驚きました」と語った。

 また、親子2代の二役を演じる菊之助は、「親と子の差を出すにはどうしたらいいのか相談させていただきました」という。

 「恐らく、父親はスター然とした方だったのだろうと推察します。一般の方は近寄り難いというか、お手洗いに行くところや食べるところなどを見せず…、『ひょっとしてトイレに行かないんじゃないか』と思わせるような。そして、2代目になると『テレビの申し子』と言われるように、映画からテレビの時代になって、ひなたや母のるい(深津絵里)たちにも、親しみやすいスターとして存在したんじゃないかと思います」とイメージを語った。

 モモケンの殺陣に関しても、初代と2代目とでは違いがあるといい、「『黍之丞、見参!』というときの刀の構え方が違いますので、違い探しをしていただければと思っています」とアピールした。

 るいとひなたの印象を問われると、「るいやひなたと関わることによって、モモケンはすごく変化していきます。2人とご一緒するシーンは多くありませんが、とても意味のある、そして重みのあるシーンだと感じています」とコメント。

 演じる2人については、「深津さんはりんとされています。24時間、るいさんでいらっしゃるような感じがします。全てを背負って生きていらっしゃるんだな、というものを感じました。川栄さんは、ひなたという役名の通り、現場でもとても明るくて、温かくて、笑顔が絶えない方だなという印象です」と話した。


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top