尾上菊之助「カムカムエヴリバディ」で桃山剣之介役 初代モモケンと2代目とでは「刀の構え方が違います」

2022年2月28日 / 08:16

桃山剣之介役の尾上菊之助 (C)NHK

 川栄李奈が3代目ヒロインのひなたを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。時代劇の大スター「モモケン」こと桃山剣之介を親子2代にわたって演じる尾上菊之助から、インタビューコメントが届いた。

 初代剣之介は映画で活躍し、息子の2代目はテレビ時代劇で活躍している、という役どころ。

 菊之助は「“朝ドラ”は必ずと言っていいほど見ていました。毎朝、心温まるストーリーに感動を頂いているので、このお話が決まったときは驚きました」と語った。

 また、親子2代の二役を演じる菊之助は、「親と子の差を出すにはどうしたらいいのか相談させていただきました」という。

 「恐らく、父親はスター然とした方だったのだろうと推察します。一般の方は近寄り難いというか、お手洗いに行くところや食べるところなどを見せず…、『ひょっとしてトイレに行かないんじゃないか』と思わせるような。そして、2代目になると『テレビの申し子』と言われるように、映画からテレビの時代になって、ひなたや母のるい(深津絵里)たちにも、親しみやすいスターとして存在したんじゃないかと思います」とイメージを語った。

 モモケンの殺陣に関しても、初代と2代目とでは違いがあるといい、「『黍之丞、見参!』というときの刀の構え方が違いますので、違い探しをしていただければと思っています」とアピールした。

 るいとひなたの印象を問われると、「るいやひなたと関わることによって、モモケンはすごく変化していきます。2人とご一緒するシーンは多くありませんが、とても意味のある、そして重みのあるシーンだと感じています」とコメント。

 演じる2人については、「深津さんはりんとされています。24時間、るいさんでいらっしゃるような感じがします。全てを背負って生きていらっしゃるんだな、というものを感じました。川栄さんは、ひなたという役名の通り、現場でもとても明るくて、温かくて、笑顔が絶えない方だなという印象です」と話した。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top