「となりのチカラ」“チカラ”松本潤が“頼子”松嶋菜々子の親子問題解決に奔走 「切なくなったりホッとしたりできた」

2022年2月25日 / 06:53

松本潤(左)と松嶋菜々子 (C)テレビ朝日

 松本潤が主演するドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の第4話が、24日に放送された。

 本作は、主人公の中越チカラ(松本)が「人を救いたい」と、人の話を聞き、中途半端に他人の問題に関わり、力になろうと奮闘する、新時代のヒーローを描いた社会派ホームコメディー。脚本は「家政婦のミタ」などの遊川和彦氏。(※以下、ネタバレあり)

 チカラは、中越家の隣に住む道尾頼子(松嶋菜々子)から、「とっても困っているの。助けてくれる?」と相談される。

 頼子の部屋を訪ねると、そこにはチカラの妻の灯(上戸彩)と娘の愛理(鎌田英怜奈)、隣人の柏木清江(風吹ジュン)、マリア(ソニン)、木次達代(映美くらら)がいた。戸惑う一同に、頼子は「今日は皆さんをお救いするために集まっていただきました」と告げる。

 頼子は占いに傾倒しており、清江に対し、孫の託也(長尾謙杜)の合格祈願と自身の病気のために、ペットボトルに入った謎の水と数珠を売りつけようとしていた。

 そんな中、頼子を「おかあさん」と呼ぶ男が現れる。やがて、その男の正体は、頼子の娘・美園(成海璃子)の別れた夫・吉井(稲葉友)だと判明する。

 結婚を機に縁を切っていた頼子と美園をなんとか仲直りさせたいと考えたチカラは、2人を引き合わせようと画策する。だが、そのとき、灯と愛理の親子げんかも起こっていた。

 放送終了後、SNS上には、「親子の問題に息子、姉弟の死、いじめ、自殺と重いテーマを描いていても、チカラくんのおかげでとてもスッキリ感動した」「どんどん深くなる。切なくなったりホッとしたりできた」「チカラくんがすねると幼児化するのがかわいい」などの感想が集まった。

 また、愛理がチカラの悪口を言ったため、灯が「チカラくんの悪口を言うやつは娘でも許さない。チカラくんをけなしていいのは世界中で私だけだ」と怒鳴ったことが、2人のけんかの原因だったことが判明。

 これを見た視聴者から、「灯ちゃんとチカラくんの絆を感じた」「チカラくんが灯ちゃんにすごく愛されているって分かったことが今日、一番の出来事」「ラブラブでかわいい」といったコメントが寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top