「となりのチカラ」なにわ男子・長尾謙杜がヤングケアラー役で登場 「長尾くんの演技に号泣した」

2022年1月28日 / 09:05

松本潤(左)と長尾謙杜 (C)テレビ朝日

 松本潤が主演するドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の第2話が、27日に放送された。

 本作は、主人公の中越チカラ(松本)が「人を救いたい」と、人の話を聞き、中途半端に他人の問題に関わり、力になろうと奮闘する、新時代のヒーローを描いた社会派ホームコメディー。脚本を「家政婦のミタ」などの遊川和彦氏が担当する。(※以下、ネタバレあり)

 ある朝、のんびり朝食を取っていたチカラ一家は、上の部屋の住人が「助けて」と叫んでいる声を聞く。慌てて様子を見に行ったチカラは、廊下に出てきた503号室の柏木清江(風吹ジュン)に「うちに知らない男がいる。きっと強盗よ」と言われ、恐る恐る部屋をのぞく。

 するとそこには、清江の孫の託也(長尾謙杜)がいた。チカラがその状況に戸惑っていると、託也は強盗のふりをし始め、部屋から出て行ってしまった。

 その後、託也から清江が認知症であることを聞いたチカラは、託也が受験を控えた高校生でありながら、1人で清江の面倒を見ていることに感心しつつ、心配を募らせる。

 今回は、ヤングケアラー(家族に代わって家事や介護などを担っている18歳未満の⼦ども)の問題を描いたことから、放送終了後、SNS上には、「いろいろなことが学べるドラマ。今の時代にある問題をいろいろな視点から考えることができる」「生活とか介護のために若い世代が夢を諦めないといけない社会は間違っている」「自分もいつ隣り合わせになるか。考えさせられる」などの感想が集まった。

 また、介護と祖母への愛情、そして自分の夢の間で悩む託也を演じた長尾について、「長尾くんの演技に号泣した」「泣きの演技が上手」「託也の言葉、全て刺さったし、つらさも全部伝わってきた」「謙杜くんの演技でドラマに引き込まれた」といった声も多数寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top