「イチケイのカラス」“坂間”黒木華が「入間った」 永野芽郁&広瀬アリスらのゲスト出演に「豪華過ぎる」

2021年4月27日 / 06:59

(左から)小日向文世、黒木華、竹野内豊 (C)フジテレビ

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第4話が、26日に放送された。

 入間(竹野内)は、坂間(黒木華)を訪ねて裁判官官舎にやってきた妹の絵真(馬場ふみか)と出会う。絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられた入間は、裁判を傍聴してはどうかと提案し、坂間が裁判官を務める幾つかの公判を一緒に傍聴する。

 そんな中、イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきた少年事件を合議制で扱いたいと入間たちに告げる。

 被告人は、アルバイト先の売上金を盗んで逃走し、逮捕されそうになると繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。入間は裁判長は坂間がよいのではと提案し、坂間も決意を表明した。

 今回は、坂間が裁判長として、入間のお決まり文句である「職権を発動します」を宣言し、「入間った」と注目を集めた。

 さらに、事件の真相が暴かれると、SNS上には、「悲しくてモヤモヤして、やり場のない気持ちにただ泣いた」「加害者に同情したくなるけど同情は良くないんだよね…」「切な過ぎる」などの感想が寄せられた。

 また、映画『地獄の花園』のキャストがゲスト出演したことも話題に。永野芽郁、広瀬アリス、遠藤憲一が被告人として登場すると、「チョイ役だったけど、それぞれ個性が出ていて面白かった」「出番がちょっとだけなんてぜいたく」「豪華過ぎる」という声が相次いだ。

 


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top