還暦の遠藤憲一、魔王OL役に戸惑い 「とっぴな役を頂けることがうれしかった」

2021年4月21日 / 15:34

魔王OL役の遠藤憲一

 映画『地獄の花園』完成謝罪報告イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子が登壇した。

 本作は、日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大なストーリー。主人公の普通のOL直子を永野、カリスマヤンキーOL役を広瀬、悪魔OL役を菜々緒、狂犬OL役を川栄、大怪獣OL役を大島、地上最強OL役を小池、魔王OL役を遠藤が演じた。

 永野は「映画とはいえ、暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことをキャスト、スタッフを代表しておわび致します。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 菜々緒も「ロケ中に怒鳴り散らし、週刊誌に撮られてしまったことをお詫び申し上げます」と頭を下げて笑いを誘った。

 金髪に特攻服姿で登場した遠藤は「とにかくこの姿をお詫びします」とあいさつ。菜々緒が「誤解をしないでいただきたいのが、遠藤さんは女装しているわけではなく、女性(役)ですから」と説明すると、遠藤も「もろ、女性です」と地声でアピールした。

 そんな遠藤は、オファーを受けたときの心境を問われると「今年還暦。60歳のイメージがこういう感じじゃなかったので、想像通りにいかないものだなって…」と苦笑。

 それでも「幾つになっても、こういうとっぴな役を頂けることがうれしかった。これからも年齢に関係なく『うそだろ』という役がいっぱい欲しいです」と笑顔を見せた。

 ハイヒール姿を「おみ足がきれい」と絶賛された遠藤。大島から「でも膝が痛いんですって」と暴露されると、「ちょっと加齢で。久々にハイヒールを履いたので、ちょっと歩き方を忘れちゃって」と語って笑いを誘った。

 映画は5月21日から公開。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top