増田貴久「この作品に関わることができて幸せ」 WOWOWドラマの出演オファーに感激

2020年2月28日 / 13:48

主人公の同僚を演じた増田貴久

 WOWOW「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件~」完成報告会が27日、東京都内で行われ、出演者の橋本愛、増田貴久(NEWS)、北村有起哉、松本まりか、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)ほかが登壇した。

 本作は、市役所の社会福祉課の新人嘱託職員として働く牧野聡美(橋本)が、ある殺人事件をきっかけに、福祉や市政、医療を取り巻く街の闇に巻き込まれていく姿を描く。

 橋本は「今の世の中、一人一人が環境や状況、生まれ育ちも異なるけど、一緒に(社会に)生きている。この『共に生きている』という、当たり前だけど、どうしても見落としがちな現実、大切なことがこのドラマには詰まっていると思う」とアピールした。

 聡美の同僚の小野寺淳一を演じた増田は、オファーを受けたときに「なんで俺なんだろう?」と驚いたそうで、「『誰から来た話?』『なんで?』とマネジャーを質問攻めしてしまった。そこでプロデューサーさんが『増田で』とオファーしてくれていると聞いて、さらにお手紙まで頂いて。僕はそれに感動して、内容を見る前から『やります』と返事をしました」と経緯を明かした。

 そこから原作本を読み、生活保護を巡る問題に触れた増田。「恥ずかしながら、これまで自分があまり知らなかった部分、気にしていなかった部分について勉強させてもらった。この作品に関われたことが幸せだし、知らなきゃいけないことだなと感じた」と語った。

 撮影期間中に、バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」内の「ゴチになります!」のコーナーにレギュラー出演することが決まった増田。「僕はいつもドラマの現場に差し入れがあるのがうれしくて、僕もなるべくいっぱい差し入れしたいなって思いながら生きているのですが、途中から差し入れすると『増田貴久さん、ゴチになります』とスタッフさんが紙をつけてくれたのがうれしかったです」と笑わせた。

 ドラマは、3月7日午後10時から毎週土曜日に放送(全5話)。

「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件~」完成報告会の登壇者たち


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top