山田洋次監督、50年前の「寅さん」を回想 「最初は失敗したなと思って落ち込んだ」

2019年8月28日 / 13:47

(左から)倍賞千恵子、山田洋次監督、佐藤蛾次郎

 「祝!50周年 寅さんファン感謝祭」が27日、東京都内で行われ、山田洋次監督、倍賞千恵子、佐藤蛾次郎が出席した。

 渥美清主演の国民的人気シリーズ『男はつらいよ』の第1作が公開されてちょうど50年に当たるこの日、会場では、第1作の4Kデジタル修復版が上映された。

 山田監督は50年前を「初めて試写を見たときはえらく真面目な映画を作っちゃったなと思った。スタッフは(映画の)点検をしているからあまり笑わない。失敗したなと思って落ち込んでいた」と回顧した。

 しかし、2カ月後に映画が封切られたところ、「プロデューサーに『客が入っているぞ。来いよ』と言われ、新宿松竹に行ってドアを開けたら観客が『ワッ』と笑っている。『あんたの作る映画はとてもおかしいよ』って、観客に教えられた。今日のことを一生覚えておかなきゃな、と思った」と、しみじみ振り返った。

 また、渥美の発案で、みんなでタヒチ旅行に行ったこともあるという。倍賞は「タヒチに行ったらみんなビキニなんです。私がつながっているのを着ていたら、蛾次郎さんが『頼むからビキニを着てくれ。俺が買うから』って」と当時のエピソードを披露した。

 実際に着たところ、佐藤がビデオを回し始めたため倍賞は「やだっ」と叫んだそう。佐藤は「せっかくだから8ミリを回したのですが…」と笑わせた。

 寅次郎の妹・さくら役の倍賞は、改めて渥美との思い出を問われると、「兄妹を27年間やったけど、あの人から『役者はこうあるべき』と学んだことはない。ただ相手の立場に立って考えることがどれほど大事かということを教わった」と答えた。

 続けて「何か悩んでいると『おい、飯食いに行くか』と言って、おいしいステーキを食べさせてくれた。『何かほしいものはないか』と言って桃色のマントも買ってくれた。寂しそうにしていると、それを見抜いて誘って幸せな気分にしてくれる。人として一番大事なことを教わった」と語った。

(左から)倍賞千恵子、山田洋次監督、佐藤蛾次郎


芸能ニュースNEWS

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

「366日」“莉子”長濱ねるを守る“智也”坂東龍汰に絶賛の嵐 「智也、男を見せたな」「今日は智也が主役だ~っ!」

ドラマ2024年5月21日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  雪平明日香(広瀬)は、高校時代以降の記憶を取り戻すことのない水野遥斗(眞栄田郷敦)に寄り添いながら、クラリネット講師の道を歩 … 続きを読む

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

Willfriends

page top