瀬戸康史、「獣医目指したことも」 捨て猫5匹連れ帰る動物好き

2019年3月20日 / 17:01

自身で描いた絵画「mammalian & technology」を披露した瀬戸康史

 「大哺乳類展2-みんなの生き残り作戦」の報道内覧会が20日、都内の国立科学博物館で行われ、同展覧会の音声ガイドナビゲーターを務める俳優の瀬戸康史が出席した。

 地球上の環境に適応して繁栄してきた哺乳類の“生き残り作戦”に、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで迫る本展。

 会場を一足先に見学した瀬戸は、「入った瞬間に巨大なゾウの骨があり、資料では見ていたけれど“実物はここまで大きいのか”と驚きました」と圧倒された様子。剥製に触れるコーナーについて、「ゴマフアザラシは絶対に触ってほしい。あの気持ち良さったらなかったです」とおちゃめに呼び掛けた。自身の音声ガイドについては「細かいところまで説明させてもらったので、これを聞くとより深く哺乳類のことが知れるんじゃないかな」とアピールした。

 また本展に合わせて制作した絵画「mammalian & technology(哺乳類とテクノロジー)」もお披露目。瀬戸は「事故に遭った犬が車椅子で生活している番組を見たことをきっかけに、子どものころは獣医を目指していた。これから先、人や生き物が生き残る手段として科学の力は外せないと思うので、そういった目線で描かせてもらいました」と作品に込めた思いを説明した。

 一方で「動物好きが高じてやってしまったこと」を尋ねられると、「祖母の実家がすごく田舎で、僕もよく山で遊んでいたのですが、そこに猫が5匹ぐらい捨てられていて。かわいそうで、全部家に連れて帰って育てました」と昔のエピソードを披露。「おばあちゃんには『なんでこんなに持ってきとうと』と迷惑がられちゃいましたが…」と動物思いの一面を垣間見せていた。

 展覧会は3月21日~6月16日、開催。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top