佐藤健、山田孝之の“気絶エピソード”を披露 「役に入り込む深度の次元がちょっと違う」

2018年11月23日 / 14:42

山田孝之(左)と佐藤健

 映画『ハード・コア』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、佐藤健、荒川良々と山下敦弘監督が登壇した。

 本作は、伝説のコミック『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』を映画化したもの。あまりにも純粋で信念を曲げることができず、世間になじめない主人公・右近を山田、右近が唯一心を許せる友人を荒川、エリート商社マンの右近の弟・左近を佐藤が演じた。

 映画の内容にちなみ「どういう生き方をハードだと思うか?」と尋ねられたキャストたち。佐藤は「最大の難易度の質問…」と頭を悩ませながらも「隣で孝之くんを見ていると、この人ぐらいハードに生きている人はいないと思う」と答えた。

 佐藤はその理由を「全てにおいて一生懸命だし、同じ職業をやっているから分かるけど、役に入り込む深度の次元がちょっと違う」と語った。

 続けて「本番中に気を失ったりしている。台本に“どうこくする”と書かれたら(実際に)そうして救急車を呼ばれたりしているので」と撮影中のエピソードも披露。「そこまで俺、いけてないなぁって…」とつぶやく佐藤を見て、山田は「いかなくていい。(周りを)不安にさせるだけだから」と苦笑した。

 山田は「人生ハード。なんでこんなに大変なんだろうっていつも思うけど、やりがいがあるし楽しい。勝手な使命感でやっていても、喜びや楽しみがあってやっているのだから仕方がない」と語りながら、「これ早死にする人の典型ですね」と笑った。

 また今回、山田ときょうだい役を演じた佐藤は「一見全然違うけど、初めて完成作を見たときに、われながら似ているなと思って、それがうれしかった」とコメント。そんな佐藤を横からまじまじと見詰めていた山田は「格好いいなぁ。本当に男前だなっていつも思う」と語り、佐藤を照れさせた。

(左から)山田孝之、佐藤健、山下敦弘監督


芸能ニュースNEWS

宇垣美里「甘い男性が好きです。甘やかせてほしい」 “パリピ芸人”EXIT「闇営業」を否定

イベント2019年6月17日

 「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」が17日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹が登場した。  3人は、のりですしをつかんで食べるスタイルの「三段つかみずし」や、ギネス認定の唐辛子「 … 続きを読む

綾瀬はるか、超早口な応募呼び掛け ゆず「これ正解なんですか」

トレンド2019年6月17日

 「日本生命 東京2020オリンピック聖火ランナー募集」記者発表会が17日、東京都内で行われ、聖火リレーを盛り上げる「チームニッセイ」代表メンバーの綾瀬はるか、ロバートの秋山竜次、桐生祥秀選手、ゆずが出席した。 続きを読む

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

page top