舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」開幕 谷口賢志、40歳での主演に「命を懸ける」

2018年9月22日 / 15:02

(左から)演出家の中屋敷法仁氏、多和田秀弥、谷口賢志、荒木宏文

 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」の囲み取材が21日、東京都内で行われ、出演者の谷口賢志、多和田秀弥、荒木宏文ほかが登壇した。

 「文豪ストレイドッグス」は、架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、歴史に残る文豪たちが繰り広げる異能力アクションバトル漫画。

 本作は、舞台化第2弾で、テレビアニメ第2シーズンで放送されたスピンオフドラマを原作に、第1弾の4年前、太宰治が武装探偵社に入社する前の「ポートマフィア」時代が描かれる。

 織田作之助を演じる谷口は「原作がとても人気があって、舞台の第1弾もとても好評な作品の第2弾。原作の中でも人気のあるエピソードの中心人物を演じさせていただくにあたり、40歳で2.5次元舞台の主役をやるってどうなんだと思った」と本音を吐露しつつも、「だから、すごく覚悟を持って挑みました。全身全霊で思いを届けようという思いを持って臨んでいることがこの作品の魅力だと思います。命を懸けてやっています」と公演に懸ける強い思いを明かした。

 前作に引き続き太宰を演じる多和田は「僕は初演に出演させていただいたメンバーの一人。人気のある作品なので、(前作のキャストの)みんなの思いも、お客さんの思いも背負っていかないといけないというプレッシャーは大きかったですが、18歳の太宰を、自由に、伸び伸びと、胸を締めつけられるような思いで生き抜いていければ、この公演は成功につながると思います。気負い過ぎずやっていけたらと思います」と意気込みを語った。

 一方、坂口安吾役の荒木は、本作の見どころを「グッズですら見ることができない、ジャケットを着ていない安吾」と話し、「いろんな角度から、いろんなものを感じ取れる作品です。ぜひ劇場で、同じ空間を味わって、においを感じ取ってほしい」とアピールした。

 舞台は22日~10月8日、都内・サンシャイン劇場、13日~14日、大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」公開稽古の様子


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top