松坂桃李と沢尻エリカ、メンタリスト・DaiGoと心理戦 心を読み取られ「すご過ぎる!」

2018年1月24日 / 11:13

DaiGoに心を読み取られた松坂桃李

 映画『不能犯』の公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李と沢尻エリカが登壇した。

 本作は、コミック誌「グランドジャンプ」で連載中の同名人気漫画を実写映画化。絶対に立証不可能な方法でターゲットを死に追いやる男・宇相吹正(松坂)と、彼を追う女性刑事・多田友子(沢尻)を描くスリラーエンターテインメント作品。

 イベントでは、宇相吹正が“思い込み”や“マインドコントロール”を利用して人を死に導くキャラクターであることにちなみ、人の心を操るスペシャリストとして、メンタリスト・DaiGoも登場。「8色」のマジックペンの中から、松坂と沢尻が選んだお気に入りの「1色」をDaiGoが言い当てる“心理戦”を実施した。開始前、心を読まれる立場の松坂が「僕はめっちゃ簡単だと思います」と話すと、沢尻も「私も本当に分かりやすいと思う。気分とかもすぐに顔に出ちゃうし…」と自信なさげに語った。

 結果は、DaiGoが2人の選んだマジックペンの色を見事に言い当てた。声のトーンや、ちょっとした表情の変化から心を読み取られてしまった松坂と沢尻は、「いや~。すごい。すご過ぎる!」。松坂が「今回選んだ緑はもともと好きな色だった」と明かすと、DaiGoは「緑が好きな人は初対面の人に対する壁は高いけど、1回心を許すと手放しで信用するので、だまされる時はひどいだまされ方をする」と指摘。松坂は「そういうタイプですね。気を付けます」と苦笑していた。また、「本当は水色が好き」と答えた沢尻に対して、DaiGoは「水色好きには天然な人が多い。自分の世界を持っている人」と分析していた。

 映画は2月1日から全国ロードショー。

(左から)DaiGo、松坂桃李、沢尻エリカ


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top