北野武『アウトレイジ 最終章』に自信 次のバイオレンス映画は「オールスターズで」

2017年10月7日 / 17:42

「かなりの自信作」と語った北野武監督

 映画『アウトレイジ 最終章』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、北野武監督、出演者の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男が出席した。

 本作は、裏社会の男たちの抗争を描くバイオレンスエンターテインメント「アウトレイジ」シリーズの最終章。

 花菱会の若頭を演じた西田は、印象深いエピソードを問われると「初日に撮った塩見三省との絡みの場面。塩見の方がまだ脳出血の後遺症があり、私もけい椎を亜脱臼して、歩行が定かでなかった。2人とも4人ぐらいの人に抱えられながら対峙(たいじ)するシーンを撮った」と明かした。

 続けて「北野監督が非常に気付かってくれて『大丈夫よ。大丈夫よ。もう、本(脚本)を変えちゃおうか』と優しい言葉を掛けてくれた。われわれも監督に対して義理、恩を感じました」としみじみ振り返った。

 北野監督も「今回は西田さんがけがをしたり、塩見さんも病気になったり。でも体の具合の悪さが、初めて撮った時に、すごい迫力になったので “これは生かさなきゃいけないな”と思った」と告白した。

 「でも、それを見ている俺が首をこうやって(曲げて)いるから、この3人は一体なんだろうと。病気グループになっちゃった」と語り、笑いを誘った。

 また、最終章となった本作について北野監督は「自分なりにうまいまとめ方をしていると思う。私の場合は評論家とけんかばっかりしているんで、あまり人気がないのですが(今回は)西田さんが出ているせいもありますが、あまり文句を垂れているやつもいない。自分で編集をしていて、これは映像的にもいいなと感じたかなりの自信作」と語り、満足げにほほ笑んだ。

 さらに「次はちょっと息抜きではないですが、“恋愛もの”を撮って、客観的にもう1回バイオレンス映画を見直したい」と語った北野監督。

 再びバイオレンス映画に取り組む際は「日本の役者、オールスターズでやる。このバイオレンスの映画に選ばれていない役者は“俺に認められていない”というぐらいの追い込み方をして、全員、車代だけで出てもらおう。仲代(達矢)さんにも500円ぐらいで出てもらおうという作戦を考えています」と冗談めかし、会場を盛り上げた。

(左から)大杉漣、ピエール瀧、大森南朋、北野武監督、西田敏行、松重豊、金田時男


芸能ニュースNEWS

山本舞香&桜井日奈子が“令和”に意気込み 「変なライバル心があった」

トレンド2019年4月26日

 鳥取県・岡山県の共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」リニューアルオープン発表会が26日、東京都内で行われ、鳥取県出身の山本舞香、岡山県出身の桜井日奈子が出席した。 続きを読む

岡本健一、三浦翔平の芝居に感嘆 「若いエネルギーにあふれている」

舞台・ミュージカル2019年4月26日

 舞台「ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~」の公開舞台稽古が26日、東京都内で行われ、出演者の岡本健一、川平慈英、三浦翔平、村井良大ほかが登場した。  約19年ぶりの再演となる本作は、同時代に生きながらも、実際には出会っていなかった … 続きを読む

「A3!」春組単独公演が開幕 横田龍儀「涙あり笑いありの超大作です!」

2019年4月26日

 MANKAI STAGE「A3!」〜SPRING 2019〜の初日会見が25日に東京都内で行われ、横田龍儀、牧島輝、前川優希、立石俊樹、古谷大和、笹森裕貴が登壇した。  イケメン役者育成ゲーム「A3!」を舞台化した本作。新生MANKAI … 続きを読む

東出昌大「6千メートルの山、ちょっとずつ登り切れた」 初主演の連続ドラマ「悪党」で松重豊と探偵役

ドラマ2019年4月26日

 「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、松重豊ほかが登壇した。  映画『友罪』以来の瀬々敬久督×ベストセラー作家・薬丸岳原作となる本作。罪を償い出所した犯罪加害者の現在の状況を調 … 続きを読む

宮本亜門氏、前立腺がん完治誓う 「病気なんか吹き飛ばしちゃいます」

トレンド2019年4月26日

 「Hibiya Festival」のオープニングショーの公開ゲネプロが25日、東京都内の東京ミッドタウン日比谷ステップ広場で行われた。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top