北野武『アウトレイジ 最終章』に自信 次のバイオレンス映画は「オールスターズで」

2017年10月7日 / 17:42

「かなりの自信作」と語った北野武監督

 映画『アウトレイジ 最終章』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、北野武監督、出演者の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男が出席した。

 本作は、裏社会の男たちの抗争を描くバイオレンスエンターテインメント「アウトレイジ」シリーズの最終章。

 花菱会の若頭を演じた西田は、印象深いエピソードを問われると「初日に撮った塩見三省との絡みの場面。塩見の方がまだ脳出血の後遺症があり、私もけい椎を亜脱臼して、歩行が定かでなかった。2人とも4人ぐらいの人に抱えられながら対峙(たいじ)するシーンを撮った」と明かした。

 続けて「北野監督が非常に気付かってくれて『大丈夫よ。大丈夫よ。もう、本(脚本)を変えちゃおうか』と優しい言葉を掛けてくれた。われわれも監督に対して義理、恩を感じました」としみじみ振り返った。

 北野監督も「今回は西田さんがけがをしたり、塩見さんも病気になったり。でも体の具合の悪さが、初めて撮った時に、すごい迫力になったので “これは生かさなきゃいけないな”と思った」と告白した。

 「でも、それを見ている俺が首をこうやって(曲げて)いるから、この3人は一体なんだろうと。病気グループになっちゃった」と語り、笑いを誘った。

 また、最終章となった本作について北野監督は「自分なりにうまいまとめ方をしていると思う。私の場合は評論家とけんかばっかりしているんで、あまり人気がないのですが(今回は)西田さんが出ているせいもありますが、あまり文句を垂れているやつもいない。自分で編集をしていて、これは映像的にもいいなと感じたかなりの自信作」と語り、満足げにほほ笑んだ。

 さらに「次はちょっと息抜きではないですが、“恋愛もの”を撮って、客観的にもう1回バイオレンス映画を見直したい」と語った北野監督。

 再びバイオレンス映画に取り組む際は「日本の役者、オールスターズでやる。このバイオレンスの映画に選ばれていない役者は“俺に認められていない”というぐらいの追い込み方をして、全員、車代だけで出てもらおう。仲代(達矢)さんにも500円ぐらいで出てもらおうという作戦を考えています」と冗談めかし、会場を盛り上げた。

(左から)大杉漣、ピエール瀧、大森南朋、北野武監督、西田敏行、松重豊、金田時男


芸能ニュースNEWS

宮迫博之、田村亮と共に謝罪会見 「騒動の全ての責任は僕にあります」

ニュース2019年7月20日

 反社会的勢力の会合に参加した闇営業問題で、吉本興業との契約が解消となった、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日、東京都内で謝罪会見を行った。  2人は黒いスーツ姿で登場。宮迫は「取り返し … 続きを読む

東出昌大と仲野太賀、異常な仲の良さ 片桐はいり「付き合っているんじゃないかな」

舞台・ミュージカル2019年7月20日

 M&Oplaysプロデュース「二度目の夏」初日前会見が19日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、仲野太賀、水上京香、清水葉月、岩松了、片桐はいりほかが登壇した。  本作は、M&Oplaysと岩松が定期的に行なっているプロデュース公演の最 … 続きを読む

五関晃一「舞台でインソールを入れています」 ジャニーさんから「ユー、ちっちゃいよ」

舞台・ミュージカル2019年7月19日

 舞台「奇子(あやこ)」の公開舞台稽古&囲み取材会が19日、東京都内で行われ、出演者の五関晃一(A.B.C-Z)、梶原善ほかが出席した。  本作は、手塚治虫の同名漫画が原作。戦後史の中で、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな要素を巧みに … 続きを読む

哀川翔、昆虫を食べる井上咲楽にドン引き 「俺は幼虫を育てている側ですから」

イベント2019年7月19日

 「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」プレス発表会&内覧会が19日、東京都内で行われ、俳優の哀川翔、タレントの井上咲楽ほかが登場した。  同展は、子どもたちが昆虫を「見る・知る・触れる」ことで、自然環境や人間の暮らしとの関わりに興味を … 続きを読む

若槻千夏「学生時代は週3、4でプリクラ」 キュープラザ池袋は「興奮材料がすごい」

トレンド2019年7月19日

 “エンターテイメントプラザ”をコンセプトにした池袋エリアの新たなランドマーク「キュープラザ池袋」の開業セレモニーが19日、東京都内で行われ、タレントの若槻千夏が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top