大森南朋、嫉妬と執念で「夢がかなった」 西田敏行&塩見三省はリハビリと撮影の日々

2017年9月25日 / 20:38

北野武監督(左)と大森南朋

 映画『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、北野武監督をはじめ、出演者の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳が出席した。

 裏社会の男たちの抗争を描くバイオレンスエンターテインメント「アウトレイジ」シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクト。前作『アウトレイジ ビヨンド』から5年ぶりとなる本作でも、登場人物“全員暴走”の裏切り、駆け引き、だまし合いを繰り広げる。

 西田は「けい椎を亜脱臼という形で入院して手術、胆のうも取らなきゃいけなくなったりして、4カ月の入院を余儀なくされ、退院したてのときに話があった」と明かした。

 一方、塩見は2014年に脳出血で倒れ、入院とリハビリを経て16年にNHKドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」でドラマ復帰を果たしていた。

 西田は改めて「お互いリハビリをやりながらの撮影になった。2人とも皆に抱えられながら初日を迎えられた時の、何ともいえない喜び。北野監督に支えられ、お気遣いいただいて、われわれは何とか花菱会を盛り上げることができた」と語った。

 塩見も「北野武監督と前作に続いてまた仕事ができたこと、私にとっては最高の喜びであり、最高の時間でした」と力強く語った。

 また、シリーズ初登場となる大森は、かねて北野監督のファンで、シリーズプロジェクトが立ち上がったときから出演チャンスをうかがってきたという。「ふたを開けたら加瀬亮くんが出ていて、少しの嫉妬を覚えました。第2作では一応僕なりの行動に出たけど引っかからず、桐谷健太くん、新井浩文くんが出ていて、嫉妬がまた大きく芽生えまして…」と振り返った。

 そして本作でも「最終章を撮ると聞いた時に、ものすごいアプローチをして、僕としては夢がかなった。最高の感情を持って現場に入れたと思っています」と執念で出演を勝ち取った“3度目の正直”について語った。

 北野監督は「ありがたいことに僕の映画は、日本を代表する役者さんが皆(出演を)オーケーしてくれる。これが一応区切りとなっているけど、また数年後に日本の役者オールスターでとんでもない映画を撮ってやろうと思っています」と予告した。

 映画は10月7日から全国ロードショー。

北野武監督をはじめ、一堂に会したキャスト陣


芸能ニュースNEWS

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

川栄李奈&池田エライザ「5G体験を楽しんで」 新iPhoneの発売をオンラインで祝う

イベント2020年10月23日

 KDDI「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」が23日、オンラインで開催され、同社のCMで織姫役を演じる川栄李奈、親指姫役を演じる池田エライザが出席した。  この日の午前8時、au5Gに対応した初めての「iPhone1 … 続きを読む

小栗旬「星野源ボイスは“罪な声”」 「気持ちを穏やかにさせる声の持ち主」

映画2020年10月23日

 映画『罪の声』公開直前イベントが22日、東京都内で行われ、出演者の小栗旬、星野源と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、未解決のまま時効となった昭和の大事件をモチーフにした塩田武士氏の同名ミステリー小説を映画化。事件の真相を追う新聞記者・阿 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子演じる華が出産 「円城寺さんのダンスが意味不明で元気出た」

ドラマ2020年10月23日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第2話が、22日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディー。  今回 … 続きを読む

「七人の秘書」木村文乃、菜々緒、大島優子らが悪を倒す 「現代版必殺仕事人」の声も

ドラマ2020年10月23日

 木村文乃が主演するドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)の初回が、22日に放送された。  本作は、東都銀行常務秘書の望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)と情報屋の鰐 … 続きを読む

page top