大森南朋、嫉妬と執念で「夢がかなった」 西田敏行&塩見三省はリハビリと撮影の日々

2017年9月25日 / 20:38

北野武監督(左)と大森南朋

 映画『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、北野武監督をはじめ、出演者の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳が出席した。

 裏社会の男たちの抗争を描くバイオレンスエンターテインメント「アウトレイジ」シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクト。前作『アウトレイジ ビヨンド』から5年ぶりとなる本作でも、登場人物“全員暴走”の裏切り、駆け引き、だまし合いを繰り広げる。

 西田は「けい椎を亜脱臼という形で入院して手術、胆のうも取らなきゃいけなくなったりして、4カ月の入院を余儀なくされ、退院したてのときに話があった」と明かした。

 一方、塩見は2014年に脳出血で倒れ、入院とリハビリを経て16年にNHKドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」でドラマ復帰を果たしていた。

 西田は改めて「お互いリハビリをやりながらの撮影になった。2人とも皆に抱えられながら初日を迎えられた時の、何ともいえない喜び。北野監督に支えられ、お気遣いいただいて、われわれは何とか花菱会を盛り上げることができた」と語った。

 塩見も「北野武監督と前作に続いてまた仕事ができたこと、私にとっては最高の喜びであり、最高の時間でした」と力強く語った。

 また、シリーズ初登場となる大森は、かねて北野監督のファンで、シリーズプロジェクトが立ち上がったときから出演チャンスをうかがってきたという。「ふたを開けたら加瀬亮くんが出ていて、少しの嫉妬を覚えました。第2作では一応僕なりの行動に出たけど引っかからず、桐谷健太くん、新井浩文くんが出ていて、嫉妬がまた大きく芽生えまして…」と振り返った。

 そして本作でも「最終章を撮ると聞いた時に、ものすごいアプローチをして、僕としては夢がかなった。最高の感情を持って現場に入れたと思っています」と執念で出演を勝ち取った“3度目の正直”について語った。

 北野監督は「ありがたいことに僕の映画は、日本を代表する役者さんが皆(出演を)オーケーしてくれる。これが一応区切りとなっているけど、また数年後に日本の役者オールスターでとんでもない映画を撮ってやろうと思っています」と予告した。

 映画は10月7日から全国ロードショー。

北野武監督をはじめ、一堂に会したキャスト陣


芸能ニュースNEWS

志村けんさん、新型コロナウイルスによる肺炎で死去 70歳。多くのバラエティー番組で活躍

ニュース2020年3月30日

 「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(本名志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で死去した。70歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行う。  志村さんは、 … 続きを読む

ゆきぽよ、写真集の見どころは「プリプリのお尻」 「田中みな実さんと“どんぐりの背比べ”をしたい」

イベント2020年3月30日

 生配信イベント「ゆきぽよの“めっかわ”ギャル祭り!」が27日、東京都内で行われ、モデルの“ゆきぽよ”こと木村有希が出席。囲み取材で、自身2冊目となる写真集『Yukipoyogram 02 ゆきぽよ写真集』について語った。  “大人SEXY … 続きを読む

テニミュの広告がSHIBUYA109に 阿久津仁愛「こっそり撮影しました」

音楽2020年3月30日

 ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(以下、ドリライ)の開催を記念し、SHIBUYA109にシリンダー広告が掲出されたことを受けて、主人公・越前リョーマを演じる阿久津仁愛が取材に応じた。  ドリライは、 … 続きを読む

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top