岡田准一、音尾琢真に恨み節 撮影で腹を蹴り続けられ「ひどい…」

2017年8月26日 / 14:07

(前列左から)平岳大、役所広司、有村架純、東出昌大、(後列左から)原田眞人監督、和田正人、伊藤歩、音尾琢真、中越典子

 映画『関ヶ原』の初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、中越典子、役所広司、原田眞人監督が出席した。

 本作は、司馬遼太郎のベストセラー小説を実写映画化したスペクタクルアクション超大作。わずか6時間で日本の未来を決した、誰もが知る「関ヶ原の戦い」の誰も知らない真実が、愛と正義を貫く武将・石田三成(岡田)と野望に燃える徳川家康(役所)との戦いを軸に描かれる。

 MCから「関ヶ原の戦いに誰として参加したいか」と質問された岡田は、イベント冒頭から、あいさつしている姿を見上げ「大きい!」とちゃかしていた東出を指し、「東出くんとして参加したい。よく(敵が)見えそう。高台に乗っている感じですよね」と回答し、会場の笑いを誘った。

 音尾は「石田三成だけは嫌だな。格好いいけど、最後は(自分が演じた)福島正則に散々蹴られるのは、われながら申し訳ない」とコメントした。

 すると岡田は「おなかを何回も蹴られるのは耐えられない可能性があるけど、ももなら耐えられるんで、ももとかお尻辺りを蹴ってください。俺、全然受け入れるんで大丈夫ですよと言ったのに、ほぼオールおなか」と暴露し、「ひどい」と恨み節を。

 音尾は「夢中になったらどうしてもおなかにいっちゃう」と言い訳しつつも、「その節はすみませんでした」と謝罪し、岡田から笑顔で許しをもらった。

 岡田のみならず、“鬼”と呼ばれるほど厳しい原田監督のもとで過酷な撮影に挑んだ一同。有村は「初めての時代劇で皆さんとご一緒出来たことをうれしく思っています。この作品の一ファンとしてたくさんの人に見ていただきたい」とアピールした。

 岡田は「原田監督が25年間も構想を練った作品に出させていただけるのは役者にとって幸せな時間でした」としみじみと語ると、忍者役で出演し、7月に亡くなった中嶋しゅうさんに向けて「一緒に撮影していた中嶋しゅうさんに、この日を迎えられたことを報告したい」と語り掛けた。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「夏は『咲-Saki-』に捧げている」 共演者は「浜辺さんが美しくて、美しくて」

映画2018年1月20日

 映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の桜田ひより、浜辺美波、伊藤萌々香、恒松祐里ほかが登壇した。  本作は、少女たちのマージャンに懸ける情熱を描いた『咲-S … 続きを読む

斎藤工、アルバイトで経験した“悲劇”を語る 今年の抱負は「領収書の月ごとのファイル分け」

映画2018年1月20日

 映画『パディントン2』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、吹き替え版のボイスキャストを務めた松坂桃李、古田新太、斎藤工、三戸なつめが登壇した。   本作は、ペルーから英ロンドンにやって来た“紳士過ぎる”クマのパディントンとブ … 続きを読む

高橋一生、宣伝スタッフの名前を連呼 長澤まさみ、長風呂で汗を拭かずに我慢

映画2018年1月20日

 映画『嘘を愛する女』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、 出演者の長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督登壇した。  本作は、5年間一緒に暮らしていた恋人の全てが偽りだったことが分かったキャリアウー … 続きを読む

「新人内さまライブ」でペンギンズが優勝! 「三村さんの一言が自信に」

トレンド2018年1月20日

 内村光良とさまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)が司会を務めるネタバトル大会「新人内さまライブ チャンピオン大会2017」が19日、東京都内で行われ、お笑いコンビのペンギンズ(アニキ、ノブオ)が王者となった。 続きを読む

小室哲哉、相手女性との男女の関係は否定 「精神的なものの支えになっていた」

ニュース2018年1月19日

 18日発売の週刊誌で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、東京都内で会見を行った。  黒いスーツ姿で登場した小室は「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と音楽活動からの引退を発表。報じられた看 … 続きを読む

page top