長澤まさみ、怒り続ける役「大変だった」 “夫”の松田龍平も「本当に怖くて…」

2017年8月9日 / 13:51

主演の長澤まさみ

 映画『散歩する侵略者』の完成披露上映会が8日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、黒沢清監督ほかが登壇した。

 本作は、劇作家・前川知大氏率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイデアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描いたサスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーとなっている。

 主演の長澤は、冒頭のあいさつで「この(イベントの)チケット、15秒で“即完”したらしくて…。とてもうれしかったです。ありがとうございます」と感謝を述べた。

 劇中では、夫が侵略者に乗っ取られた妻・加瀬鳴海を演じた長澤。「鳴海という人は大半が怒っている。怒るという感情はとてもエネルギーを使うものなので、それがすごく大変でした。精神的にも肉体的にも疲れて、不思議な感覚にとらわれた記憶があります」と撮影での苦労を振り返った。

 そんな長澤の怒りを一身に受けた夫役の松田は「撮影の最初の方は、ずっと怒っているので本当に怖くて…。でも何で(相手は)こんなに怒っているんだろう…?という気持ちが、宇宙人とリンクするものがありました」としみじみ。

 役作りもしなかったと言い「(そもそも)宇宙人がよくわからなかった。撮影前に、黒沢さんに『宇宙人って何ですかね?』と聞いたら、『ちょっと僕も分からない』と言われてしまい、それはそうだろうなと…。概念に縛られない、すごく自由な役というのだけを(頭の中に)持って現場に入りました」と当時の心境を明かした。

 一方、ジャーナリスト・桜井を演じた長谷川は、自前のサングラスで撮影に臨んだエピソードを披露。撮影当日、急きょサングラスを掛けることが決まったが「衣装さんが持って来たものがあまりハマらなくて、たまたま買ったばかりのサングラスを掛けてみると、それが一番いいですね!となった。それを結構なアクションシーンでも使ったのでボロボロになってしまって。ああ、3日前に買ったばかりなのになって…」と嘆いて笑いを誘った。 

 映画は9月9日から全国ロードショー。

完成披露上映会に登壇したキャスト、監督たち


芸能ニュースNEWS

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

映画2019年2月15日

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。  この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議 … 続きを読む

page top