高杉真宙の裸体は「しなやか」 清水尋也に明かされはにかむ

2017年7月8日 / 13:34

京都ロケでの思い出を語った高杉真宙

 映画『逆光の頃』の公開初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、主演の高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、小林啓一監督が登壇した。

 本作は、30年前に連載されたタナカカツキ氏の名作コミックを実写映画化。古都・京都を舞台に、高校2年生の赤田孝豊(高杉)が、友人との別れ、幼なじみの少女(葵)との淡い初恋などを経験しながら成長していく姿を描く。

 撮影は、京都でオールロケを実施。主演の高杉は「時間がある時は観光地を巡ったり、散歩を楽しんだ」といい「単純に路地裏を歩いたりするのも好きで、そこに行くだけで他の地域と違う雰囲気を感じることができました」と古都ならではの景観を満喫した様子。男性陣は撮影の終わりに銭湯に行くこともあったそうで、そこで「初めて真宙の裸を見た」という清水は「一言で言うとすると…しなやかでした」と感想をコメント。困惑気味にはにかむ高杉に、会場は大盛り上がりだった。

 一方、ヒロインを演じた葵は、撮影と本厄の年が重なったことから「9月に八坂神社で厄払いをしました」と寺社巡りのエピソードを披露。滞在中には猫との“運命的な出会い”もあったそうで「マンションの植え込みに子猫を見つけたのですが、そのまま帰ってしまい、どうしてあの時、拾ってあげなかったんだろうと、ずっと気になっていたんです」。ところが最近、他の作品で京都に行き、同じ場所を通り掛かったところ、成長した子猫と母猫を発見したといい、「本当に良かったなと。私が拾っていたら親子を引き離すところでした」と胸をなでおろしていた。

 このほか、七夕にちなみ“かなえたい願い事”についての質問も。高杉は「僕の家が漫画喫茶みたいになったらいいな。今は(蔵書が)千冊ぐらいなので、1万冊ぐらいになれば」と夢を語り、葵は「浴衣を着てお祭りに行きたい。お祭りの醍醐味は食べること。帯は緩めに巻いていきたいと思います」と微笑んだ。

(左から)小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、清水尋也、金子大地


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top