向井理、ラブレターを代読 「家族への思いを形として残すのも大事」

2017年6月13日 / 20:45

ラブレターを代読した向井理

 映画『いつまた、君と ~何日君再来~』のラブレターコンテスト表彰式が13日、東京都内で行われ、出演者の向井理ほかが出席した。

 向井が7年前から企画し、映像化を熱望した本作は、向井の祖母・芦村朋子氏の半生をつづった『何日君再来』を原作に、衣食住もままならない戦後の混乱期に、夫の吾郎(向井の祖父)と妻の朋子が、時代の波に翻弄されながらも日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる壮大な愛の実話を描く。

 原作が朋子から吾郎に宛てたラブレターになっていること、劇中にも吾郎から朋子や子どもたちに宛てた愛のある手紙が登場することから、朝日新聞社の協力で、家族へ宛てたラブレターの一般公募を実施。表彰式では600通を超える応募から三通の手紙が表彰された。

 最優秀賞を受賞した手紙「10数年後、私の面倒を看ている妻に」を向井が代読。緊張の面持ちで読み上げると、「同性ということもありますし、今のうちに伝える思いというのもずっと残るものですし。文面が本当に語り掛けるように書かれていて、それだけで情景が伝わるお手紙でした」と語り、「へそくりの内容をここで発表するのも心苦しい思いがあったけど素晴らしいラブレターだったので」と笑いを誘った。

 今回、大切な家族に宛てたさまざまな手紙を読んだという向井は「形として残すっていうのも大事だなと思った。手紙なり手記に残すと、こういうことができるんだなと思いました」と影響を受けた様子。イベントを振り返って「なんかこう、いい感じでしたね。どうなるんだろうと不安もあったけど、その不安が吹き飛ぶぐらいいいイベントになったし、映画を象徴するイベントだったと思う」と満足気に語った。

 映画は6月24日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。

表彰式に出席した受賞者と向井理らプレゼンター


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top