向井理、ラブレターを代読 「家族への思いを形として残すのも大事」

2017年6月13日 / 20:45

ラブレターを代読した向井理

 映画『いつまた、君と ~何日君再来~』のラブレターコンテスト表彰式が13日、東京都内で行われ、出演者の向井理ほかが出席した。

 向井が7年前から企画し、映像化を熱望した本作は、向井の祖母・芦村朋子氏の半生をつづった『何日君再来』を原作に、衣食住もままならない戦後の混乱期に、夫の吾郎(向井の祖父)と妻の朋子が、時代の波に翻弄されながらも日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる壮大な愛の実話を描く。

 原作が朋子から吾郎に宛てたラブレターになっていること、劇中にも吾郎から朋子や子どもたちに宛てた愛のある手紙が登場することから、朝日新聞社の協力で、家族へ宛てたラブレターの一般公募を実施。表彰式では600通を超える応募から三通の手紙が表彰された。

 最優秀賞を受賞した手紙「10数年後、私の面倒を看ている妻に」を向井が代読。緊張の面持ちで読み上げると、「同性ということもありますし、今のうちに伝える思いというのもずっと残るものですし。文面が本当に語り掛けるように書かれていて、それだけで情景が伝わるお手紙でした」と語り、「へそくりの内容をここで発表するのも心苦しい思いがあったけど素晴らしいラブレターだったので」と笑いを誘った。

 今回、大切な家族に宛てたさまざまな手紙を読んだという向井は「形として残すっていうのも大事だなと思った。手紙なり手記に残すと、こういうことができるんだなと思いました」と影響を受けた様子。イベントを振り返って「なんかこう、いい感じでしたね。どうなるんだろうと不安もあったけど、その不安が吹き飛ぶぐらいいいイベントになったし、映画を象徴するイベントだったと思う」と満足気に語った。

 映画は6月24日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。

表彰式に出席した受賞者と向井理らプレゼンター


芸能ニュースNEWS

DAIGO、娘の顔は「パパ似」 娘の“細工なし”ウィッシュポーズも公開

CM2020年10月20日

 保湿成分配合の紙おむつ「グーンプラス」新CM発表会が20日、東京都内で行われ、グーンブランドアンバサダーに就任したタレントのDAIGOが登場した。  先月、妻で女優の北川景子が第1子となる女児を出産。父親となったばかりのDAIGOは「正直 … 続きを読む

三戸なつめ“ぱっつん前髪”からイメチェン 「三戸なつめに見えないですよね」

イベント2020年10月19日

 医療用ウィッグサービス「natuwig MEDIC」記者発表会が19日、東京都内で行われ、モデルで歌手の三戸なつめが登場した。  この日は、眉上で短く切りそろえた前髪がトレードマークの水戸が、オーダーメードウィッグを着用して登場した。   … 続きを読む

倖田來未、ステイホーム中は「息子とゲーム」 「昔のファミコンもスイッチもやっている」

イベント2020年10月19日

 「コアラ リブランディング&新商品発表会」が19日、東京都内で行われ、歌手の倖田來未が登場した。  同ブランドの「コアラソファーベッド」を愛用しているという倖田。使い心地を問われると、「硬過ぎず柔らか過ぎず、ちょうどいい。家で歌詞を書くと … 続きを読む

「極主夫道」玉木宏と滝藤賢一の“ヨガ対決”に爆笑 「まじで神回。面白過ぎて腹がよじれる」

ドラマ2020年10月19日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2回が、18日に放送された。   本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族と町を守るために奮闘する様子を描く … 続きを読む

「危険なビーナス」ディーン・フジオカが妻夫木聡とだまし合い 「“悪ディーン”にゾクゾクする」

ドラマ2020年10月19日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第2話が、18日に放送された。  今回は、矢神家の養子の勇磨(ディーン・フジオカ)が、伯朗(妻夫木)と楓(吉高)とだまし合いを繰り広げた。  伯朗と楓に、会うこと … 続きを読む

page top