藤村俊二さんとお別れの「献花の会」に600人 祭壇には藤村さんが“生き方を重ねた”カスミソウが

2017年2月14日 / 16:56

故藤村俊二さんの遺影と祭壇

 1月25日に心不全のため82歳で死去した藤村俊二さんのお別れの会「献花の会」が14日、東京都内の長泉寺で営まれ、薬丸裕英、石丸謙二郎、川上麻衣子、石黒賢、椎名桔平、うつみ宮土理、浜田雅功、小松政夫、田山涼成、中村メイコ、野口五郎、三井ゆり夫妻、黒澤久雄氏、小堺一機ら著名人と関係者ら約600人が参列した。

 「おヒョイさん」の愛称で親しまれた藤村さん。祭壇はカスミソウを中心に、ローズマリーなどハーブが配された。

 長男で所属事務所の代表を務める藤村亜実さんは「カスミソウはもともと父の好きな花で、生前の父のメモにも『自分は目立とうとせず、人を華やかにする』と書かれていたように、父が自分の生き方を重ねていたものです」と説明した。

 「献花の花」にもカスミソウが用意され、亜実さんは「花言葉は“感謝”と“夢心地”でして、今日はたくさんの方に献花をしていただくのですが、父も同じような(感謝の)気持ちだと思います」としみじみと語った。

 集まった90人以上のボランティアの存在についても触れ「これが本当に父との最後の別れになるのですが、今日もこうしてたくさんの方にお集まりいただき、悲しいというよりはうれしい気持ちしかありません」と率直な思いを語った。

 遺影は2009年に雑誌の取材で撮影された写真が用いられ、亜実さんは「祭壇はちょっとわがままを言わせてもらい、普通の祭壇とは違って、ローズマリー、しかも切り花ではなくて植木鉢で飾らせていただいた」と明かし、「うちの父親らしく送り出すことができると思っております」と感謝を口にした。

 祭壇には、藤村さんが経営していたワインバーの看板のほか、ウォーターマンの万年筆、ハウスワイン、老眼鏡、シガリロ(小さな葉巻)と、生年である1934年と刻まれた灰皿、病院で最後までかぶっていたというキャップなどが並べられた。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top