小松菜奈、連続ドラマ初主演!「素直にうれしかった」 小出恵介、想像以上のおばかキャラに「抜け作」と自嘲

2017年2月6日 / 15:00

警視庁庶務係の瞳を演じる小松菜奈

 連動ドラマ「スリル!~赤の章・黒の章~」の試写会が6日、東京都内で行われ、出演者の小松菜奈、山本耕史、小出恵介が出席した。

 本作は、主人公が二人いる、総合・BSプレミアム連動のミステリードラマ。「赤の章」では、警視庁庶務係の瞳(小松)が、外河刑事(小出)や悪徳弁護士の白井(山本)を利用して怪事件を解決する姿を、「黒の章」では、強盗殺人事件に巻き込まれた白井の災難を描く。

 地上波の連続ドラマ初出演で初主演の小松は「素直にうれしかったです」とニッコリ。刑事ものも初めてだそうで、「長い説明ぜりふにいつも苦しめられています」と苦労ものぞかせるが、1話ごとに4人の監督が交代でメガホンを執る本作が新鮮なようで、「監督によって演出が違うことを楽しみながら、回りのたくさんの方の力を借りて頑張っています」と気合も見せた。

 そして「(自分も)物語が暗くて淡々と進んでいく刑事ものだと(チャンネルを)変えたりする」ことを明かしながら、「これはそれぞれのキャラも濃く、テンポが良くて軽く見られるので楽しめるんじゃないかな」とアピールした。

悪徳弁護士の白井を演じる山本耕史

悪徳弁護士の白井を演じる山本耕史

 そんな小松に山本は「台本は漢字ばかりで、菜奈ちゃんはどれだけしゃべっているんだ?というせりふ量だけど、アドリブにも応えてくれてしっかりやっている」とねぎらいの言葉を送った。

 自身が演じる白井については、最初から台本に“悪徳”と書かれる弁護士役はあまりないことを指摘しつつ、「チャーミングな愛すべき悪徳弁護士を目指して、窮屈になり過ぎず、スリルだけどスルリと抜ける感じで演じています」としゃれを利かせたコメントで会場の笑いを誘った。

 また、不器用な一面を持つ外河刑事役の小出は「最初は真面目な人だと思って淡々とやっていこうとしたら、結構ばかな役で抜け作。黒はどちらかというと真面目な刑事という感じだけど、赤は(黒の)5倍ばか」と語り、苦笑いを浮かべた。

 さらに「3人ぐらい監督を渡り歩くと、(それぞれ言うことが違うから)いい意味で諦めがつく」と本音を漏らし、「遊べるドラマ」として面白がりながら撮影に取り組んでいることを語った。

 特集ドラマ「スリル!~赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿」は総合テレビで22日午後10時25分から毎週水曜日に放送。プレミアムドラマ「スリル!~黒の章~弁護士・白井真之介の大災難」はBSプレミアムで26日午後10時から毎週日曜日に放送。

(左から)小出恵介、小松菜奈、山本耕史

(左から)小出恵介、小松菜奈、山本耕史


芸能ニュースNEWS

山田孝之、米大統領の声を演じる 「ドナルド・トランプの声ができるなんて最高」

映画2017年10月21日

 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、声優を務めた山田孝之、知英、安田顕、FROGMAN監督が登壇した。  本作は、日本の低予算フラッシュアニメーション「秘密結社 鷹の爪」と、バットマン、 … 続きを読む

満島真之介、高橋一生と妄想トークを展開 「僕があなたをデートに誘えるのはいつ?」

映画2017年10月21日

 映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、高橋一生、二宮健監督ほかが出席した … 続きを読む

橋本環奈、福田監督のイジりに悲鳴 「そういうこと言わないで!」

映画2017年10月21日

 映画『斉木楠雄のΨ難』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシと福田雄一監督が出席した。  本作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の同名ギャグ漫画を映画化。 … 続きを読む

瑛太「ガッキーのことを言うとたたかれる」 「普通に仕事をしているだけなのに」

映画2017年10月21日

 映画『ミックス。』初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の新垣結衣、瑛太、広末涼子、永野芽郁、佐野勇斗、田中美佐子、遠藤憲一と石川淳一監督が登壇した。  本作は、恋人も仕事も失った元天才卓球少女の多満子(新垣)や妻と娘に見捨て … 続きを読む

菅田将暉「校閲ボーイじゃなく高熱ボーイでした」 山田裕貴から「人を超えたね」と言われた

映画2017年10月21日

 映画『あゝ、荒野』後篇の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、主演の菅田将暉、岸善幸監督、主題歌「今夜」を手掛けたBRAHMANのTOSHI-LOWが登壇した。  寺山修司の唯一の長編小説を2部作で映画化した本作。プロボクサーとして … 続きを読む

page top