菅田将暉、胸キュン“顔ペロ”「超絶ヤバい」評価にご満悦! 小松菜奈、暗い映画に「燃える」

2016年11月12日 / 21:42

菅田将暉

 映画『溺れるナイフ』大ヒット記念舞台あいさつが12日に東京都内で行われ、W主演を務めた小松菜奈と菅田将暉が登壇した。

 ジョージ朝倉の伝説的少女コミックが原作のこの映画は、田舎町で退屈に暮らす人気モデルの夏芽(小松)と、自由で傍若無人なクラスメイト・コウ(菅田)を主人公に、10代の破裂しそうな恋と衝動を描いた純愛物語。

 ラブストーリーではあるものの、“壁ドン”“顎クイ” といった定番胸キュンシーンがないこの作品。とはいえネット上では、夏芽の顔に付いたジュースをコウがペロッとなめてからキスをする“顔ペロ”が胸キュンシーンとして「超絶ヤバイ」と話題になっており、菅田は「超の絶で良かったですね」と菅田流胸キュンシーンの誕生を喜んだ。

 また、そのシーンを“顔ペロ”と言われていることについて、「ペロッという感じではなかったですね。ベッロ~(巻き舌)でしたけど」と説明しながらも、「そう聞くと聞こえがいいですね」と笑顔を見せた。

 一方、劇中で菅田から唾を吐かれるなど、ハードなシーンに挑んだ小松は「何でもくると思ったし、受け止めてやるしかないという気持ちだった」と打ち明けると、この作品を「10代最後の輝き」と総評。「10代にしかないエネルギーがみなぎっていて、その姿を最後の19歳で映画にしてもらえたことは一生の宝だし、苦しいこともあったけどそれも全部輝いていたのかな」としみじみと語った。

 そして、次にどんな映画で共演したいかを尋ねられると、バイオレンス映画『ディストラクション・ベイビーズ』でもタッグを組んでいることから、菅田は「ハッピーなものはイメージがつかない。囚人とか、警察内の話がいいんじゃない?」と提案。小松も「ハッピーなのもやりたいけど、結局暗い方がやりやすいし、手加減しないでやれる。(菅田を)信頼しているので、そちらの方が燃えますね」と目を輝かせた。

 映画は全国公開中。

菅田将暉(左)と小松菜奈

菅田将暉(左)と小松菜奈


芸能ニュースNEWS

谷まりあ、出川哲朗の言葉に感謝 「恥ずかしいけれど、愛を感じます」

トレンド2019年12月10日

 新たな福祉づくりに挑戦する若手を表彰する「社会福祉HERO’S TOKYO 2019」全国大会が10日、東京都内で行われ、スペシャルアンバサダーを務める谷まりあが出席した。 続きを読む

長谷川京子、8年ぶりに舞台出演 「絶対できるという根拠のない自信」

舞台・ミュージカル2019年12月10日

 舞台「メアリ・スチュアート」制作発表会が10日、東京都内で行われ、出演者の長谷川京子、シルビア・グラブ、三浦涼介、吉田栄作ほかが登壇した。  本作は、16世紀のスコットランド女王メアリ(長谷川)とイングランド女王エリザベス(シルビア)の歴 … 続きを読む

神木隆之介「やった!うれしいっす!」 クイズ対決で浜辺美波&中村倫也に勝利

映画2019年12月10日

 映画『屍人荘の殺人』ミステリー愛好会限定謎解きイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、ゲストとして謎解きクリエイターの松丸亮吾が出席した。  本作は、「第18回本格ミステリ大賞」に輝いた今村昌弘氏の小説を … 続きを読む

のん「あのシーンも、このシーンも加わるんだと喜んだ」 「驚きのある作品になっていると思います」

映画2019年12月10日

 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のスペシャルライブ付き特別試写会が9日、東京都内で行われ、ヒロインすずの声を演じたのんと音楽を担当したコトリンゴが登壇した。  本作は、新たに250を超えるカットが書き加えられた『この世界の片隅 … 続きを読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、メルカリにハマる 「最近はクラッチバッグを売りました」

トレンド2019年12月9日

 「渋谷キャッシュレスプロジェクト」1日店長イベントが9日、東京都内で行われ、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが登場した。 続きを読む

page top