菅田将暉、胸キュン“顔ペロ”「超絶ヤバい」評価にご満悦! 小松菜奈、暗い映画に「燃える」

2016年11月12日 / 21:42

菅田将暉

 映画『溺れるナイフ』大ヒット記念舞台あいさつが12日に東京都内で行われ、W主演を務めた小松菜奈と菅田将暉が登壇した。

 ジョージ朝倉の伝説的少女コミックが原作のこの映画は、田舎町で退屈に暮らす人気モデルの夏芽(小松)と、自由で傍若無人なクラスメイト・コウ(菅田)を主人公に、10代の破裂しそうな恋と衝動を描いた純愛物語。

 ラブストーリーではあるものの、“壁ドン”“顎クイ” といった定番胸キュンシーンがないこの作品。とはいえネット上では、夏芽の顔に付いたジュースをコウがペロッとなめてからキスをする“顔ペロ”が胸キュンシーンとして「超絶ヤバイ」と話題になっており、菅田は「超の絶で良かったですね」と菅田流胸キュンシーンの誕生を喜んだ。

 また、そのシーンを“顔ペロ”と言われていることについて、「ペロッという感じではなかったですね。ベッロ~(巻き舌)でしたけど」と説明しながらも、「そう聞くと聞こえがいいですね」と笑顔を見せた。

 一方、劇中で菅田から唾を吐かれるなど、ハードなシーンに挑んだ小松は「何でもくると思ったし、受け止めてやるしかないという気持ちだった」と打ち明けると、この作品を「10代最後の輝き」と総評。「10代にしかないエネルギーがみなぎっていて、その姿を最後の19歳で映画にしてもらえたことは一生の宝だし、苦しいこともあったけどそれも全部輝いていたのかな」としみじみと語った。

 そして、次にどんな映画で共演したいかを尋ねられると、バイオレンス映画『ディストラクション・ベイビーズ』でもタッグを組んでいることから、菅田は「ハッピーなものはイメージがつかない。囚人とか、警察内の話がいいんじゃない?」と提案。小松も「ハッピーなのもやりたいけど、結局暗い方がやりやすいし、手加減しないでやれる。(菅田を)信頼しているので、そちらの方が燃えますね」と目を輝かせた。

 映画は全国公開中。

菅田将暉(左)と小松菜奈

菅田将暉(左)と小松菜奈


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top