生田斗真、トランスジェンダーの女性演じ母性開花 「チューもしたしな」と桐谷健太

2017年1月18日 / 20:39

桐谷健太はトランスジェンダーの女性を愛する役

 映画『彼らが本気で編むときは、』完成披露イベントが18日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラと荻上直子監督が出席した。

 この作品は、優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田)と、彼女の心の美しさにひかれすべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷)、カップルの前に現れた愛を知らない孤独な少女トモ(柿原)の3人がそれぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描く。

 主人公たちがそれぞれの思いを込めて編み込んでいる編み物にちなみ、会場では昨秋からスタートしたプロジェクトで全国100人以上の女性が毛糸を一目一目編み続けて完成させた巨大「編みポスター」がお披露目された。生田とともにアンベールした桐谷は「すごい。手編み?」と興味津々に見つめ、生田も「全部編み物だ。いろいろあるので、ニュースでは僕の写真はこれにしてください。お願いします」と笑いを誘った。

 その後、中央にあったポスターが端に移動されると桐谷が「やっと斗真の近くに行ける。寂しかった」とアツアツの恋人ぶりを見せつけ、劇中でトランスジェンダーという難役に挑んだ生田を「斗真も最初はすごく苦労したと思いますし、気持ちだけじゃなくて体の角度や手の動きも大変なことがたくさんあったと思う。日に日にリンコさんになって美しくなっていくので、マキオとしてもうれしかった。チューもしたしな」とねぎらった。

 荻上監督からも「どんどん日に日にきれいになって、最後には匂いまで女性らしく…。かわいくてかわいくて」とお墨付きをもらい、劇中の多くをともに過ごした柿原も「生田さんは撮影中、本当に優しいお姉さんでした。すべてを包み込む穏やかな強さがあって、思わず見とれてしまうくらいきれいでした」と絶賛。ミムラは「20年後くらいにまた、今度は熟女をやってほしい」と期待を寄せた。

 「トランスジェンダーの役をもらうなんてこの先ないかもと思って受けさせていただいた」という生田自身、「発声方法から所作も、想像していた以上の苦労があって本当に大変でした。何より女性の気持ちになることが今まで考えたこともなかった作業。自分の中に母性があふれ出てくるのを感じながら演じさせていただく、充実した日々でした」と振り返っていた。

 映画は2月25日から新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top